山形市対応の弊社加盟店のご紹介

救急水道24
救急水道24は山形における雨漏り修理を行っている会社です。こちらの会社は雨漏り修理を行う際、事前の現場調査をしっかりと行い雨漏り発生の原因を調べてくれるのが特徴で丁寧に対応してくれると評判です。なぜ事前の調査が必要なのか。雨漏りに気づく時は、建物内に雨水が浸入してきて、天井に染みこんでいたり、ポタポタと垂れてきたりしているケースが最も多いです。この場合、天井は浸入してきた雨水の出口となりますので、浸入口を探して、浸入口・出口のふたつを塞いで雨漏り修理を行わなければなりません。このことをご存知ない方は非常に多く、雨漏り修理に失敗する原因にもなります。雨漏り修理は技術だけではなく、多くの知識が必要とされる分野ですので、救急水道24のような、豊富な知識をもった会社が山形エリアで活躍してくれています。
桜塗装
生活していくうえで起こる住まいの問題のひとつに雨漏りがあります。天井からポタポタと落ちてくる雨水は一体どこからくるのでしょうか。雨水の浸入口として最も可能性が高いのは屋根です。他にも外壁やベランダ、サッシなどから浸入してくることもあります。雨漏りしてきたら、すぐに修理をしたいところですが、的確な修理を行わなければ意味がありません。多くの方は雨水が落ちてくる天井だけを塞いで修理しようとしますが、浸入口である屋根なども修理しなければ再び雨水が浸入してくることになります。事前に浸入口を確認する必要がありますが、自分で屋根などの高い場所に登るのはとても危険ですし、雨水の浸入口を見つけれない可能性もあります。雨漏り修理は十分に知識や技術のある会社を頼りにするのがいいでしょう。桜塗装は山形にてあらゆる建築工事に対応しており、住まいで生じる問題を解決させることに精通しておりますので、雨漏り修理も安心して任せることができます。

山形市の年間降水日数は?大雨による雨漏り被害について

山形県の内陸部に位置する県庁所在地の山形市は、豪雪地帯の多い県内でも冬の積雪が比較的少ないと言えます。盆地特有の気候で夏は非常に蒸し暑くなり、1933年に記録した40.8度という気温は日本の最高気温として長い間破られませんでした。山形市は蒸し暑い気候ゆえに雨も多く、時として大雨にも見舞われます。1163mmという年間降水量は全国でもむしろ少ない部類ですが、131日に及ぶ年間降水日数は、全国主要都市の中での順位も大きく跳ね上がります。1年の実に3分の1以上の日で降水を観測している計算になるのです。こうしたデータから見ても、山形市内の住宅では日頃から大雨への対策を練っておく必要があることがわかります。特に雨漏りが発生した場合の修理や予防について最低限の知識を持つことは、住宅を大雨から守る上でも重要なのです。雨漏りが発生した場合に、誰もが思い浮かべる被害は天井や床、家具などが雨水で濡れてしまうという事態でしょう。大切な家具や寝具、家電などが濡れてしまうようなことは誰しも避けたいものです。しかしながら雨漏りでそれ以上に恐ろしいのは、天井や壁、柱などが濡れることによって発生する二次被害の方なのです。雨漏りによって天井に水が流れ込み、ブレーカーなどに接触した場合、漏電が起きることもあります。水は電気を通す性質があるため、漏電の影響はさまざまな場所に及びます。最悪の場合は火災の原因にもなりますので、この状態を放置しておくことはできません。単に床や家具が濡れるのをビニールシート等で防ぐというような、対処療法的措置で済ませるのは危険です。こうした場合には根本的な修理を行う必要もあるのですが、雨漏り修理が専門でないリフォーム業者を利用するのは避けるべきでしょう。専門の施工業者なら屋根や外壁を調査して原因を突き止め、徹底した補修作業を行います。必要に応じて防水工事や塗装も実施し、原因となった場所以外も検査することで、新たな被害を防いでくれます。「雨漏り修理110番」は信頼できる加盟店によって構成されており、費用の点でも事前に料金体系を確認の上で利用できます。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!

  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼