最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

屋根からの雨漏りはなぜ起こる?

夏はゲリラ豪雨が多いですが大雨による被害には、あわれてはいないでしょうか?
雨は人にだけでなくみなさんの住宅にも被害を及ぼすことがあります。なかでも雨漏り被害はどこの家庭でもあわれる可能性があります。
築年数が古いほど雨漏りはしやすくなっており、特に直接雨や風によるダメージを受ける屋根からの雨漏りが多いとされています。
今回は雨漏りが発生しやすいところや原因、また雨漏りが起きたときどうすればよいのか説明していきます。

屋根の雨漏りはすぐ直しましょう



▼雨漏りはこういうところで起こりやすい

雨漏りの発生箇所としてまず1つ目にあげられるのが棟板金や釘の浮いた部分です。浮いた部分から雨が入り込んでしまうためです。
次に、スレート屋根のひび割れです。スマートなデザインで、洋風な見た目の建物には最適なスレート屋根。しかし大雨や暴風によりスレート屋根にひびが入ってしまうと、そこから雨が浸入し雨漏りの原因になることもあります。
昔ながらの瓦のある家では、漆喰の崩れ、瓦の割れやずれにより雨漏りが起こってしまうこともあります。

次に雨漏りの発生場所としてもっとも多いと言われるのが谷樋です。谷構造になっているため屋根の排水機能をもっているのですが、構造上雨水や雪が集中するため雨漏りの原因となる可能性もあります。

また、ベランダも雨漏りの起こりやすい場所です。ベランダは屋根や外壁などと同じく外にあるため、台風の影響などで雨や強風を受け、状態が悪くなりやすい箇所です。そのため屋根などと同じように雨漏りが起こってしまうというケースもあります。

他にも、雨漏りを防ぐ役割である外壁のコーキングがひび割れ、中のシートが破れてしまった場合にも雨漏りは起こります。このような場合には通常コーキング工事や外壁塗装を行います。
このように屋根やベランダ、外壁など自然の影響を受けやすく劣化しやすい部分が雨漏りの起こりやすい場所となっています。

▼雨漏りが起こる3つの理由

まず1つ目は瓦の割れやずれによる雨漏りです。
瓦屋根はただ屋根に瓦を敷いているのではなく、瓦の下に防水シートを張ってあるのが一般的です。防水シートの下には野地板と呼ばれる板があります。そのため台風被害などにより瓦の下から雨が入り込んでしまったとしても、防水シートを張ってあるおかげで野地板に雨がしみこむのを防いでくれます。

しかし、瓦が割れたりずれたりして防水シートがむき出しになってしまった場合、日射や雨風により防水シートが傷んでしまうことがあります。そしてその傷んだ部分から雨水が浸入し雨漏りが起こってしまうため、瓦が割れてしまった際にはすぐに葺き替えることが大切です。

2つ目の理由は雨どいなどの詰まりです。
雨どいが詰まることによって雨水が流れなくなり、溜まってしまった雨水によって雨漏りが起きます。雨どいが詰まる原因として、雨どいに落ち葉が溜まってしまったり、鳥が雨どいに巣を作ってしまったなんていうケースもあります。

雨どいの詰まりによりあふれた雨水が瓦の隙間に入り込み、1つ目の理由であげたケースに繋がることもあるのです。
雨どいは高い位置にあり自分でメンテナンスを行うことは大変ですが、脚立などの足場を用意し定期的にメンテナンスを行うことで雨漏りを防いでいきましょう。

3つ目の理由は棟瓦のずれです。
瓦のある昔ながらの家には必ずと言っていいほどある棟瓦。これは棟土という粘り気のある土を敷いてその上に棟瓦を置くことで固定されているものです。しかし長く使用し耐用年数を超えることで棟土が劣化し粘り気を無くしてしまうことがあります。そうすると棟瓦がしっかりと固定されなくなり、雨漏りの原因である棟瓦のずれが起こるのです。
棟瓦のずれは雨漏りの原因になるだけでなく瓦が落下してしまう恐れもあるため、すぐに適切な処置が必要となります。


▼雨漏りが起きたらすぐに直しましょう

雨漏りは、雨が止んだり溜まった水が漏れきってしまえば止まります。そこで安心し、今は忙しいから雨漏りの工事はとりあえず後日でいいと思ってしまう人も中にはいると思いますが、それはとても危険な考えです。

1度でも雨水が屋内へ入り込んできた時点で、普段水のつくはずのない天井や壁に水がつき、傷みの原因やカビやシミの原因になります。雨水や湿気により電化製品が故障してしまうこともあります。一般的には雨漏りの修理は雨漏りの原因となる箇所を修理するものです。しかしシミやカビなどが発生してしまうと雨漏りを直す作業以外の修理も必要となってきます。放っておけばおくほど雨漏りの2次災害はひどくなるため修理の費用もどんどんかかってしまいます。

天井にシミはできたけどシミくらい困らないという方も要注意です。見た目にはシミができているだけでも、雨水により内部が腐敗し天井だけでなく壁や柱も弱り最悪の場合リフォームが必要となることもあります。

また、天井から雨漏りし、それに気づいた時よりももっと前から天井裏へ雨漏りしていたというケースもあるそうです。そのため気づいたときすぐに工事しても天井裏がカビだらけだったり腐食が進んでしまっていたり、なんてことが起こる場合もあるため、早期発見、早期修理を行うことが大切です。


▼修理をする際は信頼できる業者に依頼しましょう

信頼できる業者へ相談!
雨漏りのプロへ修理を依頼しようと思っても、どの会社へ頼めばよいのか判断しにくいですよね。雨漏りの修理をしてもらったはずが、時間が経つとまた雨漏りしだしてしまったというケースがあります。これは、雨漏りの原因を見つけ修理してもらっても、実は違う部分からも雨漏りをしていて修理しきれなかったということがあるからです。雨漏りの原因究明が難しいということも原因の一つです。

強風などによって家屋が破損し、それが原因で雨漏りするようになってしまった場合、火災保険が適応されれば無料で修理をしてもらえます。しかし火災保険が効く場合でもその案内をせず、修理費を実費で請求する業者もあるため注意する必要があります。雨漏りの修理には様々な方法があります。修理方法を事前に調べておいたり、火災保険のことや、修理費の目安など修理に関する知識を持って業者を選ぶことが大切です。


▼まとめ

雨漏りは屋根や外壁、ベランダなど家の様々な部分から発生します。雨漏りに気づいたときにはすでに家の中には水が浸み込んでいる場合があります。時間が経つほどカビや家の傷み、腐食が進んでしまい雨漏りの修理だけでは済まなくなってしまうこともあります。
被害を大きくしないためにも雨漏りに気づいたときにはすぐに修理し、雨漏り修理のプロに調査や定期的なメンテナンスもしてもらうと良いでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで
  • 0120-251-699
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼