最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りの原因

雨漏りというものは、天井から水が滴り落ちてはじめて気がつきます。雨漏りをする前からその原因となる家の壊れについて気がつく場合は、そんなにありません。 それでは雨漏りの原因となるものはなんなのでしょうか。「屋根や瓦の剥がれや壊れ」「老朽化」「外壁のひび割れ」「サッシ周りなどの隙間」「防水効果が切れた」などの理由がおもいつきます。 直接的な理由では雨漏りすることも多いのですが、このような言葉の示している通り、家全体が古くなったためになってしまうことが原因、というイメージが強くありますね。それでは、比較的新しい家なのに、雨漏りするというのは、いったい何が原因なのでしょうか。 実は新築して5年未満など比較的新しい建物でも雨漏りが発生するケースがあります。その原因のほとんどは窓や通気口などからの雨漏りです。つまり、構造的に雨水が入り込んでたまりやすいため、他の箇所より入念に防水加工をしなければなりません。つまり比較的、新築の場合は防水技術の良し悪しが結果として雨漏りという形で現れてしまうのです。 新築の住宅には、10年の保証が義務付けられています。実はその保証が適用された事故の8割が雨漏りであったとも言われています。通常はシーリングの寿命は約5年程度なので、定期的に屋根や外壁の防水加工を見直す必要があります。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼