最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏り修理はすぐに行いましょう

梅雨が明け、これから暑くなってきますがそれでも雨漏りによる被害は油断出来ません。もし、雨漏りの被害に遭いましたらすぐに修理を行ったほうが良いでしょう。では、雨漏りによる雨水というのはどこから浸入してきているのでしょうか。浸入口として予想されるのは屋根の壊れている部分、ベランダのヒビ割れ、サッシ枠と防水シートの隙間、給水管、天窓でしょう。それらを経由して雨水が家の中に浸入してきてしまっているのです。経由して侵入してきているということは、雨水の通り道が濡れてしまっているということになりますよね。濡れてしまっている部分が木だと、その木が雨水を吸収してしまって腐食してしまい、カビも生えて腐食してしまうでしょう。腐食によって家の強度も下がってしまいます。雨漏りによって湿気が発生し、その湿気を好む「シロアリ」が出現してしまうこともあります。雨水によって腐食している木にシロアリが群がってしまうと、シロアリが木を食いつくしてしまってさらに追い打ちをかけることになってしまいます。もし、その木が家の構造を保つ大事な役割を果たしているのであれば地震が発生してしまった際に倒壊してしまう危険性もあるでしょう。そういったリスクを未然に防ぐ為にも、雨漏りを発見した際にはすぐに修理業者に修理を行ってもらうと良いでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼