最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

頑丈な瓦屋根も雨漏り修理が必要になります

現代でも多くの住宅に使用されている瓦屋根。他の屋根と比較して頑丈であることが大きなメリットですが、それでも雨漏りが発生することはあります。その際はすぐに雨漏り修理をしなければ、屋根の内部がボロボロになるおそれがあります。
屋根からの雨漏りは、屋根材の種類にかかわらず発生してしまいます。ここでは瓦屋根の概要と、その雨漏り原因を簡単にご紹介しています。ご自宅を腐らせてしまわないように、よく覚えておくようにしましょう。



瓦屋根

瓦屋根とは?


瓦は粘土を一定の形状に固めて焼いた屋根の素材のこと。日本家屋の多くはこの瓦屋根を用いており、わたしたちが最も馴染み深く、親しんでいるものです。そのため、屋根と言えば瓦屋根をイメージする方が多いのではないでしょうか。 先にも言ったとおり粘土はもちろん、セメント、ガラス、石などで作られ現在はスタイルや産地、色、等級など様々な種類があります。

瓦屋根の雨漏り原因


瓦屋根の雨漏りの原因を説明する前に、少し屋根の構造について知りましょう!
屋根はまず、垂木と呼ばれる屋根を構成する構造材から組まれ、作られます。屋根の基礎です。骨組みと言えば想像しやすいと思います。 その垂木の上に野地板と呼ばれる木材が敷かれると屋根の形になります。垂木、野地板と続いたらルーフィングと呼ばれる防水シート、さらにその上にようやく瓦と、主にこの4つで構成されています。
瓦が受けた雨を下に流し、防水シートと野地板が雨を受け止める役割を担っているのです。瓦が劣化や、台風などの外的要因で割れたりずれたりすると当然雨が隙間に入り込みます。そのズレや割れを放っておくと、やがて防水シートと野地板も水を受け止めきれずに劣化し、雨漏りへと被害が広がるのです。

原因調査からご依頼を


場所柄もありますし、瓦屋根の修理や雨漏りの対策は雨漏り修理業者に任せた方が得策です。どこに原因があるのかしっかり調べて雨漏りの食い止め、今後の対策も必要となります。
ご自分で屋根に上がることが出来ても、むやみに瓦を外したり、防水シートを剥き出しにしたりすることはおすすめしません。危険ですので、無理はしないようにしてくださいね。

まとめ


雨漏り 最初に上げたとおり、日本家屋の伝統・瓦屋根には耐久性が強いという大きなメリットがあります。綺麗に並んだ瓦屋根は非常に美しく、趣もありますよね。大切なご自宅を守るためにも雨漏りが発生したらすぐに雨漏り修理のプロを呼び、対策をしましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼