最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏り被害を最小限にする応急修理方法

全国的に梅雨入りを始め、雨の多い時期に入りました。この時期は気候や気温の変化で体調を崩される方が増える時期になりますので、体調の変化には十分気を付けてください。さて、この梅雨の時期に入ると気になるのが住宅の雨漏りかと思います。雨漏りとは住居の隙間や傷みの部分から、雨水が染み込む現象を指します。梅雨の時期は雨量が増える時期にあたりますので、この雨漏りの被害を受けないために、住居のチェックを怠らないようにしましょう。住居のチェックの方法は様々ありますが、本記事では雨漏り被害を受けたときに行う簡単な応急処置方法について紹介していきます。雨漏りの応急処置を行うにあたって「雨漏りの原因」を調べる必要があるでしょう。雨漏りの被害が起きる場所は大きく2ヶ所、壁面と屋根が該当します。多くの雨漏り被害はこの壁面や屋根の隙間から、雨水が浸透してくることで発生するのです。つまり、この壁面や屋根に処置を行うことで、住居の内部に水が入り込まないようにすることが、主な応急処置方法になります。具体的な方法として、用意する道具は撥水性の高い素材、ブルーシートや家庭用ごみ袋など、を該当の箇所に張り付けましょう。シートやテープなどの他にも、バケツや雑巾などを用意すると被害をより防ぐことが出来ます。張り付ける際に注意する点として、雨天時に屋外作業を行う場合、高所作業は危険が伴うことが挙げられます。応急処置になりますので、主に住居の内部に起きる二次被害を防ぐ、というスタンスで行うことが重要です。もちろん、上記の方法は応急処置になりますので、雨漏り被害を受けないようにするためには、雨漏り業者などに依頼をして、住居の補修を依頼する必要があるかと思います。雨漏り修理のことなら、私たち雨漏り修理110番にぜひご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼