最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏り箇所の特定方法

雨漏りは雨が降っている時にしか気づかない事が多いので、晴れた日に一般の方が調査するのは大変難しいものです。
もちろん、派手に穴が開いている、もしくは水たまりが出来るような雨漏りであればその限りではありませんが、小さな穴から雨水が浸透してくるような雨漏りの場合、特定は困難です。
そこで、雨漏り修理のプロが用いる雨漏り箇所の特定方法が活躍します。

・実際に水を掛けてみる
雨漏り修理を行なう前に、屋根に水を掛け、実際の降雨時と同じ条件を作り出してチェックする方法です。

・サーモグラフィーを使う
雨漏りしている箇所は、他の部分に比べて温度が低くなる傾向があります。
それを利用して、サーモグラフィーを使って雨漏りしている恐れのある箇所を見ることで、他の部分より明らかに温度が低い箇所を特定して、雨漏り箇所を見つけ出す方法です。

・特殊な蛍光液を使う
屋根から特殊な蛍光液を流し込む方法で、暗い中で見ると、蛍光液が浸入してきた箇所が光ることで、雨漏り箇所を特定する方法です。 屋根裏など暗い部分でチェックするのにうってつけだと言われています。

これらの方法の内、どれを使うかは雨漏り修理のプロによって判断が違います。1つ言えるのは、一般の方の目見当よりも雨漏り箇所を探し出す事が容易になるということです。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼