最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りの原因

雨漏りをする1番の原因は、やはり建物の老巧化です。しかし、新築して間もない家で雨漏りが発生することも、時に起こります。この場合は窓や換気口など、開口部の防水処理がきちんと行われていないことが考えられます。では、老巧化による雨漏りはどのようにして起こるのでしょうか。
【瓦の割れ、ずれなど】
一般に瓦屋根は、最下層に下地となる野地板があり、その上に防水シートを張って瓦棒を打ち、瓦を葺くという構造になっています。瓦は雨水を受けて下に流す役割があり、防水シートは激しい風雨で瓦の下から雨が入りこんだ際に、野地板に雨水が染みこむのを防ぎます。つまり瓦と防水シートが一体となって屋根を雨から守っているのです。老巧化によって瓦が割れたりずれたりすると、防水シートはむき出しになり、日射や風雨によって傷み、能力が著しく低下します。
【雨どいなどの詰まり】
雨どいに落ち葉が詰まったり、鳥が巣をつくったりすると雨水が流れず、行き場のなくなった雨水によって雨漏りが起きます。その上、瓦の隙間に入りこんで屋根下地を傷めます。屋根下地の機能が衰えると雨漏りしやすくなるので、雨どいも点検しましょう。
【棟瓦のずれ】
棟瓦のずれは、棟瓦をとめている棟土が経年劣化により粘り気を失うことによって起こります。これが起こると大変です。雨が吹き込むだけでなく、瓦が落下する恐れがあるので、即座に適切な処置を行うことが重要です。
このように雨漏りの原因は様々なので、もし雨漏りが起こったら、建物内の他の部分に被害が及ぶ前に業者へ雨漏り修理を依頼することをお勧めします。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼