最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りを放置してはいけません

みなさんは雨漏りを甘く見ているということは無いですか?
雨漏りというのは実はとても危険であり、放置しておくのはダメです。
雨漏りは古い家に発生すると思われがちかもしれませんが、築年数が数年ほどの家でも普通に発生します。
雨水が家の中に入り込んでくるのを「一次被害」、その雨水によって建物に支障が出るのを「二次被害」または「三次被害」といいます。
一次被害が判明した時点で既に二次被害が発生しているケースがほとんどなので、放置しておくことは危険なのです。
雨漏りしていることに気付く主な原因は天井や壁のクロスに発生したシミによるものでしょう。
クロスは接着剤を使用しているので、雨水のせいで接着剤の粘着力が弱くなって非常に剥がれやすくなってしまいます。
ですので、クロスを何度張り替えても結局は同じことなので根本的な原因が解決しない限りは同じことの繰り返しでしょう。
雨漏りの湿気によってカビも発生するでしょう。
カビは高温多湿と呼ばれる環境を好んでおり、塗料、接着剤などの建築材料をエサにしてどんどん増殖していってしまいます。
ですので、気付いたらクロスの裏に大量のカビが発生していたということもよくあります。
カビは人の体にも影響を与えてしまいます。
アトピーや呼吸器疾患などの病気を引き起こすこともあるので、ただの雨漏りだからといって放置しておくのは危険なのです。
そろそろ梅雨の時期ですので、雨漏りが発生する可能性が無いか事前にチェックしておくと良いでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼