最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りを放置することで起きる危険

天井からポタポタと落ちてくる雨漏りの光景を、一度は見たことがあるのではないでしょうか?身近なトラブルともいえる、雨漏り。もし発生したら、早めの応急処置が重要です。
しかし、症状が軽いと放置してしまうという方もいると思います。雨が続いたり、台風など、激しい雨でなければ雨漏りが起きないケースなどは、甘く見てしまいがちです。
雨漏りを放置すると、水漏れトラブルだけでは済まない場合が多いようです。トラブルを大きくしないためにも、放置した場合のリスクを知っておくことが大切です。
被害は1次・2次と、どんどん広がっていきます。大きな事故に発展してしまう前に、素早い対応が必要になるので、その点も確認していきましょう。




雨

1次・2次と被害が広がっていきます

雨漏りによって天井などから水漏れが発生すると、雨水で室内がベタベタになって掃除が大変、不便だという思いになるかと思います。このような面倒な気持ちになるだけで終わればいいのですが、そうはいきません。
実は、雨漏りを放置してしまうと被害はとんでもないところまで影響していく可能性があるのです。
1次被害は、雨水が住宅に侵入してくる状態のことです。家の屋根からポタポタと水が落ちてくるイメージどおりの状態ですね。雨漏りを発見した時点で、すでに1次被害は確定です。
では、2次被害はどうでしょうか。2次被害とは、建物まで雨漏りの影響が及んでいる状態です。2次被害に進んでしまうと、カビの発生、木材の腐食、鉄骨のサビなどが症状として出てきます。安全であるはずのご自宅が、少しずつ被害を受けていくのです。
1次被害を見つけた時点で、2次被害がすでに起こっている場合もあります。
では、具体的にどのような2次被害が起こっていくのかを、次に見ていきます。


建物への影響

まず、建物への影響です。

1.シミが発生する

見た目の問題として、シミが発生します。天井や壁に発生するシミは、見た目が悪くなるだけではありません。外壁にシミができると、剥がれやすくなるので何度クロスを張り替えてもキリがなくなります。手間もかかることのあるシミ被害。雨漏りが起きたら、最初に確認しやすい2次被害です。雨漏りがあったときは、シミができていないかの確認もしましょう。

2.カビが発生する

雨漏りが起こると、湿気も発生します。そのため、カビが発生する可能性もあります。カビは、木材などの劣化原因になるうえ、カビをエサとするダニが発生する原因になりかねません。また、悪臭を放つこともあるので、日々の生活に悪影響を与えます。

3.木材の腐敗とシロアリが発生する危険性

カビが発生すると、「木材腐朽菌」というものが発生することがあります。この菌によって、木材が腐っていきます。木材腐朽菌は、木材に亀裂を生じさせたり、穴を空けるといった被害をもたらします。木材腐朽菌が、建物の基礎である柱などに影響を与えると、建物全体に被害が広がり、危険です。
そして、木材などが腐食してしまうと、シロアリ被害にあう可能性も出てきます。柔らかくなった木材は、シロアリが好んで食べます。万が一、シロアリが発生してしまったら、断熱材までも食害され、建物が悲鳴を上げるでしょう。


人間への影響

雨漏りで被害を受けるのは、建物だけではありません。被害が大きくなると、人間にも影響を及ぼす可能性があります。
考えられるのが、健康被害です。
家屋自体や家財が雨漏りの被害にあうと、湿気が多くなりカビが発生します。
カビによって、感染症やアレルギーを引き起こすなど健康被害がもたらされることもあるのがこわい部分です。アレルギーは、小さなお子様や高齢者など、免疫力が弱い方はとくに注意しなくてはいけません。そして、感染症で代表的な症状は、水虫やタムシが挙げられます。他には、シックハウス症候群を起こすこともあり、健康被害の心配は後をたちません。
こうした症状の原因はカビですが、発生源は雨漏りにあります。これ以上、症状をひどくしないためにも早めの雨漏り修理が必要だとわかります。


大きな事故へ発展することも

不安な人
雨漏りでこわいのが、想像もつかないような大きな事故に発展することがあるという点です。それが、漏電・火災被害です。
雨漏りにより、水漏れが起こると漏電被害が起こる危険があります。
もし、雨漏り箇所からの雨水が、ブレーカーやコードに触れると漏電の可能性も否定できません。最も恐ろしいのは、水は電気を通しやすいので、火災が起こるかもしれないということです。
ブレーカーの故障や、人体への感電のみならず、大切な家屋、そして何より命にも影響を与えかねないのが、雨漏り被害なのです。
漏電している可能性がある症状としては、雨が降ると停電してしまう、電気代がいきなり高くなったなどが挙げられます。
事前対策として、漏電ブレーカーを設置し、少しでもおかしいと思ったら、最悪な自体を避けるため、費用も含めて業者と相談するのがいいでしょう。


応急処置と素早い対応が大切です

雨漏りの被害は、水漏れだけではなく最悪の場合は火災を引き起こす恐れがあります。
そうなる前に確実な対応が必要です。
ご自身でできる対処は、応急処置です。すぐにできるものとしては、バケツや受け皿を雨漏り箇所の下に設置するということです。こうすることで、床の雨水侵食を防げます。
雨漏り箇所が特定できる場合は、防水テープでその場所を塞ぐことも有効です。
雨漏りが広範囲に進行している場合は、ブルーシートで覆うのもいいでしょう。
しかし、この応急処置は一時的な回避に過ぎません。対処をしても、根本的な解決にはならず、2次被害も防ぐことができません。雨漏り箇所が分からず、応急処置もできないときは、すぐにでも漏水調査を依頼したほうが良さそうです。
大切なのは、雨漏りに気づいたら素早く対応することです。ご自身や大切な家族、ご自宅を守るためにも、業者に修理を依頼するほうが安心です。


まとめ

雨漏りを放置すると、水漏れ被害では済まないかもしれません。
小さな範囲だった雨漏りが広がっていく可能性があるだけでなく、1次、2次…と被害は進行していきます。
2次被害はとくに恐ろしく、健康面に影響を与えることも考えられます。大切な家族やご自身の健康を守るためにも、雨漏りを発見したらすぐにでも対処が必要なのです。
さらに、進行すれば火災の可能性もあります。命にも関わるような事態が、雨漏りによって引き起こされるとは、驚きです。
雨漏りを甘く見てはいけません。あらゆる被害を想定して、早め早めの対処をしていきましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼