雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 江戸時代の雨漏り

最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

江戸時代の雨漏り

雨漏りというと、「ジメジメする」、「修理は大変だ」、「家が汚くなる」 というイメージがあると思いますし、実際被害に会えばそうだと思います。 そんな、嫌な雨漏りは、自然現象から起こる被害なので昔から、人々を 悩ませてきました。 現代のような建築技術も無かった江戸時代では、今よりも雨漏りは、 起こっていました。 そもそも天井板も無い長屋ばかりだったので、屋根から漏れた水滴が あちらこちらに直接落ちてきたようです。 江戸時代ほどでなくても雨漏りは起こってしまいます。 雨漏りでお困りの際はスタッフへご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで