最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

防水塗装でコンクリートからの雨漏りを防ぎましょう

雨漏りは屋根や壁などさまざまな場所から発生しますが、ベランダや陸屋根のコンクリート部分からも雨が染み出してきて雨漏りを起こすことがあります。
台風が非常に発生しやすいこの季節は、雨漏り対策が重要になってきます。
今回は、コンクリート部分から雨漏りが発生する原因や効果的な対策方法をご紹介していきます。
コンクリートの雨漏り対策方法の一つとして防水塗装というものがあります。
防水塗装とはどんなことをするのか?またその効果のほどは?などもあわせてお伝えしていきます。





雨に弱いコンクリート

コンクリートはビルや橋など大型の建造物にも使われていることから、雨に強いというイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
しかし実際の所、コンクリートは必ずしも雨に強い建材とは言えず、打設時の締め固めが不足していたことが原因でコンクリート内部に雨が浸透してしまったり、長期使用による経年劣化を起こすことのある建材です。

一般住宅でも、ベランダや屋根といったコンクリートを使用している部分から雨漏りが発生することがあります。
コンクリートは雨にさらされ続けると、砂と砂利を結合させているセメント成分に劣化が起こります。その結果セメント成分が流れ出てしまい、コンクリートの結合が弱くなってしまいます。長年コンクリートの劣化を放置していると、コンクリートの割れた部分がひび割れとなり、雨が染み出すことで雨漏りの原因となります。

古くなったコンクリートの表面がぼろぼろになってはがれていたり、コンクリートの表面に割れたかけらが見えている場合は要注意です。この時、コンクリートは凹凸のある状態になっており、劣化が進んで強度もかなり落ちている可能性があります。
また酸性雨の多い地域では、より一層コンクリートの劣化が早く進むと言われています。


コンクリートには防水塗装が効果的

コンクリートが劣化すると非常に雨漏りが発生しやすい状態となりますが、事前に雨漏りを防ぐために効果的な方法があります。その一つが防水塗装です。
防水塗装をおこなうと、雨水による劣化を防ぐことができます。通常コンクリート打ちっぱなしの外壁などを見てみると、塗装が施されているようには見えません。しかし、コンクリート製の建造物のほとんどは無色透明の防水塗料で塗装が施されているのです。

雨漏りを防ぐため事前に防水塗装を行うことも必要ですが、すでに雨漏りが発生してしまった場合は雨漏りの補修にもその効果を発揮します。
雨漏りは天井だけでなく壁からも発生します。壁にひびが入っていないから大丈夫だろうと安心していた所、雨が外壁のサイディングから少しずつ浸透してきて壁に染みこんで初めて雨漏りに気が付くことがあります。
特にコンクリートの劣化が初期の段階であれば、防水塗装のみで雨漏りを止めることが可能なケースもあるようです。外装のひび割れをカバーする塗料の一つに弾性塗料があります。水性と油性のものがあり、通常の塗料の10倍の厚みがあり非常によく伸びます。

防水塗装は無色透明のため、どの程度はがれ落ちているか判断しにくいのですが、コンクリートに汚れが目立ってきた頃に防水塗装を行うのが良いと言われています。
外壁用の防水塗料の種類はウレタン、アクリル、フッ素、シリコンなどがありますが、コンクリートの外壁では主にフッ素塗料とシリコン塗料が多く使用されているようです。どちらの塗料も耐久性が高いと言われているため、予算に合わせて防水塗料を選択しましょう。


防水塗装が必要な場所

雨漏りを防ぐためには、具体的にどこへ防水塗装を施したらよいのでしょうか?
戸建住宅の場合、一般的に雨漏りが発生しやすい場所は屋根や外壁などが代表的ですが、この他、ベランダやバルコニーなどコンクリートで作られている箇所からも雨漏りが発生します。戸建住宅で防水塗装が必要となる場所は以下のものがあります。

・陸屋根・・・勾配のある三角屋根に比べると、水はけが悪く排水力が弱い屋根です。
排水がスムーズにいかず屋根に大量の水が溜まってしまうと、雨漏りの原因となります。
・外壁・・・外壁は雨が上から降ってくることを想定して作られています。台風シーズンなどになると外壁が横雨に長時間さらされることになり、外壁から雨が侵入することがあります。
・ベランダ・・・ベランダ部分は家から外に出ており、雨に直接さらされることの多い部分です。特に大量の雨が降った後は、排水が追い付かずにベランダに雨水が溜まることで雨漏りの原因となります。

マンションの場合は、建物の老朽化が原因で雨漏りが発生します。築年数が増えるほど建物全体にひびが入ったり、ずれが生じてきます。そのひびやずれが起きている部分から雨漏りが侵入してきます。老朽化で雨漏りが発生している箇所に防水塗装を施すことで、雨漏りの防止や補修をおこなうことが可能です。
一般的にマンションの築年数が10年を越えると、雨漏りの可能性が高まると言われています。10年を経過する前に老朽化が気になる箇所が出てきたら、業者に調査を依頼して見てもらいましょう。




防水塗装の方法

防水塗装の方法は複数あり、ウレタン工法と呼ばれるものやFRP工法などがあります。 以下はコンクリートの屋上に防水塗装を施すウレタン工法の工事を行った際の、一例となります。

1.雨漏りの原因調査と補修を行う
雨漏り発生の原因となる箇所をチェックします。
補修が必要な箇所が見つかったら必要に応じて補修を行います。

2.汚れを取り除く
高圧洗浄機などを使い、コンクリートから汚れを取り除きます。
この時、汚れが残っていると仕上がりに影響しますので、すみずみまで汚れを取り残すことのないよう念入りに洗浄します。
3.プライマーで下塗りをする
プライマーと呼ばれる下地用の塗料を塗って下地を作ります。プライマーには塗装面と上塗り塗料の付着をよくする役割があり、この下塗りがしっかり施されていないと上塗りの塗料がすぐにはがれてしまう可能性があります。下塗りは必ず必要な作業です。

4.通気緩衝シートを敷く
樹脂モルタルを保護コンクリートの下地に敷き、通気緩衝シートを貼り付けます。 雨が降った時に、上からの水分を遮ってふくれの原因になる下地に含まれている水分を逃がす役割を持っています。この通気緩衝シートの上に塗膜防水材を塗布します

5.防水塗料の中塗りをする
シートの上に防水塗料を塗布して、塗膜厚を作ります。

6.防水塗料の上塗りをする
防水層を熱や紫外線による劣化を防ぐため、トップコート塗布を行って防水塗装の仕上げを行います。


まとめ

季節は夏に入り、大雨に見舞われることの多い季節になってきました。「コンクリートにヒビ割れを見つけてしまって雨漏りが心配だ!」という方は、コンクリートの防水塗装で雨漏り対策をしてみてはいかがでしょうか。短期間で施工可能な上、その費用対効果は非常に高く長く続くます。コンクリートの雨漏りでお困りなら、雨漏り修理のプロへ相談してみましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼