最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雪が雨漏りの原因になる場合があります

北海道の旭川では、10月13日に初めて雪が降ったようです。平年より10日近く早いということでしたが、やはり北海道は他の地域とは大分季節の移り変わりが異なります。 さて、雪といえば、冬季に屋根の上に積もって雪下ろしをしなければいけない場合があります。特に豪雪地帯では日常的な仕事として雪下ろしを行っていると思いますが、その他の地域では、あまり想像できないことですね。 屋根の上に雪が積もると、その雪が固まっているうちは良いのですが、日光に照らされたり、気温が上がってきて溶け始めると色々な問題が起きます。 その1つとして、屋根の雨漏りがあります。 雪なのに雨漏り?と思われるかもしれませんが、雪が溶ければ水になりますから、これが屋根の防水シートなどの裂け目や穴を通って室内に入り込むことがあります。 また、雪は見た目と異なり、かなり重たいものです。屋根が雪の重みで歪んだりして損傷していると、ひび割れなどが生じている場合がありますので、その部分が雨漏りの原因になる場合があります。 すでに雨漏りしている家でも、雪が積もってから溶けた際に、大規模な雨漏りを生じる場合があるので、早めに雨漏り修理をしてもらうと良いでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼