最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

外壁からの雨漏りの原因と修理方法

雨漏りと聞くと屋根や天井を想像する方が多いと思いますが、実は外壁からの雨漏りも発生個所の上位に上がります。
外壁からの雨漏りは素人では場所の特定が難しく、発見に遅れてしまいがちな箇所です。しかし放置してしまっては家がどんどんダメージを受けてしまいます。
今回は外壁から雨漏りが起こる原因と対処法をご紹介するので、この記事を読んで外壁に起こる雨漏りに注意していただけたらと思います。




住宅の外壁

外壁から雨漏りが起こる原因

雨漏りと聞いて想像するのは、屋根や天井、ベランダ、瓦などから発生するものではないでしょうか。
しかし、雨漏りは屋根からだけではなく、外壁から起こることも多いのです。
では外壁から雨漏りが起こる原因にはどんなものがあるのでしょうか?

1.劣化箇所

原因:外壁の劣化箇所から雨漏りが起こるもの
モルタル、サイディング、タイルなどさまざまな素材が外壁には使われますが、時間の経過とともに劣化が進むことは避けられません。劣化によって、防水効果が低下し、雨漏りがしやすくなるのです。

2.クラック

原因:外壁にクラックができることで、雨水が浸透し雨漏りを引き起こすもの
クラックは、太さが名刺より厚い場合は外壁の向こうまでクラックが貫通していることがあります。
その場合は、カッターなどでVカットする、コーキングや防水モルタルで補修後、塗装補修するなどの手順が必要になります。

ポイント:クラックのみの塗装補修は目立つので、外壁全体の塗り替えが望ましい

3.雨樋のオーバーフロー

原因:雨樋のゴミ詰まりによるオーバーフローで、近くにある外壁に雨水の負担がかかり、雨漏りを引き起こす

外壁に水の侵入経路があると雨樋のオーバーフローによって雨漏りが起こりやすくなるので、雨樋は定期的に点検、掃除をして詰まりがない綺麗な状態で使うことが大切です。

4.自然災害

原因:台風などによって強い雨風が外壁と屋根の境目から浸水し、雨漏りが起こる

屋根や外壁は通常上から降ることを想定され防水されていますが、長時間の雨風によって浸水する可能性があります。台風の時に雨漏りしだしたら、屋根と外壁からの雨漏りを疑いましょう。

ポイント:火災保険の対象になることもあるので、調べてみることがおすすめ

5.施工不良(新築)

原因:建設時の施工不良(防水紙、サッシュなど)による可能性が高い。窓枠、換気口などの開口部を取り付けるときに水が侵入しないように施工がされない場合や、太陽光パネル設置工事などで外壁に穴ができて雨漏りが起こる


外壁からの雨漏りを修理する方法

外壁は雨風から家を守るものなので、時間とともに劣化が進んでしまうものです。
定期的な外壁の点検をして異常があった場合はすぐに修理をしましょう。外壁の修理には様々な方法があります。

1.塗装、シーリング工事

・塗装
外壁が塗料だけという場合は、数年で外壁のメンテナンスが必要となるので注意が必要です。外壁に、白い粉のようなものがつくと、塗膜の劣化が疑われます。
対策:洗浄や素地ごしらえなど下地処理をよく行い、外壁塗装をし直す

・シーリング
外壁素材のひとつである、サイディングの隙間を埋める素材をシーリングといいます。これは寿命がサイディングより短いため、劣化すると雨水の侵入がおこり雨漏りにつながることがあります。
対策:シーリングのひび割れが見つかったら、雨漏り修理のプロに修理を依頼、またはホームセンターなどでシーリング材を買ってきて補強する

2.外壁の貼り直し

色褪せやチョーキングではなく、内部の湿気や水により痛んだサイディングボードがある場合、貼り換えがおすすめです。 種類が多いので意匠性に優れ、汚れを洗い流す光媒介コーティングタイプのものなどもあります。

3.金属サイディングでカバー

金属サイディングとは、表面にメッキ塗装をした金属の板と断熱効果のある裏打ち材を合わせた屋根材・外壁材です。外壁の割れからの雨漏りや、サッシ廻りから漏水している場合に効果的です。
金属サイディングは軽量で断熱性、遮音性、防水性に優れているのが特徴です。


自分でできる応急処置

雨漏り補修は劣化の状態や進行具合によって対処法が変わるため、専門的な知識や経験が必要になります。そのため、補修は雨漏り修理のプロに依頼するのが望ましいでしょう。
しかし、応急処置をすることによって、被害拡大を防ぐことができる場合があります。素人にもできる応急処置の方法をご紹介したいと思います。

・ブルーシートで覆う

雨水が侵入している箇所がはっきりとわからない場合でも、壁一面を覆うことで、一時的ですが、雨水の侵入を防ぐことができます。
風であおられないように、壁に沿ってしっかりと留めるのがポイントです。

・防水テープで雨の侵入口をふさぐ

侵入箇所がわかっている場合は、作業が簡単な防止テープを貼ることがおすすめです。
濡れている部分に貼るとはがれやすいので、雨の日は避けましょう。


放置は厳禁!こんな異常が現れたら雨漏り修理業者へ相談


壁にカビや白い粉の発生や、ひび割れが見られる場合は外壁が劣化している証拠なので、なるべく早く雨漏り修理のプロに調べてもらうことが大切です。
応急処置を自分で行うことは有効ですが、補修工事は雨漏り修理のプロに依頼することで、より適切で効果的な補修を行ってもらうことがよいでしょう。


まとめ

雨漏りするということは、すでに家の内部に水が浸み込み、痛み出していることが予想されます。時間がたてばたつほど家の痛みが増し、修理の費用が高くなるので注意が必要です。外壁からの雨漏りは、天井からの雨漏りとは異なり、気がつくまで時間がかかる場合が多くなりがちです。
被害が大きくなる前に、雨漏り修理のプロに依頼し定期的な調査やメンテナンスとするとよいでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼