最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りを防ぐために

雨漏りは、建物に重大なダメージを与えかねない危険な現象です。まず、雨漏りが起こっている段階で、既にカビや腐朽菌が蔓延していると言われています。カビが発生すると、嫌な臭いのもとになったり、アレルギーを起こしたりします。そして、腐朽菌の発生により木材は腐食し、耐久性が下がります。腐食した木材はシロアリに狙われやすくなり、さらなる被害を呼び込むのです。雨漏りを放置すると、次から次へと被害が拡大し、建物の寿命に大きく影響するのです。そのため、雨漏りを発見した際は早急に修理を依頼することが大切ですが、それ以前に、事前の対策をしっかりとっておくことで、雨漏りを防ぐこともできます。確実な対策としては、プロの業者による点検や診断です。5年を目処として定期的にやってもらうことで、個人では見落としてしまうような箇所もプロの目線で発見してくれるのです。例えば、コーキングのつなぎ目の劣化などぱっと見ただけでは判断がつかないようなことでも、見つけてくれるでしょう。そして、危険性のある場所に対して、最適な対処方法をとることで、事前に雨漏りを防ぐことにつながります。雨漏りを防ぐためにチェックしておくポイントなど、紹介されていることは多いですが、やはり、見落としてしまうこともあるでしょう。そこで見落としてしまうと、雨漏りが起こる可能性が高まるのです。そういったリスクを軽減するためにも、定期的な点検や診断を業者に依頼してやってもらいましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼