最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りを放置してしまうと

皆さんは雨漏りの被害を受けたことがありますか?一般的には、水がポタポタ天井から落ちてくるという被害をイメージすると思うのですが、実は雨漏りって天井にシミが出来始めた時には雨漏りが進行してしまっているのです。大体どのご家庭にも天井裏という隙間が存在し、そこの教養範囲を超えた時に、初めて雨漏りとして目に見えるようになります。ですので、そういった目に見える症状が現れた時には雨漏りが既にひどくなっていて、裏を見てみたら一面カビだらけだったというケースもよくあります。そして、こうして湿度が非常に高い状態が続くと、木材はどんどん腐食していきます。雨漏りによるシミが見えても、「まぁいっか」と修理を先延ばしにしていると最悪の場合、倒壊してしまう可能性が出てきます。また。以前の記事でもお話ししましたが、腐食した牧西はシロアリの大好物です。この「腐食」と「シロアリ被害」が同時進行すれば、家の寿命はみるみる短くなってしまうので、雨漏りの被害を避けるべく、一度屋根裏のチェックを業者に依頼することを推奨します。もし少しでも雨漏りをしているのであればすぐさま修理されるのが良いでしょう。また、まだ被害が見られないのであれば、しっかりと対策を行っていくましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼