雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 天井の雨漏り対策はまず原因の特定を!応急処置や修理にかかる費用

天井の雨漏り対策はまず原因の特定を!応急処置や修理にかかる費用

雨漏りで天井にシミが……瓦のズレや塗装剥がれを疑いましょう

「天井から雨漏りしてシミができている……」そのような状態であるならば、すぐに修理をするようにしましょう。もし放置すると、カビやシロアリの発生、天井が崩れるなどの被害を受けるおそれがあるからです。

ここではその被害の詳細や、修理についてご紹介していきます。ぜひ参考にしていただき、早いうちに雨漏りの被害を解消しましょう。

天井の雨漏りは放置せずにすぐ修理を!

天井の雨漏りは、そのまま放置しているとさまざまな問題が発生するリスクがあり、危険です。そのうちおもなものとして、カビ・シロアリの発生、天井の崩落があります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

カビの発生

雨漏りを放置する危険性

天井が雨漏りしている場合、どこからか水が入ってきて建物を水害にさらしていることになります。そのまま放置すると、雨漏りによって建物の構造部分に使用されている材木などが腐食してしまい、カビの発生原因になります。カビが大量に発生していると、住んでいる人がアレルギーや呼吸器系の病気などを発症してしまう恐れがあり危険です。

シロアリの発生

建物の材木など湿った状態が続くと、シロアリが発生してしまうこともあります。シロアリが住処としているのは湿気がある場所なので、雨漏りをしている建物はシロアリ被害にあいやすいと言われています。そして、シロアリが発生してしまうと、建物の柱を食べてしまうため、家の耐用年数を下げてしまう恐れがあるのです。

シロアリが発生すると、シロアリの対策や被害部分の修理工事も必要になります。もともとの雨漏りの修繕費もあり、より費用が上がってしまうことになるので、早めの対応が求められます。

天井の崩落

雨漏りは放置していると天井にシミを作るだけでなく、腐食によって天井の崩落を招いてしまうこともあります。もし天井が崩落してしまった場合、下にいればケガをしてしまうこともありますし、家具などが壊れてしまうことにもなります。

また、崩落してしまった天井を直すための修理が必要になり、そのための費用がかかってしまうのです。そうならないためには、早いうちに天井の雨漏りを修理しておくことが大切です。

天井の雨漏り修理の際はまず原因把握するのが大事

天井の雨漏りの原因となる場所は、さまざまです。どのような原因があるのか、代表的なものを見ていきましょう。

屋根からの雨漏り

屋根

もっとも雨漏りが起きやすい場所と言われています。瓦などの屋根材が破損やズレを起こしていることで、雨が侵入してしまい、だんだんと室内に浸透することでシミを作っています。

屋上からの雨漏り

屋根からの雨漏りと似ていますが、こちらは瓦などの屋根材ではなく、防水コートなどの塗装が剥がれていることや、排水溝が詰まり屋上に雨水が溜まることで、室内に浸透していきシミを作っていきます。

外壁からの雨漏り

外壁は意外と雨漏り原因になりやすい場所で、屋根と同じくらい雨漏りが起きやすいと言われています。天井より上にある外壁のジョイント部分やヒビが入っている部分から雨水が侵入していき、天井や壁紙にシミを作ってしまいます。また屋根と外壁の間から雨水が染みて浸透することもあります。

雨漏りの調査方法

天井にシミを確認したら、天井裏や屋根を調査する必要があります。自分で目視による調査をおこなうこともできますが、その場合は安全に十分配慮しておこなうようにしてください。

屋根は高所になり転落する、天井裏は歩く場所が悪いと天井を踏み抜いてしまうなどのおそれがあり、危険をともないます。もし不安がある場合、調査は雨漏り修理のプロに頼むことをおすすめします。

また、雨漏り修理のプロは、目視で原因がわからない場合、専用の機材を用いて調査をおこないます。そのため、素人ではわからないような原因でも突き止めることができるのです。一体どのような調査をするのでしょうか。雨漏り修理のプロがおこなう調査方法には大きく分けて以下のような2つの方法があります。

散水調査

雨漏りだった場合の対処法

散水調査とは、高圧洗浄機などで、雨漏りしていると思われる場所に散水をして、浸水した場所を突き止める方法です。この方法では雨漏りしているご家庭の散水栓で高圧洗浄機を使用するので、水道代をご自身で負担する必要があります。しかし、総合的に見るとかかる費用は比較的安価で、昔からおこなわれている調査方法です。

紫外線投射発光調査

紫外線投射発行調査とは、紫外線に反応する調査液を散布して、建物の中から特殊な光を当てることにより浸水場所を探していく方法です。このとき使用される調査液は人体に無害なもので、変色もおこさないため建物にも安心して使用することが出来ます。

的確に浸水場所が特定できますので、早い雨漏り修繕をおこなうことができますが、費用が高価なため、業者とよく相談しておきましょう。

雨漏りの対処法

原因が雨漏りだった場合の対処法ですが、構造部分の劣化を広げないためにも、まずは雨漏りしている箇所の修理が先決です。その場合、必要に応じて応急処置をし、その後修理をするという流れになります。詳しく見ていきましょう。

自分でできる応急処置

もしも雨漏りが起こってしまったら……

もし天井のシミから水が垂れてくる場合は、その下にバケツなどを置き、家具や床が濡れないようにしてください。また、雨漏りしている箇所も可能なら応急処置をするといいでしょう。雨漏り箇所の応急処置には、以下のような方法があります。

・雨漏りしている箇所にブルーシートを敷く
・雨漏りしている箇所にコーキングを打つ
・雨漏りしている箇所に防水テープを貼る

これくらいの処置であれば、自分でおこなうことが可能です。ただし、天井の雨漏りの場合、屋根に問題があることが多いため、基本的にこれらの作業はすべて高所でおこなうことになります。危険をともなうので、作業は安全を第一に考え、自己責任で対応するようにしてください。少しでも不安なら、業者に依頼するとよいでしょう。

また、そもそも雨漏りの原因が特定できていないと、応急処置ができません。そのため、原因が特定できない場合も、業者に依頼するようにしましょう。

修理は業者に依頼しよう

雨漏りの修理は、建物の構造について理解していないと、おこなうことが難しいです。また、雨漏りの原因によっても変わりますが、大掛かりな作業を高所でおこなうことも多いです。そのため、費用はかかってしまいますが、基本的に修理は業者に任せるのがよいでしょう。

業者を選ぶ際は、複数(3~4社がおすすめ)の業者に見積りを取り、内容や費用を比較して決めるようにしましょう。また、雨漏りの原因が自然災害であれば、火災保険で費用をまかなえることがあります。修理の前に保険会社へ相談してみてください。

マンションやアパートの場合は

マンションやアパートで雨漏りをしている場合は、勝手に自分で対処をしないようにしましょう。天井から雨漏りしていると思ったら、まず大家さんか管理会社に連絡をしてください。責任の有無がどこにあるかで、誰が対応をしていくのかが変わるからです。

雨漏りで傷んだ天井の対処

シミができていた天井は、ほかの部分の天井と色が変わってしまっていることが多いのでクロス張り替えをおこなうことがあります。あまり目立っていないときは拭いておくだけの場合もあります。

また、雨漏りの場合ほかの部分が傷んでしまっていることも多いので、そちらも必要に応じて対処が必要です。屋根裏や外壁からの雨漏りで、壁や天井にある断熱材が水を吸ってしまい、効果がなくなっているときがあります。その場合はすべての断熱材を交換する必要があるのです。

雨漏りに長い間気が付いていなかった場合は、建物の材木が腐食されてしまい、耐震性や耐久性が低下している可能性があります。腐食が進んでいる場合は修繕をする必要があるでしょう。

天井のシミは雨漏り以外が原因かも

天井のシミは、雨漏り以外の原因でできてしまうこともあります。その原因には、動物のフンや尿、結露、水漏れなどがあるのです。それぞれ詳しく見ていきましょう。

動物の糞尿

ハクビシンやイタチなどの害獣は、家の天井裏に浸入し、住み着いてしまうことがあります。その際、排泄も天井裏でおこなうことになるのですが、そのフンや尿が染み込み、天井のシミとなることがあるのです。天井にシミができるだけでなく、足音がする、異臭がするなどがある場合は、害獣による被害の可能性が高いです。

このようなケースでは、天井裏に住み着いた害獣を駆除することで対処をおこないます。駆除は自力でもできますが、難しければ害獣駆除の業者にお願いするといいでしょう。

結露

建物の省エネ効果が原因で、室内と外の温度差ができ、天井裏で結露が起こることがあります。その原因は断熱材の充填が不十分といったことなどになります。結露によって天井裏が水浸しになると、天井に水が染みてくるのです。

部屋の上が天井裏で、雨が続いたわけでもないのに天井にシミができた場合は、原因が結露である可能性があります。換気をしたり、部屋の中に水槽などの湿度が高くなりそうなものを置かないようにしたりして、対策をしましょう。

それでも収まらない場合は、天井裏のリフォームを検討するといいでしょう。結露は放置していると、雨漏りと同じように上述で説明したような問題が起こるおそれがあるからです。

水漏れ

マンションやアパートの場合、上の階からの水漏れによってシミができることがあるのです。もし住んでいる部屋が最上階でない場合は、水漏れである可能性があります。とくにそのような環境で雨が降っていないのにシミができたのであれば、水漏れの可能性が高いです。

上の階からの水漏れが原因と思われる場合も、大家さんや管理会社にすぐ連絡するようにしましょう。大体の場合、大家さんや管理会社か、上の階に住んでいる人の責任で修理をおこなうことが多くなります。

まとめ

天井から雨漏りしている場合は、放置せずにすぐ修理しないと、さまざまな問題の原因となりえます。また、修理は基本的に業者にお願いすることになります。事前に原因を把握できていれば、スムーズに修理をしてもらえたり、自分で応急処置もできますので、可能であれば調査しておきましょう。

調査や応急処置を自分でおこなう際は、安全にはしっかり配慮をするようにしてください。少しでも危険を感じるのであれば、業者に任せるようにしましょう。

ただし、天井のシミは雨漏り以外が原因でできることもあります。状況に応じて原因を予想し、それぞれ適切な対処をおこなうようにしてください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【雨漏り修理の原因に関する記事はこちら】

天窓が設置されている屋根は雨漏りしやすい!?

屋根勾配と雨漏りの意外な関係性?勾配ごとの特徴と長所・短所

サッシからの雨漏りは何が原因?自分でできる応急処置をご紹介!

屋根からの雨漏りはなぜ起こる?

ソーラーパネルの屋根に雨漏りのリスクが?考えておきたい雨漏り事情

雨漏りの原因箇所は屋根の劣化だけではない!原因にあった正しい修理

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで