雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 雨漏り調査の方法4つ|修理費用に保険適用できる場合もある!

最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏り調査の方法4つ|修理費用に保険適用できる場合もある!

雨漏り調査の方法4つ|修理費用に保険適用できる場合もある!

雨漏りの原因がわからない場合には業者に調査依頼をするとよいでしょう。そうすることにより、原因はもちろんのこと侵入経路を確認することができるのです。雨漏りの程度によっては自力で調査できると思うかもしれませんが、正確な方法や手段で雨漏りの調査をおこなう場合には業者を利用するほうが確実なのです。

この記事では、業者がおこなう調査方法もご紹介していきます。

また、雨漏りの原因がわかったら、今度は修復や修理をしなければなりません。雨漏りを放置してしまうと、被害はどんどん拡大していってしまうからです。雨漏りの原因がわかったら、早急に対処するようにしましょう。業者を依頼したことのない方にもわかりやすいよう、業者選びのコツもご紹介していきます。

雨漏り調査にはどんな方法がある?

はじめに、雨漏りの調査方法にどんな種類があるのかをご紹介していきます。あわせて、修理にかかる費用や雨漏りが起きてしまう原因についても見ていきます。雨漏りが起こる原因を把握し、修復や修理をすれば再発防止にもつながるので順番に確認していきましょう。

1.散水調査

雨漏りしていると仮定した場所に水をまき、本当にその場所の劣化が原因で雨漏りが起こっているのかを確認する調査方法となります。この工程は雨漏り修理をおこなううえで必須の調査方法なのです。なぜなら、散水調査をすることによって雨水の侵入経路を特定することができますし、原因を特定してから修理をすれば無駄な修理費用がかさまずに済むからです。

【費用:およそ30,000~200,000円】

予め業者が水を用意するわけではなく、依頼者の家の水道を使用します。そのため、作業費に加え水道代がかかることになります。また、高所での作業が必要な場合には、足場を組むことになりますので、この作業も費用が高くなる原因となります。

2.目視調査

雨漏りしていると仮定した場所を、目視で確認する調査方法です。目視で雨漏りしている箇所の確認ができれば、ほかの調査にスムーズに移ることができます。目視での調査のため、費用はかからない場合もあります。業者によっては高所での作業のため、別途費用がかかるという場合もあるので事前に確認しましょう。

【費用:およそ0~30,000円】

3.赤外線サーモグラフィー

赤外線カメラで撮影することにより、温度変化によって雨漏りが起きている箇所を探しあてることができます。雨水は冷たいため青く色が変化し、そうでない場所は赤や黄、緑のままとなります。しかし、晴れているときには温度の変化を出すことができないため、散水調査と並行しておこなう場合がほとんどでしょう。

【費用:およそ100,000~400,000円】

赤外線サーモグラフィーは目視では判断できない温度の変化をとらえることができるため、正確性に非常に優れていることもあり、費用が高くなるのです。

4.紫外線投射発光調査

雨漏りしていると仮定した場所へ発光する液体を流します。流した場所へ紫外線をあてると雨漏りしている経路を確認することができるのです。また、複数箇所で雨漏りが起きている場合には流し込む液体の色を変え、どこで合流しているのかを確認することができます。この調査方法は発光液調査とも呼ばれています。

発光液調査をおこなうために使われる液体は、家屋を傷めることなく使用できます。そして、さまざまな建物に利用できます。

雨水の侵入経路が複数だった場合、水道水を使う散水調査では原因がわかりにくいことがあります。しかし、発光液調査では前述した通り複数の色で調査をすることができるため、より正確な経路を確認することができるのです。

発光液調査は、屋根の上に登るなど高所での作業があったり、雨漏りが起きている箇所が複数であったりした場合におこなわれる調査方法です。そのため、ほかの調査方法と比較すると費用が高くなります。

【費用:およそ100,000~250,000円】

いざ雨漏り修理!保険が使えるケースもある

いざ雨漏り修理!保険が使えるケースもある

雨漏り修理には保険を使用できるケースもあります。以下では、雨漏り修理で保険が適用されるふたつのケースを最初に見ていきます。次に業者への雨漏りの調査依頼から修理までの流れをご紹介していきます。雨漏りの調査・修理をおこなう場合には事前に知っておく必要がある内容となりますので、確認していきましょう。

ケース1.自然災害が原因で雨漏り

雨漏りしてしまった原因が大雨や自然災害だった場合は、火災保険の風災補償というものが適用されます。この補償が認定されるためには、各火災保険会社で定義の確認をする必要があります。以下で大まかな判断基準をご説明いたしますのでご確認ください。

○雨漏りで火災保険が適用されるケース
台風や暴風などの自然災害で雨どいが破損し、雨漏りが起きてしまった場合には火災保険が適用されます。また、雪の重みで雨どいが曲がってしまった場合に関しても適用されます。

○雨漏りで火災保険が適用されないケース
屋根など、家屋の経年劣化が原因で雨漏りが起きた場合には火災保険は適用されません。また、リフォームをおこなったりソーラーパネルを設置したりした場合にも適用されません。

ケース2.築10年以下の住宅での雨漏り

築10年以下の住宅の場合、住宅瑕疵(かし)担保責任保険という保険が適用されます。この保険は購入時すでに築10年を超えていた場合には対象外となりますので、入居時の情報を確認する必要があります。

築10年未満の住宅で雨漏りが起こるとなると、そもそも入居時に住宅になんらかの欠陥があり、それが原因となって雨漏りが起こったおそれも考えられます。そのため、この保険を適用すれば修理の費用を保険適用でまかなうことができるのです。

業者への雨漏り調査依頼から修理までの流れ

雨漏りが起きている場所を自分の力だけで確実に見つけるのは至難の業です。なぜなら、屋根の上などの高所に登らなければならない場合もありますし、何箇所かで雨漏りが起きている場合すべての侵入口を発見しなければ解決に至らないからです。

しかし、業者であればあらゆる解決策をとることができますので、確実に原因を突き止めてくれるはずです。雨漏りの調査はプロである業者に依頼するようにしましょう。

1.現地調査
雨漏りが起きている旨を業者に相談したら、まずは現地調査がおこなわれます。この段階では前述した通り、目視調査や散水調査で原因を究明します。

2.原因特定
雨漏りが起こっている場合、原因がひとつとは限りません。そのため、ベランダにひび割れている場所がないか、また屋根は劣化していないかなど、より綿密に調査を進めるのです。現地調査の時点で、複数箇所で雨漏りが起きているのを確認できたら、発光液や赤外線サーモグラフィーなどを活用して原因を特定します。

3.見積りの算出
現地調査をおこない原因が特定されたら、見積りを出してもらいましょう。納得のいく費用で見積りがでたら、雨漏り修理が始まります。費用やサービスに納得するには、複数の業者で見積りをとり、それぞれの内容を比較するのがおすすめです。

雨漏り被害の程度によってかかる時間は異なってきますが、上記の工程をふまえると、雨漏りの調査や修理を業者に依頼するとおよそ3~14日ほどかかります。現地調査だけでも1日かかる場合がありますので、雨漏りによる被害が悪化してしまわないよう早めに業者に依頼をしましょう。

頼れる雨漏り修理業者の見分け方

雨漏りの調査を業者に依頼するとなったら、十分な調査をおこなってくれるかどうかを確認しましょう。見積りをとる時点で必要な修復・修理を把握でき、それに見合った費用となっているかを確認する必要があります。また、雨漏り修理で欠かせない、散水調査をおこなってくれるのかも判断基準にしておくとよいでしょう。

雨漏りに関してなにも知識がない方に対しての説明や修理の内容をきちんと丁寧におこなってくれるかも確認しましょう。対応や受け答えの親切さも優良な業者かどうか見分けるポイントのひとつとなります。

雨漏りの調査・修理後には充実したアフターフォローがついていると安心できます。たとえば、修理後になんらかのトラブルが起きた場合、迅速に対応してくれるかを確認しておくとよいでしょう。アフターフォローが充実している業者は、見やすい報告書を用意してくれたり、定期的な点検をおこなってくれたりします。

雨漏りが起きやすい原因を知ろう

雨漏りが起きやすい原因を知ろう

雨漏りが起きるにはいくつか原因があります。たとえば、屋根が劣化していたりベランダにひびが入っていたりすることで、雨水が漏れ出してきてしまいます。原因になりそうな箇所を知っておけば早期解決につながりますので、ひとつずつ見ていきましょう。

1.屋根の劣化

屋根には棟板金(むねばんきん)という雨漏りを防ぐ金属が設置されています。屋根のてっぺんにかぶせてあるため、ここが劣化により剥がれてしまうと雨漏りが起きる原因になってしまうのです。

また、屋根には瓦の隙間を埋めるために漆喰(しっくい)という素材が使用されますが、この部分が崩れてしまうことによっても雨漏りが起こってしまいます。

2.劣化によってできた隙間

劣化による隙間は複数箇所にできます。たとえば、外壁と防水シートの間にはシーリングといって隙間を埋める作業がされます。このシーリングが劣化してしまうことによって、雨漏りの原因となってしまうのです。

劣化は、地震などで建物が揺れてひびが入ってしまう場合や、経年劣化が原因となって起こります。

3.ベランダのひび割れ

洗濯物を干す際など、出入りが多いベランダは年数を重ねるごとにひび割れてしまうおそれが高くなります。ベランダのひび割れは、進行すると塗装してあるトップコートが剥がれてしまいます。このトップコートは雨の侵入対策となる防水層を守る役割をしているのです。

トップコートが剥がれることにより、その下にある防水層の劣化が進んでしまいます。そうなると、最終的には防水層までひび割れてしまいます。防水層の劣化は日光に当たるなどが原因で進んでいきます。

4.給水配管からの水漏れ

外壁と防水シートを突き破って設置されているため、給水配管周りは非常に隙間ができやすい構造になっています。その隙間に雨水が入り込むことによって、雨漏りが起きてしまうのです。給水配管からの水漏れは結露が原因となる場合もあります。結露は、給水配管の内部と外気に温度差ができることにより起こります。

屋根やベランダなどに劣化が見られる場合には、必要な補修や修理をして雨漏りを防ぎましょう。また、雨漏りの原因がわからない場合は早めに業者に連絡するようにしましょう。

まとめ

雨漏りの調査を業者に依頼すると、散水調査や赤外線サーモグラフィーなどさまざまな方法で原因を見つけ出してくれることがわかりましたね。ベランダや屋根がひび割れていたり劣化していたりすることで雨漏りは起きてしまいます。調査で原因を明確にし、雨漏りを再発させないように対策をとるようにしましょう。

雨漏りの調査や修理に関しては、弊社の“雨漏り修理110番”にご依頼ください。弊社は24時間365日お問い合わせに対応することができます。緊急時でもご利用していただけますので、深夜でも早朝でも遠慮なく現状をお聞かせください。

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで