最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りを放置しておく危険性

雨漏りを放置しているとどうなるかご存知でしょうか。もしも、今の時点で屋根から漏水し天井裏を伝って部屋の中で雨漏りをしているのなら、まず天井裏はカビだらけになっている可能性が高いです。また、水分が壁を伝うと、壁紙の隙間にも水分が侵入してきて、その間にもカビが生えます。当然壁紙は剥がれ、壁の内部の断熱材と壁紙そのものが水分を吸って、表面にもカビが生えてどんどん黒ずんできてしまい、断熱材は傷んで効果がなくなってしまいます。内断熱型の断熱材は、いったん水分が染み込んでしまうと、壁の内部が密閉されているためなかなか乾きません。そのため柱や間柱が腐ってくる上に、そのまま水分が下へ伝わり、土台が腐ってしまうことになります。もし土台の上に柱が乗っている工法で建てられている場合、柱が土台にめり込んでいき、家全体が傾いてしまうことになります。部屋の中も湿気が増し、壁の表面にカビが生えてきて、呼吸のたびにカビの成分を吸いこむことになります。これは、住んでいる方の健康にも大変悪影響です。その結果病気になってしまう可能性があります。 特に、木造住宅の場合は、柱や屋根の下地が徐々に腐っていき、その結果住宅の耐久性そのものが明らかに落ちてしまいます。屋根裏などは換気が悪ければ腐ったままどんどん腐っていきます。このように雨漏りを放っておくと大変危険です。少しでも心配な方は、業者に点検してもらいましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼