雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > ベランダの雨漏り対処法を解説!原因と業者の修理費用相場もご紹介

ベランダの雨漏り対処法を解説!原因と業者の修理費用相場もご紹介

ベランダの雨漏り対処法を解説!原因と業者の修理費用相場もご紹介

ベランダから雨漏りしていることに気づいたら早めに対処することが大切です。

ベランダからの雨漏りを放置していると、家の木材が腐ったり、シロアリなどの害虫が発生したりするおそれがあります。さらに、壁材が傷んでカビが発生したり、ブレーカーやコード類が濡れて漏電が起きたりすることもあるのです。

まずは応急処置をして被害を最小限に抑えましょう。当記事ではベランダの雨漏り原因やその対処法など解説しますのでぜひお役立てください

雨漏りするベランダの応急処置法

ではさっそく、ベランダの雨漏りの応急処置法から見ていきましょう。

【応急処置の手順】

1.雨漏りしている場所の真下にビニールシートを敷く

2.その上にバケツを置いて水を受け止める
バケツの中に雑巾を入れておくと、水が飛び跳ねにくくなるのでおすすめです。

3.ベランダの手すりから窓にかけてブルーシートをかける
雨が直接当たらないようにすることで、ベランダの床や壁が傷むのを防げます。ブルーシートは、シートにたまった雨水が排水口に流れるように、角度を調整してください。

ベランダの雨漏り原因と修理費用相場

ここからは、具体的な雨漏りの原因について解説します。ベランダからの雨漏りは以下のような場所から発生することが多いので、いちど確認してみてください。

・笠木
笠木とはベランダの手すり壁を覆っている素材のことで、雨から手すり壁を守る役割があります。しかし、年月が経つに連れて亀裂やすき間が生じ、そこからベランダ内に雨水が入ってしまうことがあるのです。これがひどくなると、ベランダからの雨漏りが発生します。

・床
ベランダの床は防水塗装がされていますが、長年日光や雨風にさらされることで、少しずつ劣化していきます。そして劣化が進むと、床の剥がれやヒビ割れが発生して、雨漏りしやすくなるのです。

・外壁
雨風や経年劣化により、外壁にヒビが入ったりシーリング材が剥がれたりすることがあります。とくに壁のヒビは、その幅が1mm以下であっても、じわじわと内部に浸み込んでいってしまうので、早めの修理が大切です。

・取り合い部
取り合い部とは、素材同士が接続している場所のことです。この取り合い部はベランダに複数ありますが、とくに雨漏りしやすいのは外壁と手すり壁の取り合い部でしょう。この部分に亀裂やすき間があると、外壁材の内部に雨水が染み込んで腐食しやすくなり、さらに進むとそこから雨漏りしてしまうことがあります。

業者にこのような場所の「部分的な補修」を依頼した場合の費用相場は【約3〜10万円】です。しかし、防水工事や下地交換などの「ベランダ全体の補修」をおこなう場合の費用相場は【約10~30万円】となります。

もしベランダの防水工事が必要になった場合、工事の方法は主に2種類あります。それぞれ費用が異なるので、合わせて以下で確認してください。

1.FRP防水工事の費用相場

1.FRP防水工事の費用相場

FRP防水工事とは、繊維強化プラスチック(FRP)を使った防水工事のことです。このFRP工事をおこなう場合、費用相場は1平方メートルあたり【約4千円~8千円】となります。

〇メリット
固まるスピードが速いので2日~5日で工事が終了する場合が多いです。また防水性だけでなく耐熱性や耐久性も高いので、コストパフォーマンスも優れています。

〇デメリット
FRP防水はプラスチック素材なので紫外線に弱いです。また伸縮性がないので、熱や湿度による変形が起きやすい木造住宅かつ広いベランダでは施工できません。このような場所に施工してしまうと、ひび割れが起きるおそれがあるからです。

2.ウレタン防水工事の費用相場

ウレタン防水工事とは、ウレタン樹脂塗料を使った防水工事のことです。このウレタン防水工事をおこなう場合、費用相場は1平方メートルあたり【約3千円~7千円】となっています。

〇メリット
ウレタン防水は施工場所や面積、素材などを選びません。また人の手で塗るのでつなぎ目のない滑らかな床に仕上がります。

〇デメリット
人の手で塗る分、職人の技術に左右されてしまう部分があります。またFRP防水に比べると耐用年数はやや短めです。

まずは現地調査から始めましょう

ここまでご紹介したように、ベランダの雨漏り修理は損傷のレベルや被害の広さによって費用が異なります。そのため、まずは現地調査をしてもらい、見積りを出してもらいましょう。弊社ではさまざまな雨漏り修理業者をご紹介しておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

雨漏り修理に火災保険が適用できるケース

もし台風など自然災害が原因で、ベランダから雨漏りが発生した場合は、火災保険を適用できるかもしれません。たとえベランダの雨漏りであったとしても、自然災害で被害を受けていることには変わりないからです。

ただし、火災保険を適用するためには、被害が自然災害によるものだと認められなければいけません。もし思い当たる場合はいちど保険会社に連絡して調査してもらいましょう。以下では申請の流れと申請の注意点を解説しますので、ぜひ参考にしてください。

火災保険の申請の流れ

火災保険の申請の流れ

火災保険の申請に必要な書類は「火災保険請求書」「被害場所の写真」「修理費用見積書」「調査報告書」などです。必要な書類は保険会社によって異なることがあるので必ず確認してください。

【申請の流れ】

1.保険会社に連絡する

2.案内に従い申請書を提出する

3.保険会社の調査を受ける

4.保険会社から連絡がくる

5.保険金を受け取る

火災保険申請時の注意点

火災保険を申請するときには、以下の2つのことに注意しましょう。それぞれ解説しますのでぜひ確認しておいてください。

・3年以内に申請すること
基本的に、火災保険の申請期限は「被害を受けた日から3年以内」です。ただし、すぐに申請しないといけないわけではないので、状況が落ち着いてから申請しても十分間に合います。

さらに3年以内であれば過去の被害でも申請できるので「あのとき申請し損ねてしまった……」という方は今からでも申請することをおすすめします。

・保険のタイプを確認すること
保険には自己負担額をあらかじめ決めておくタイプと、損害額20万円以上の場合のみ保険金を受け取れるタイプがあります。

自己負担額を決めておくタイプでは、自己負担額より損害額が小さい場合、保険金を受け取ることができず自己負担しなければなりません。一方、損害額20万円以上タイプでは、損害額20万円未満の場合は保険金を受け取れず、自己負担となります。

このように保険のタイプによっては保険金を受け取れないケースも発生するので、必ずご自身が加入している保険タイプを確認してください。

雨漏り対策には排水口掃除も大切

ベランダの雨漏り対策として排水口を掃除することも大切です。排水口が詰まると床に水がたまり、防水塗装が剥がれたり傷んだりして雨漏りにつながりやすくなります。以下を参考に、こまめに排水口を掃除して詰まらないようにしておきましょう。

・掃除の頻度
ベランダ排水口の掃除は、ちょうど季節の変わり目になる3か月に1度のペースでおこなうとよいです。定期的に掃除をすることで1回1回の掃除の負担を減らすこともできますよ。

掃除の方法

〇必要なもの
重曹、クエン酸、ほうき、ちりとり、スポンジ、使い古しの歯ブラシ
〇手順
1.排水口表面のゴミをほうきで掃除する
2.重曹を粉のまま排水口に振りかける
3.2の上から水に溶かしたクエン酸をかける
4.泡が発生するので収まるまで待つ
5.泡が収まったらスポンジや使い古しの歯ブラシで汚れをこする
6.水で洗い流す

雨漏りのお悩み、まずはご相談ください

雨漏りのお悩み、まずはご相談ください

雨漏りを「大きな被害が出ていないから大丈夫」と放置していると、家に深刻な被害が出てしまうことがあります。たとえば、建物の木材が腐ると家の耐震性が落ちて、地震のときに傾くリスクが高くなるでしょう。さらに、雨漏りで湿気がたまり続けていると、カビやシロアリなどが発生するおそれもあります。

こうなってしまうと、家の資産価値も大きく下がってしまうので、大きな被害が出る前にまずは業者に相談してみましょう。

弊社では雨漏り修理業者をご紹介しています。ご相談は24時間365日承っておりますのでお気軽にご相談ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】
【記載情報はコンテンツ作成時の内容です】

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで