雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 新築物件の雨漏り

最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

新築物件の雨漏り

最近、新築物件の雨漏りによる相談が増えているそうです。一般的なイメージとしては、雨漏りをするのは家が古くなっているからで、新しい家なら雨漏りする心配は殆ど無いように思えます。
しかし実際には、新築物件が、購入1年目から雨漏りするという事も多いようです。

住宅の雨漏りの原因は、屋根瓦やスレートの劣化、その下に敷かれている防水シートの劣化が主な原因ですが、新築物件の場合は何が原因なのでしょうか?

一番多いのは、新築工事の際の職人のミスが一番のものです。例えば、本来穴を開けては行けない場所に穴を開けてしまい、そこから雨水が浸入するというものです。
また、最近増えているのは太陽光発電システムを設置する際、屋根の防水シートを破ってしまい、そのまま太陽光発電パネルを乗せてしまうというものです。

建物の構造が変わったのも、1つの要因です。
古い家であれば、必ず庇があるものでしたが、最近の家では、庇がない家も増えています。
一見すると大したことではないように思えますが、庇がないことにより、壁面などに直接雨が降りかかる状態になっています。この場合、先ほどの職人の工事ミスと合わせて雨漏りが発生しやすい環境となっているようです。
壁面からの雨漏りが増えているというデータも有り、これもその裏付けとなっているのかもしれません。

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで