最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

台風の前に、防水工事を行いましょう

一年に一回は、梅雨の時期、そして台風が頻繁に発生する時期がやってきます。雨が多い時期というのは、憂鬱になるもの。天気がどんよりしたり、湿気が多くなってきたりと大変です。
そんな時期に、備えておかなくてはならないのが、雨漏り対策です。雨の日が続いたり、集中的に雨量が上がる台風にさらされる家屋は、どうしても雨漏りの危険性も高くなってしまいます。雨漏りのリスクを下げるために、一役買ってくれるのが、防水工事です。
防水工事には、種類がいくつかあります。また、防水工事には適した時期などがあり、やみくもにすればいい、というものではないようです。
今回は、防水工事についての重要性など、いくつか確認していきます。


雨

防水工事とは

防水工事は施工することにより、建物内部に水が浸入するのを防ぎます。つまりは雨漏りなどを防ぐことができるようになるということです。防水工事をすることにより、コンクリート建造物の雨水にさらされる部分を防水処理することが可能です。

一般的な鉄筋コンクリートには、クラックと呼ばれるひび割れが発生してしまいます。建住まいの天井や外壁に使われていることが多くあるために、はじめは微小で影響のないクラックでも、経年劣化や、また特に地震や台風の影響で大きくなり、雨漏りや水漏れの原因となってしまうのです。そのため、定期的な防水工事は必要になります。

漏水は建物内部に損害をもたらすうえ、耐久性能までも著しく悪くしてしまいます。自分の家だけでなく、貸し出し用のマンションなど、借主のためにも定期的にメンテナンスを行うことが大切です。特にマンションの屋根は平らになっていて水はけがとても悪い可能性があります。

住宅の屋根やベランダ、屋上など、雨水の侵入する恐れのある隙間のある部分にコーキングなど試工し、防水工事を行うことで、建物自体の寿命を長めることができるといわれています。また、瓦屋根には接着材のような役割をする漆喰が用いられ、漆喰が劣化することによって起きる雨漏りなどもあるため、注意が必要です。

防水工事には種類があります

一概に防水工事といっても、防水工事には種類があります。それぞれに特徴がありますので建物に適した作業方法で防水工事を行うのがいいでしょう。

ひとつは、密着工法。浸水を防ぐための地下層を下地に密着させる方法です。下地にそのまま施行できるので工期も短く済み、コストの面でももう一つの絶縁工法より優れています。施行後に重たいものを乗せることもできます。しかし、密着させるために下地に含まれる水分の影響を受けやすいというデメリットもあります。しっかりと維持するためにはメンテナンスなどを定期的に行わなければなりません。怠ってしまうと、ひび割れや膨れの原因となってしまいます。

もうひとつの絶縁工法は、下地に防水層を密着させず下地と防水層の間に空気層を作ります。そのため施行するときにはコストがかかってしまいますが、密着していないために下地の影響はほぼ受けることがありません。密着工法より長持ちするために維持管理費を抑えることが来ます。また、空気層があるため多くの人が行き来したり、重いものを置くような場所は避けたほうがいいでしょう。
また、防水シートを用いる工法もあります。メリットとして簡便性が高いことが挙げられます。シート材以外にも、超速硬化ウレタンスプレーというものがあります。防水性のある塗料を吹き付け塗装し、防水効果を高めることができる塗膜防水という工法のひとつです。

防水工事は台風が来る前に済ませましょう

防水工事にも、適している時期とそうでない時期があります。明確に絶対にダメという時期もありませんが、冬場などは防水塗料の凍結や結露が考えられるために避けるべきでしょう。また夏に施行した防水シートが冬に縮んでしまったり、逆に冬に施行したものは夏には伸びてしまうなどの恐れがあるために、施行には春または秋が適しているといえるでしょう。塗料は適度な温度と湿度で乾燥します。高温であると硬化せず、低温であると表面だけ硬化しひび割れを起こしてしまうこともあります。

ただし、きちんとした業者がきちんとした現場管理者のもとに正しく仕事をすれば、季節などはこの限りではなくなります。しかし、防水工事は「塗料の乾燥に適した時期がよい」ために、梅雨の時期と台風の時期の作業は避けたほうが無難であるといえます。
当然、台風の強風や雨風が強い場合には危険も高まるために避けるべきです。もうすでに雨漏りや漏水がある場合には、被害を抑えるためにも、梅雨時期や台風が来る時期の前に施工し対策をとるのがよいでしょう。

また、玄関枠や窓などの隙間を埋めるためのシーリング材などの劣化がないか状態をチェックすることも怠らないようにしましょう。
シーリング材の劣化は漏水の原因になります。現場の写真を収めておくと、施工業者に頼む際に状況や状態の把握がしてもらいやすくなりますので、自分でチェックをしながら写真を撮ることもおすすめです。

工事

工事を台風前にする重要性

今すでに雨漏りしている個所、また漏水被害にあってしまいそうな不安な個所をそのままにしておいては、台風などで被害が大きくなってしまう可能性がとても高まります。防水工事を雨や災害の多い時期の前にしてしまうことは大切な家屋を守るためにも強く推奨されます。台風は雨だけでなく、老朽化してしまっている個所が強い風による被害を受けることも多くあるのです。

雨漏りを防ぐ工事をしないと、雨漏りによって湿気が発生してしまう原因になり、湿気を好むカビや菌が建物内部まで繁殖してしまうと、家屋の損傷につながり、またそれを放置したままにしてしまうと取り返しのつかない状況に発展してしまうおそれもあります。たとえば雨漏りが起きて、天井のシミや悪臭などをそのままにしている、なんて状況も見られます。
家の中は特に日が当たらない場所や換気が行き届かない場所もあり、湿気がこもりやすいです。また、梅雨や台風など日が当たらず雨が続き、じめじめしてしまう時期にどんどんと菌は繁殖をしていきます。繁殖した菌やカビによって人の健康にまで害を及ぼす可能性もあるのです。そうならないためにも、台風や梅雨の時期の前に対策をとることが大切といえます。

まとめ

・防水工事を行い、建物内部に水が浸入しないようにすることが大切です。
・防水工事には種類があるために、施工にかかる時間やコスト面を考え、自分の家に適した施工を行うのがよいでしょう。
・現状で何か不安な個所がある場合には、梅雨や台風の時期より前に対策をしましょう。
・劣化や雨漏りが起きていないか、どの箇所が脆くなっているのか、把握することも大切です。
・雨漏りの発生による菌の繁殖は、健康に害を及ぼす可能性も大きくあります。放置をすることは避け、雨漏りしている個所をプロに見てもらうことも大切です。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼