最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りを放置していてはダメです。

雨漏りを放置していると、どんなことが起きてしまうかご存知でしょうか?
もし、今みなさんがお住まいのお家の屋根から雨水が漏れて天井裏を伝い、部屋の中にまで雨漏りをしているのなら屋根裏・天井裏はカビが繁殖している可能性が高いでしょう。
また、雨水が壁を伝ってしまいますと壁紙の間に水分が入り込んでしまい、その間にカビが繁殖してしまいます。
そうなってしまうと壁紙は当然剥がれてしまいます。
壁の中にある断熱材と壁紙そのものが雨水を吸い込んでしまい、表面にもカビが繁殖して黒ずんできてしまいます。
断熱材は傷んでしまって効果が無くなってしまうでしょう。
内断熱型の断熱材というのは一回でも雨水を吸い込んでしまうと、壁の内部が閉じた状態になっているのでそう簡単には乾きません。
なので、柱や間柱が腐ってきてしまい、そのまま雨水が下へ伝わって土台が腐ってしまうのです。
その土台が腐ってしまう事により柱が土台に食い込んでいき、家全体が傾いてしまうこともあるのです。
お部屋の中に湿気が充満してしまい、壁の表面にカビが繁殖してしまうことによって人が息を吸う度にカビの胞子を吸い込んでしまいます。
もちろん、体に悪影響ですし「カビ肺炎」という病気になってしまう可能性もあります。
このように、雨漏りを放置しておくということはとても危険なことなのです。
心配な方は雨漏り修理業者に依頼をして雨漏りの修理をしてもらいましょう。その際には当サイトがお力になりますよ。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼