その雨漏りはどこから?雨漏りの原因と注意すべき場所について

その雨漏りはどこから?雨漏りの原因と注意すべき場所について

雨漏りの原因箇所や起因は様々です。また雨漏りの症状がみられた場所が雨漏り箇所とは限りません。屋根だと思っていたのに、実際には思わぬ場所から漏水していたということもあります。
このページでは雨漏り修理を行うにあたって知っておきたい基本的な知識をまとめました。雨漏りを止めるために必要な知識・原因・症状・対処法・再発防止策まで細かく見ていきます。雨漏りに関する知識を深めることで大きなトラブルを回避し、住まいを守ることにもつながります。是非、ご参考ください。

住宅で雨漏りが起きやすい原因と注意する場所

住宅で雨漏りが起きやすい原因と注意する場所

雨漏りの症状と原因、直接的な要因をあげます。原因と症状がわかれば対処フローも自ずと見えてきます。

屋根から雨漏りする原因

▶楝板金
スレート屋根の天井、上部にかぶせる板を指します。飛来物や強風などで浮きが生じたり釘が緩んだりすることで隙間ができて漏水する可能性が高まります。

▶スレート・瓦本体
楝板金同様、飛来物や強風などにより浮き、割れ、めくれが生じ雨漏りが発生することがあります。

▶漆喰
瓦屋根の充填・接着に使用される石灰です。吸湿性があるため機能性が高い建材で壁にも使用されます。ひび割れや崩れが生じると雨水が染み、雨漏りを引き起こすケースもあります。

▶シーリング材
雨漏り修理だけではなく多くの建築現場で使用されるシーリング材は、コーキング材とも呼ばれています。いずれも同じものとして認識して問題ありません。年数や温度差による劣化で剥がれや隙間が生じ、雨水を侵入させる原因にもなることもあります。

屋根が壊れた原因も調べておく

雨漏りの原因が屋根のあることが多いというのは理解できましたが、屋根が壊れた原因も調べておく必要があります。場合によっては無料で屋根修理を行える場合もあります。
どうして屋根が壊れたのか確認・調査することは大切です。

▶施工不良
新築・もしくはリフォームをして間もないという場合は住宅メーカーや施工会社に連絡しましょう。
新築の場合は『瑕疵保証制度』という保証制度が確立されていますので無償で雨漏り修理(もしくは屋根修理)が行えます。リフォームに関しては業者との契約・保証内容を確認してください。施工会社がリフォーム瑕疵保証という任意の保險に入っているかにより、対応が違ってくる場合もあります。
▶突風や強風・台風
強い風により屋根材にき損が生じた場合は火災保険の風災補償が適応される場合がありますので、火災保険に加入している方は申請の手続きを行いましょう。
申請の際に適切な調査を行わない・ずさんな報告書をあげてしまうと保険がおりない場合があります。屋根のき損は自然災害によるものか経年劣化によるものか判断が難しいので、火災保険に精通した業者指導の元行うのがベストです。
▶地震
地震のあとに屋根がき損し雨漏りが発生したという場合は地震が原因である可能性が高いです。揺れは建物にとって大きな負担です。
屋根材も例外ではありません。地震保険に加入している方は保険金で修理費をまかなえる場合があります。
▶経年劣化
屋根材により寿命も違いますが屋根材が錆びる・塗装が剥がれる・劣化した部分から雨漏りが発生し屋根本来の機能が失われている状態です。
この場合はメンテナンスや補修ではなく、しかるべきタイミングで葺き替え工事を行いましょう。劣化し機能が失われた屋根をそのままにしておくと雨漏りや雨漏り二次被害などが広がり、最悪の場合建物の倒壊や命の危険にさらされます。

原因不明の雨漏りはどこから漏水しているケースが多いのか

屋根以外で考えられる主な雨漏り原因箇所です。
確認していくと戸建て住宅に限らず、マンションやアパートなどの集合住宅でも雨漏りが起こり得ることがわかります。水漏れか雨漏りかわかりにくい場所もありますので室内や住宅設備をよく確認しましょう。

換気扇・レンジフード

ベランダ

外壁

出窓

サッシ

1階の屋根・小屋根

雨漏り原因の調査は業者にまかせる

雨漏り症状や気配が見られたらすぐに雨漏り調査を行う必要がありますが、ここまで説明した通り一口に雨漏りといっても原因や症状は様々です。必ずしも症状が見られた場所に瑕疵があるとは限りません。業者でも雨漏りの原因箇所を完璧に特定することは難しく、現在ではあらゆる雨漏り調査の方法が開発されています。

知識や経験の差が出る目視調査や赤外線画像を用いた方法など、いずれも知識のない人間が真似をすることは容易ではないため、自分で行うことは推奨されません。
また、状況にもよりますが調査の多くは高所作業です。無理をせず信頼できる業者に調査から修繕までまかせることを強くおすすめします。

雨漏り修理は原因に合わせて適切に行う

主に屋根材の修理方法です。いずれもDIYはおすすめしません。自分で行う際には防水シートを上からかぶせる程度の応急処置に留めましょう。

▶瓦やスレートのズレ・割れが雨漏りの原因だった場合
割れた屋根材を撤去して、ほこりや油分・水分を取り除きます。その後、割れた屋根材をきれいに合わせて、コーキング剤やパテでしっかりと接着し、もとの位置に戻して完了です。
▶漆喰の劣化が雨漏りの原因だった場合
劣化した漆喰を撤去したあと、漆喰の下葺きである葺き土が露出しますが残しておきます。葺き土を専用ヘラで丁寧に整えて水で湿めらせ、新しい漆喰を均一に塗布して完了です。
▶トタンのサビが雨漏りの原因だった場合
錆びが生じて劣化した塗料を丁寧に取り除き、下塗りで錆び止めを行います。錆止めの塗料には種類がありますので適切なものを選択しましょう。下塗りのあと丁寧に塗料を重ねて完了です。
▶楝板金の浮きが雨漏りの原因だった場合
浮いた楝板金を撤去し、新しいものと交換します。釘による穴があれば防水シーリング補修を行います。取り付ける際は雨漏り再発防止のため、天辺部分を避けて横から釘を打ちます。
▶コーキング剤の剥がれが雨漏りの原因だった場合
剥がれたシーリング材を撤去し、周辺も含めてきれいに拭き取ります。マスキングテープを使用し丁寧にシーリング材を打って完了です。シーリング材の種類によっては塗装をおすすめします。
▶経年劣化が雨漏りの原因だった場合
施工不良は工事を行った工務店・業者へ連絡をとりましょう。場合によっては無償で雨漏り修理が可能です。経年劣化は葺き替えが必要です。タイミングを見て行ってください。

雨漏りの再発を高い確率て止める方法

難しいのは雨漏り調査と雨漏り修理だけではなく、雨漏りの再発防止も例外ではありません。雨漏りを再発させないためにできるのは適切な業者選びと、費用をかけることです。

信頼できる業者にまかせる

すべての建築工事や住宅修繕・補修工事にあてはまりますが、施工品質はある程度耐用年数に影響します。信頼できる業者にまかせることは長い目で見て、コストパフォーマンに優れていると言って良いでしょう。

    注意

    経験が浅い・質の悪い業者にまかせると最悪の場合は雨漏りの再発を招きかねません。アフターフォローや保証制度などですぐに直せてもらったとしても、再発してしまった雨漏りによって生じた住宅の負担は大きいです。雨漏り修理は経験や技術で施工品質が変わりますので再発防止・ストレスのない住まいのためにも業者選びは慎重に行いましょう。

    雨漏りを高い確率で止める方法

    100%とは言えませんが、適切に行えばほとんどの確率で雨漏りを止められる方法があります。
    【屋根葺き替え工事】と【屋根のカバー工法】です。混同されがちですが厳密に言えば全く違うものです。屋根の雨漏りが原因であり、自然災害を除いた場合かなり高い確立で雨漏りを止められると言っても過言ではありません。
    葺き替え工事とは
    既存の屋根材をすべて撤去し、新しい屋根材に取り替えることを言います。屋根の大幅な改修工事です。屋根のリフォームの中で最も高額。

    カバー工法とは
    既存の屋根材の上から新しい屋根材をかぶせることを言います。廃棄が出ないことと葺き替えに比べてリフォーム費が安価であることがメリットですが、既存の屋根材によっては推奨されない場合があるのと、屋根が重くなるというデメリットもあります。

    まとめ

    以下、雨漏りの基本的な知識についてポイントでまとめました。100%雨漏りしない家は有り得ませんのですべての方に参考にしていただきたいことです。

    • ・雨漏りの原因は屋根にあるケースが多い
    • ・屋根がき損した原因が何にあるかで負担費用が変わる場合もある
    • ・症状・原因に応じた適切な対処が必要
    • ・再発防止策は業者選びと屋根の大規模改修

    雨漏り修理は、経験を積んだプロに任せた方が高確率で修理・再発の防止へつながります。

  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼