最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りの原因調査方法

トラブルを解決する際に、重要となるのがそのトラブルの原因を探る事です。それはもちろん、雨漏り修理においても同様です。きちんと雨漏りの箇所を特定する事で、その後の再発を防ぐ事ができるのです。それでは、雨漏りの原因の調査方法にはどのようなものがあるのでしょうか。
まず一つに、「目視」という方法があります。これは文字通り、実際に屋根の上や天井裏に上がり、目で見て原因箇所を特定する方法です。数ある調査方法の中でも最も簡易的な調査方法と言えるでしょう。そのため、雨漏りの調査としては信頼性が低い傾向にあります。十分に経験を積んだ業者ならともかく、そうでない場合は原因が複数箇所存在した場合などに対応できない場合があります。調査費用が無料のことも多いですが、根本的な解決を目指すならより精密な調査方法を選択したほうが良いでしょう。
次にご紹介するのが、「散水試験」という方法です。散水試験とは、水を撒いて水の侵入経路から出口まで把握するために行う調査方法です。その性質上、目視よりも大がかりになり、調査費用も時間もかさみます。しかし、その原因特定率は目視より遥かに高いものになります。他にも調査方法はありますが、雨漏り修理の知識や道具が必要になってきます。ご自身で危険を冒すようなことはせず、業者の方にお任せするようにしましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼