最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

カバー工法はおすすめ?

屋根の工事を行う際、一から葺き替え工事を行う事もありますが、古い屋根材を再利用してカバー工法を行う事があります。このカバー工法には一長一短があり、必ずしもおすすめできる工法とは言い切れません。それでは、カバー工法にはどのようなメリットとデメリットあるのでしょうか。

・カバー工法のメリット
カバー工法では、古い屋根材をほぼそのまま使用しますので、解体する手間が必要ありません。そのため工期を短くすることができ、費用も抑えることができます。

・カバー工法のデメリット
屋根が二重になってしまいますので、それだけ屋根の重量が増してしまい、耐震性の面で劣ってしまいます。また、屋根の劣化があまりにも進んでいたり、瓦屋根や太陽光パネルなどが設置されている場合にはカバー工法ができない場合もあります。また、今後雨漏りが発生してしまった際、手間が掛かることから費用が高額になってしまうことがあります。

このように、カバー工法は良い面ばかりではないのです。カバー工法を行うか、葺き替え工事を行うか。もしくは、それ以外の方法で雨漏り修理を行うか。その選択は、雨漏り修理のプロとよくご相談されるとよろしいでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼