雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 屋根の防水シートで雨水から家を守ろう。ルーフィングの注意点

屋根の防水シートで雨水から家を守ろう。ルーフィングの注意点

屋根の防水シートで雨水から家を守ろう。ルーフィングの注意点

ルーフィング(防水シート)の劣化や破損により雨漏りが発生した場合は取り換えが必要になります。なぜならルーフィングとは、屋根材だけでは防げなかった雨水の侵入を防ぐための防水シートだからです。当記事では、ルーフィングの役割や種類、雨漏りが発生したときの対処方法まで紹介していますので、参考にしてみてください。さらに、修理業者の選び方や費用相場についても紹介していきます。

ルーフィング(防水シート)とは

ルーフィングとは、防水建材として使われるシートの名称です。屋根は簡単に分けると3層になっており、外から見ることができる「屋根材」、次が「ルーフィング」、一番下が「屋根の下地」になっています。

屋根は2段階の防水層、屋根材(瓦など)とルーフィングで、雨水の侵入を防いでいます。外に見えている屋根材で大まかな雨水を下に落とし、屋根材の隙間から入ってくる雨水をルーフィングが防いでいるといったものです。そのためルーフィングは、家に雨水が浸水しないための最終防衛ラインの役割をもっています。

このルーフィングにも寿命があり、使っている材料によって違いはありますが、早いもので10年ほどと言われています。一方、長いもので30年と言われているものもありますが、天災などで屋根に損害があった場合は、寿命よりも早く傷んでしまうこともあるでしょう。また、ルーフィングにはさまざまな種類や特性に違いがあります。雨水から長く家を守るために、「ルーフィングを長持ちさせたい……」という方は、まずは性能の違いを知っておくのもおすすめですよ。

さまざまな防水建材・ルーフィングの種類と特性

瓦などの屋根材に隠れているルーフィングは、普段目にすることも少なく、種類や特性の違いをご存知の方は少ないかと思います。ここでは、代表的な5つのルーフィングを例に「違い」について解説していきます。

透湿ルーフィング:耐用年数50年程度

防水テープの選び方

透湿ルーフィングの最大の強みは、雨漏りを防ぐことはもちろん、湿気を外に逃がしやすいことです。ルーフィングの内側には、野地板(木材部分)とよばれる屋根の基礎部分があります。雨漏りが防げていたとしても、万が一湿気がこもるようなことがあれば、基礎部分に腐食が起きてしまい、家に深刻な被害を与えるおそれもあるでしょう。そのため、湿気に強い透湿ルーフィングは、直接的な雨漏りだけでなく、腐食の被害からも長期的に家を守ることに役立っているのです。

アスファルトルーフィング:耐用年数10年程度

名前のとおり、道路に使われているアスファルトと同様の成分を、防水シートに染み込ませてあるのが特徴的です。また、安価でありながらアスファルト自体の防水性能が高いため、ルーフィングとしての役割には定評があり、もっとも一般的なルーフィングになります。

基材不織布ルーフィング:耐用年数30年程度

基材不織布ルーフィングとは、防水シートのベースが布だけで作られているのが特徴的です。紙ベースの安価な防水シートに比べ高価ではありますが、破れにくく建物の形に合わせやすいメリットも持ち合わせています。

ゴムアスルーフィング:耐用年数30年程度

改質アスファルトルーフイングとも呼ばれる「ゴムアスルーフィング」は、上記で説明したアスファルトルーフィングの改良版です。アスファルトに加え、合成の樹脂や合成ゴムを混ぜ合わせて作られています。そのため、伸縮性にたけており、釘やタッカー(針で固定するための道具)で、ルーフィングを固定する際にできる穴からの水漏れを防ぎやすくなっています。また、低温や高温にも強く地域の気象にあまり左右されないのも特徴のひとつです。

高分子系ルーフィング:耐用年数15年程度

ナイロンやポリエステルといった合成繊維を防水シートに配合しているのが高分子系ルーフィングになります。原料が合成繊維でできているため非常に軽く、防水性能自体はゴムアスルーフィングに劣らないとされています。また、合成繊維がベースとなっていることで、目的に合わせた多様な防水シートを作り出すことが可能です。たとえば、湿気を逃がすことや熱を反射しやすくなる遮熱性の高いルーフィングなど、目的に合わせてさまざまな特性を付加することに成功しています。

ルーフィング選びの4つのポイント

ルーフィングシートの種類は多く、特徴はわかったけど結局どれを選んだらよいのか自分ではわからないという方も多いはずです。そこで、ルーフィング選びで失敗しないために、「これだけは抑えておきたいポイント」を以下にまとめてみました。それぞれのポイントを考慮して、自分のお住まいに適したルーフィング選びの参考にしてみてください。

性能の違い

ルーフィングの種類と特性

ルーフィングは種類によって特徴に細かく違いがあります。しかし、知識がないとあまりその差がわからないかもしれません。そこで、素人でも性能の違いが比較的わかりやすい、以下の3点に注目するのがおすすめです。

透湿性
透湿性の高さは、屋根の基礎部分に湿気がこもることを防ぐ重要なポイントです。湿気がこもれば、それだけ基礎部分が腐食してしまうリスクがあがります。そのため、透湿性の高さは、屋根だけでなく家を長く守るという意味でも注目すべきポイントのひとつです。
止水性
止水性の高さとは、いわばルーフィングの伸縮性と言い換えることもできます。伸縮性のあるルーフィングであれば、タッカーを使用したとしても針を締め付けることができるため、隙間を作らず雨水の侵入を最小限抑えることが可能です。一方、止水性が低い場合、タッカーでできた穴の隙間が段々と広がってしまい、そこから雨漏りをおこすリスクがあります。
耐久性
耐久性の高いルーフィングは収縮を起こしにくく、寿命以外で変形することは滅多にありません。一方、耐久性が低ければ、日差しや雨によって収縮をおこしてしまうおそれがあるのです。そのまま収縮を繰り返せば、寿命よりも早く劣化してしまうことは避けられないでしょう。

コストと寿命

ルーフィング選びの際、注意しなくてはいけないのが、コストばかりに気を取られることです。費用を抑えるために、寿命や性能に妥協してしまえば、それだけ早く雨漏りが発生してしまうリスクもあるのです。

長期的にみたとき、メンテナンスの回数が増えたことで「余計にコストがかかっていた……」なんてこともあるかもしれません。ルーフィングを選ぶ際は、かかる費用とおおよその寿命を考慮して、選ぶ必要があるでしょう。

地域の気象

家の立地条件や地域によってルーフィングの耐用年数は変わってくるとされています。これは、立地による日差しの影響の違い地域による気象(雨や雪など)の違いが原因です。ルーフィングによっても向き不向きがありますので、何か疑問があれば施工の前に業者に相談してみることをおすすめします。

屋根の形状

ルーフィングをタッカーで固定する場合、屋根の形状によっては固定する箇所が増えてしまいます。当然、ルーフィングにできる穴の数も多くなりますので、その分雨漏りのリスクも高まってしまうのです。屋根材の形状を考慮して、雨漏りに対して問題はないか、事前に業者とよく相談するのがよいでしょう。

ルーフィングの補修内容

ルーフィングの補修には大きく分けて2つの方法があります。貼り方によって防水性にも違いがありますので、あらかじめ知っておくとよいでしょう。以下に具体的な施工方法を解説しています。

タッカーで留める

ルーフィングの上からタッカーで下地に打ち付ける方法です。ルーフィングに穴を開けますが、日光によってルーフィングが溶けることで、できた穴をふさぎます。もちろん、穴を開けないにこしたことはありませんが、基本的に雨漏りの心配は必要ないでしょう。

ただし、施工には高度な技術が必要なため、信頼できる業者選びが大切になってきます。きちんとタッカーを打ち込むことができなければ、ルーフィングが一部分浮いたような状態になってしまうことがあります。万が一そのような状態になってしまうと、雨漏りが起こるおそれが非常に高いのです。

粘着式で貼り付ける

ルーフィングに穴を開けずに、下地に貼り付けられるのが粘着式の最大の特徴です。シールのように片面に粘着テープがついており、タッカーを使わずに設置することで、防水性能を高めています。ただし、前提条件として粘着式に対応したルーフィングである必要があり、タッカー留めよりもコストはかかってしまいます。

雨漏り修理の3つのポイント

雨漏り修理を考えたときに気になるのが費用ですよね。また、依頼するなら自分が信頼できる業者に頼みたいと考える方も多いでしょう。ここでは、雨漏り修理業者の選び方や費用相場を紹介しています。きちんと納得できる形で、雨漏り修理が依頼できるよう役立ててください。

修理業者の選び方

実績の有無を確認

「予想よりも費用がかかってしまった……」
「すぐに雨漏りが再発してしまった……」

このような失敗を避けるためには、自分に合った業者を選ぶ必要があります。あとで後悔することがないよう以下のポイントに気をつけてみてください。

業者のホームページを確認する
近年では、ホームページを準備している業者も珍しくはありません。ホームページを確認することで、だいたいの業者のイメージやこれまでの施工実績を知ることができます。信頼できる業者選びのひとつの指標になるのでおすすめです。

保証の内容に注目する
業者によっては、雨漏り修理にアフターフォロー(保証)をつけていることがあります。保証内容によって違いはありますが、一例として、一定期間内であれば無料で施工が受けられるといったものです。そのため、なんらかの不具合でふたたび雨漏りが発生してしまった際のリスクを大きく抑えることができるでしょう。また、無料で施工が受けられれば、余計な費用がかかることを避けることもできます。

相見積りをとる
依頼の際には、相見積り(複数の業者から見積り)をとることをおすすめします。雨漏り修理の相場を知り、自分が納得できる費用で雨漏り修理の依頼をすることが可能です。また、弊社ではお客様のお住まいの地域ごとに業者をご紹介することができます。相見積りの際には、選択肢のひとつとして弊社にご相談いただければと思います。

雨漏り修理の費用相場を知っておく

雨漏り修理費用は、被害の状況によっても変動します。冒頭でもお伝えしたとおり、屋根の構造上、防水シートが劣化している場合、屋根材も同様に劣化していることが考えられるからです。そうなれば、雨漏り修理に葺き替え作業も必要となり、想定した費用よりも上回ってしまうこともあるでしょう。

そこで、重要なのが雨漏り修理を依頼するに当たり、細かい費用相場をあらかじめ知っておくことです。ある程度の費用の目安をつけることが可能になりますので、依頼の前に必要以上に不安になる心配もありません。

費用をなるべく抑えるには

ルーフィングの交換となると基本的には、屋根材を取り外して中の防水シートを取り替える作業が必要になります。ただし、業者によっては瓦などの屋根材はそのまま使い、ルーフィングのみの交換をおこなってくれることがあるようです。通常、葺き替え作業では、古い屋根材も新調することになるので、コストを抑える意味では非常にお得な方法となります。

ルーフィングを設置するときの注意点

新築で家を建てる際は、雨に注意しましょう。ルーフィングの設置が終わっていなければ、野地板など家の基礎部分が雨ざらしになってしまい深刻なダメージを与えてしまいます。とくに、梅雨の時期と重なっているようであれば、業者に施工の進行状況を確認することが望ましいです。

まとめ

屋根の防水シートとして、ルーフィングは大きな役割を持っています。屋根材だけでは守り切れない雨漏りを防ぐ最終的な防衛ラインの役割をもっているからです。

また、ルーフィングは年数とともに劣化することは避けられないため、不具合が起きた場合は直ちに修繕しなければいけません。その際は、信頼できる業者選びが大切です。しっかりと自分が納得できる形で施工してもらうことが、大事な家を雨漏りから守ることに繋がります。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【雨漏り修理の防水・予防に関する記事はこちら】

防水工事の種類や費用の気になる情報まとめ|屋根の雨漏りも対応可能
コンクリートの防水塗装は雨漏り対策に効果的。短期間で施工完了!
屋根には防水シートが有効!貼り方や雨漏りを防ぐメカニズムを解説
FRP防水の特徴とメリット|意外と知らない防水工法
ベランダに雨よけ対策をしたい!洗濯物用の選び方と種類をご紹介
雨仕舞い(あまじまい)とは|防水との違い・雨漏り事例~解決策まで
屋根の鼻隠しは雨漏り防止に重要なもの!破風板との違いは傷みやすさ

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで