宇都宮市対応の弊社加盟店のご紹介

FKU建コーポレーション
FKU建コーポレーションは、宇都宮で雨漏りの修理を行っている会社です。雨漏りの原因は、お家の経年劣化によるものや、台風や雪などの気象現象によっても発生することがあります。また、窓のサッシが劣化して、雨水が浸入してくることもあります。雨漏りが起きてしまった場合は、早めの対処が必要です。雨漏りが発生してしまったお家では、雨水に由来する湿気が溜まってしまいますが、湿気はさまざまな二次被害の原因となるのをご存知でしょうか。木造住宅では、湿気によりお家に使われる木材が湿って、腐ってしまいます。また、湿気を好むシロアリやダニ、カビなどが発生してしまうことがあります。特にダニやカビは健康被害が発生することもあり、注意が必要です。FKU建コーポレーションは、雨漏りの修理のためにスタッフの方々が日々精進している会社です。
有限会社釜屋金属
住宅トラブルとして挙げられることも多い雨漏りのトラブル。有限会社釜屋金属は宇都宮で雨漏りの解決を行っている会社です。雨漏りというと天井から水が漏れてくるというイメージの方も多いのではないでしょうか。しかし雨漏りが発生するのは天井からだけではありません。例えばお部屋の壁であったり、柱から水が漏れてくるということもあるのです。こういった場合、壁や柱から水漏れしているからそこが原因なのかと言うと、そういうわけではないのが雨漏りの厄介なところです。別の場所が原因で、お家の中の様々なところをつたってその結果壁は柱などからの雨漏りとなっている場合も多いのです。つまり雨漏りの修理には原因となっている場所の特定が非常に重要となってくるのです。その点、有限会社釜屋金属は原因特定もしっかりと行ってくれるので安心して作業をまかせることができるでしょう。宇都宮での雨漏り修理は、この有限会社釜屋金属が頼れる存在です。

宇都宮市の年間降水日数は?大雨による雨漏り被害について

栃木県の県庁所在地・宇都宮市は、「雷都」という別名を持っています。地形や気象条件の影響で夏に雷が多く発生するため、宇都宮市の夏はほとんど毎日のように雷鳴が聞こえるとさえ言われているのです。雷は市の風物詩として親しまれている面も見受けられますが、集中豪雨をもたらすことも少なくない積乱雲の産物だけに、大雨に対する対策は日頃から練っておかなければなりません。宇都宮市の年間降水日数は110日前後で、全国の主要都市の中では必ずしも多いわけではありませんが、年間降水量は約1500mmにも達します。短時間で激しく降る種類の雨が多いことから、降水日数のわりに年間降水量の多い点が説明されます。住宅の雨漏り被害は、長時間に降り続く弱い雨よりも、短時間で激しく降る雨によって発生する確率がより高くなります。屋根や外壁などに亀裂が入ったりしている個所があると、その隙間から雨水が侵入するのです。これによって天井や柱、壁などが濡れてしまい、さまざまな一次被害や二次被害を引き起こします。シミやカビによって室内の美観を損ねるばかりでなく、木造住宅の場合はシロアリ発生の原因にもなりますし、鉄筋コンクリートの住宅では鉄骨が錆びる場合もあるのです。美観を損ねたり耐久性が低下したりした住宅は、それだけ資産価値も低くなってしまいます。不動産価値を重視する方にとっては、雨漏りによる資産価値の低下は最も憂慮される事態でしょう。雨漏りを放置すればするほどそうした二次被害も広がり、住宅の価値は下がる一方です。そうなる前にできるだけ早い段階で修理することが必要になります。そのような理由から、雨漏り修理の依頼先には迅速に対応してくれる業者を選びたいものです。リフォーム業者なら住宅に関する工事を何でも請け負ってくれるように思われがちですが、雨漏り修理には高度な知識と技術を必要としますので、必ず専門の業者を選ぶことが重要です。確かな目を持った業者に原因を調査してもらい、補修とともに必要なら防水処置や塗装なども手掛けてもらうといいでしょう。再発防止のための検査も欠かせません。

宇都宮市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年04月11日
    エリア
    栃木県宇都宮市
    参考金額
    35,000円

    木造2階建ての1階で雨漏りが起きた、というご相談が当社に寄せられました。こちらのお客様のご自宅は築50年になる戸建住宅で、どこからか浸入した雨水が1階の天井に被害を与えているご様子でした。現地での無料お見積りを希望されており、日中に訪問してほしいとおっしゃいました。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼