雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 本当に雨漏りが発生しているのか?

最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

本当に雨漏りが発生しているのか?

住宅の天井や壁にシミなどが発生しているのを見ますと「雨漏りが発生している!」と思われるかもしれません。実際に雨漏りが原因になっている場合もありますが、必ずしも雨漏りが原因になっているとは限りません。もしも雨漏りが発生していなければ、いくら屋根や外壁を修理しても意味がないという場合もあります。それでは、どのような場合に雨漏りだと勘違いしてしまうのでしょうか。

まず、害獣や害虫が原因になっているケースが考えられます。住宅の天井裏は、害獣の住み着きやすい箇所になっています。そこに住み着かれれば大量の糞尿を撒き散らされる事になり、それがシミを発生させる事があります。珍しいケースでは、ミツバチの蜂蜜が垂れているということもあるようです。シミだけでなく、臭いなどが発生していましたら害獣・害虫が原因かもしれません。
他には、水道管からの水漏れも考えられます。天井や壁の中では水道管が通っている事があり、そこで水道管の破裂や劣化などが発生していますとシミを発生させる事になります。住宅の内部に防水性能はほとんどありませんので、少しの水漏れでもシミを作りやすくなってしまいます。

このように、雨漏りと勘違いしてしまうこともあるのです。雨漏りが発生しているのか。それとも、それ以外のものが原因になっているのか。まずは調査が必要ですので、その調査は雨漏り修理のプロにご依頼ください。皆様に代わって、その原因を突き止めてくれることでしょう。

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで