雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 落下した屋根瓦が人に直撃する可能性も

最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

落下した屋根瓦が人に直撃する可能性も

屋根に取り付けられている屋根瓦は、長年の経過で劣化してしまうこともありますので、
劣化を防ぐために、一刻も早い修理が必要になってきます。
劣化した屋根瓦をそのままにしてしまうと、もしかしたら落下してしまうかもしれません。
例えば、屋根瓦が全体的に右に曲がっていたり、左に曲がっていたりすると、
それが屋根瓦が落下する原因となります。
屋根瓦が落下するケースは多くないのかもしれませんが、もし、落下した屋根瓦が通行人に直撃したら大変です。
頭に直撃したりしてしまうと、最悪打ち所が悪くて、その方が亡くなってしまうことも考えられます。
それに過去の事例として、台風によって劣化した屋根瓦が吹き飛んで、それが隣の家の車に直撃したこともあるようです。
幸い、この事故で屋根瓦に直撃したのは人ではなく車だったので、怪我をした方はいらっしゃらなかったようですが、
車に直撃した事例があるということは、人に直撃した事例もどこかで起きているかもしれません。
もし、早く屋根瓦を修理してもらいたい方がいらっしゃいましたら、
雨漏り修理のプロフェッショナルである専門業者までご相談ください。
雨漏り修理の業者にご相談するにあたり、当サイトのご利用をオススメします。

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで