最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りの調査方法

建物が雨漏りを起こすと、次々に被害が広がっていきます。放置していれば、建物の耐久性が落ち、災害時などに倒壊してしまう危険性もあるのです。ですが、定期的に雨漏り調査や、対策を行い雨漏りしにくい建物を作ることで、二次被害、三次被害を防ぐことにつながります。こういったことは雨漏りしてから行っても遅いのです。雨漏りしていないからといって油断していると、雨漏りを起こしてしまったなんてことにもなりかねません。定期的に調査を行うことで、雨漏りが起きそうな場所を特定し対策をとることができます。とはいえ、それでも100%雨漏りが起きないというわけではありません。また、雨漏りが起こった跡でも雨漏り調査を行うことは必要です。雨漏りが起こっている正確な場所や原因を特定することで最適な対処を取ることができます。雨漏りの調査方法は基本的に4つの方法に分けられます。まずは、目視による調査です。室内の状況や屋根の状態を確認し雨水の侵入経路などを特定する方法です。経験豊富な業者であれば、この方法である程度原因を探ることができます。次に散水調査です。この方法では、雨漏りの疑いがある場所にホースで水をかけ、雨漏りが起こる環境を作ります。これを15~30分ほど続け、実際にどこから雨漏りしているかを特定する方法です。次に発光液調査です。紫外線に反応する発光液を使い、雨漏りしている箇所を特定する方法です。発光液を雨漏りの疑いがある箇所に流すことで、特定します。そして、赤外線カメラ調査です。雨漏りしている箇所としていない場所には温度差が発生します。そのことを利用し、温度差を色で表示する赤外線カメラを使い雨漏り箇所を特定する方法です。これらの調査を行い、雨漏りする箇所を特定することで、被害の拡大を防ぐことができるのです。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼