最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏り調査にはこんな方法も

雨漏り修理を行うためには、まずはどこから雨漏りが発生しているのかを調べなければいけません。その原因箇所を特定しなければ、被害がすぐに再発する事もあるでしょう。これまでは、原因箇所と思われる場所を確認する目視調査や、水を撒いて雨漏りを再現して特定する散水調査が一般的でした。しかし、今ではさらに精度の高い調査方法も生み出されています。
まず「紫外線投射発行調査」という方法があります。これは、紫外線に反応する専用塗料を混ぜた調査液を散布し、雨漏りの侵入経路を特定するという方法です。色を変えることで原因箇所を見分ける事もできますし、調査液は無害で変色もありません。雨の日でも調査可能で、どのような建物にも利用可能というメリットもあります。
他には、「赤外線サーモグラフィー調査」という方法もあります。これは温度の変化から漏水箇所を特定する方法です。漏水箇所は周囲より温度が低くなっているため、熱画像で確認する事ができます。一見して分かりづらい雨漏りも発見する事ができますが、他の調査方法と比べて高額になり、金属屋根の場合には判断しづらいという欠点もあります。
このように、雨漏り調査の方法はいくつもあり、状況や予算に合わせて選択しなければいけません。もしも天井に漏水によるシミができていたとしても、その場所から雨漏りが発生しているとは限らないのです。正確な雨漏り修理を行うためにも、正確な雨漏り調査をご依頼ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼