雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 雨漏りしやすい家

最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りしやすい家

どんな家でも、経年劣化などで雨漏りする可能性があるのですが、中でも
雨漏りしやすい構造があります。
特に、屋根に天窓がある場合は、そのサッシ部分やガラスのコーキングが
劣化すると、そこからの雨漏りが始まってしまいます。
また、木造家屋で軒先があまり張り出していない家も、外壁からの雨漏り
を引き起こしやすい構造であるといえます。
雨漏りを放置すると、建材の劣化や室内の家具などの水濡れなどの被害が
発生し、最終的には家そのものの寿命を縮めてしまう結果になります。
雨漏り対応は初動が重要です。雨漏りを見つけたら、直ぐに専門業者に依
頼をして、修理をすることをお勧めします。

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで