最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りによる天井のシミに対処するには

この時期は天気が崩れやすいです。突然の雨や、雨量の増加から今まで雨に耐えてきた自宅でも、雨漏り被害が起こることがあるようです。
そのため、雨漏りは他人事ではありません。いつ起きてもおかしくない雨漏りですが、今回は天井からの雨漏りにスポットを当てていきます。
ある日天井のシミを見つけた、雨の後にシミが同じところに現れる、こんなときは雨漏りが原因になっているかもしれません。
雨漏りかも?と感じたら、まずは天井のシミの原因と、対処法を確認していきましょう。




天井にシミが出来る原因

天井のシミは、雨漏りしている場所によって原因が異なります。

・屋根からの雨漏り

もっとも雨漏りが起きやすい場所と言われています。瓦などの屋根材が破損やズレを起こしていることで、雨が侵入してしまい、だんだんと室内に浸透することでシミを作っています。

・屋上からの雨漏り

屋根からの雨漏りと似ていますが、こちらは瓦などの屋根材ではなく、防水コートなどの塗装が剥がれていることや、排水溝が詰まり屋上に雨水が溜まることで、室内に浸透していきシミを作っていきます。

・外壁からの雨漏り

外壁は意外と雨漏り原因になりやすい場所で、屋根と同じくらい雨漏りが起きやすいと言われています。天井より上にある外壁のジョイント部分やヒビが入っている部分から雨水が侵入していき、天井や壁紙にシミを作ってしまいます。また屋根と外壁の間から雨水が染みて浸透することもあります。

・結露による天井のシミ

建物の省エネ効果が原因で、屋根裏で結露が起こることがあります。断熱材の充填が不十分な場合が多く、結露によって屋根裏が水浸しになることで天井に水が染みていきます。


雨漏りを放置する危険性

天井のシミは、そのまま放置しているとさまざまな危険があります。

天井にシミができている場合、どこからか水が入ってきて建物を水害にさらしていることになります。そのまま放置すると、雨漏りによって建物の構造部分に使用されている材木などが腐食してしまいカビの発生原因になります。カビが大量に発生していると、住んでいる人がアレルギーや呼吸器系の病気などを発症してしまう恐れがあり危険です。
また、建物の材木など湿った状態が続くと、シロアリが発生してしまうこともあります。シロアリが住処としているのは湿気がある場所なので、雨漏りをしている建物はシロアリ被害に合いやすいと言われています。シロアリは建物の柱を食べてしまうため、家の耐用年数を下げてしまう恐れがあります。

もともと雨漏りをした場合、雨漏り場所の修繕と対策を施すための料金が掛かってしまいますが、カビやシロアリが発生するとその修理工事やシロアリ予防の対策も必要になります。
修繕費が上がってしまうことになるので、早めの対応が求められます。


雨漏りの調査方法

天井にシミを確認したら、天井裏を調査する必要があります。天井裏は歩く場所が悪いと天井を踏み抜いてしまう恐れがあり大変危険です。雨漏りの調査は雨漏り修理のプロに頼むことをおすすめします。雨漏り修理のプロは専用の機材を用いて調査を行います。一体どのような調査をするのでしょうか。雨漏り修理のプロが行う調査方法には大きく分けて2つの方法があります。

・散水調査

散水調査とは、高圧洗浄機などで、雨漏りしていると思われる場所に散水をして、浸水した場所を突き止める方法です。この方法では雨漏りしているご家庭の散水栓で高圧洗浄機を使用するので、水道代をご自身で負担する必要があります。しかし、総合的に見ると掛かる費用は比較的安価で、昔から行われている調査方法です。

・紫外線投射発光調査

紫外線投射発行調査とは、紫外線に反応する調査液を散布して、建物の中から特殊な光を当てることにより浸水場所を探していく方法です。このとき使用される調査液は人体に無害なもので、変色しないので人体にも建物にも安全です。
的確に浸水場所が特定できますので、早い雨漏り修繕を行うことができますが、費用が高価ため、スタッフとよく相談しておきましょう。


雨漏りだった場合の対処法

雨漏り修理の方法
原因が雨漏りだった場合の対処法ですが、構造部分が劣化している恐れがあるためまずはお住まいの修繕が先決です。修繕方法は雨漏り場所によって変わってきます。
シミができていた天井は、ほかの部分の天井と色が変わってしまっていることが多いのでクロス張り替えを行うことがあります。あまり目立っていないときは拭いておくだけの場合もあります。
屋根裏や外壁からの雨漏りは、壁や天井にある断熱材が水を吸ってしまい、効果がなくなっているときがあるので、その場合はすべての断熱材を交換する必要があります。
雨漏りに長い間気が付いていなかった場合は、建物の材木が腐食されてしまい、耐震性や耐久性が低下している可能性があります。腐食が進んでいる場合は修繕をする必要があるでしょう。


まとめ

雨漏りが起こる原因となる可能性のある場所は屋根や屋上だけではありませんので気を付けましょう。雨漏りをそのまま放置していると、2次被害や修繕費の上昇などの危険があります。
天井のシミ1つから雨漏りの調査と対策ができます。雨漏りの早期発見は被害を最小限に抑えることができるので、怪しいシミができていたらすぐに雨漏り修理のプロへ調査を依頼して、早急に雨漏りへの対処をしましょう。
また、雨漏り調査には費用が掛かる方法もありますので、しっかりと情報収集をして雨漏り修理のプロとよく相談して調査の内容を決めていきましょう

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼