雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > ガルバリウム鋼板に欠点が?注意点とともにご紹介

最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

ガルバリウム鋼板に欠点が?注意点とともにご紹介

ガルバリウム鋼板に欠点が?注意点とともにご紹介

 

近年の外壁や屋根材には、ガルバリウム鋼板をよく使用されているのをご存じでしょうか?ガルバリウム鋼板は耐久性が高く、錆びにくいといったメリットばかりが世間では認知されています。もちろんガルバリウム鋼板にはそのような効果もあるため、外壁や屋根材としての性能はとても高いです。しかし、ガルバリウム鋼板には欠点がいくつかあります。

 

今回はガルバリウム鋼板の欠点をいくつかご紹介します。メリットだけでなく、デメリットにも目を向けることが重要です。設置する場所によって注意点もいくつかあるため、そちらもご紹介します。

 

 

ガルバリウムの特徴とメリット

ガルバリウム鋼板とは、外壁材と屋根材として使用される金属板です。55%のアルミニウムと43.4%の亜鉛、1.6%のシリコンでできており、アルミ亜鉛合金メッキ鋼板とも呼ばれています。とくに屋根として使用されることが多く、新築の住宅であればガルバリウム鋼板が使用されているかもしれません。ガルバリウム鋼板には欠点だけでなく、良い点もあるので先に紹介させていただきます。

 

●サビに強い

ガルバリウム鋼板は金属製ではありますが、とてもサビに強いです。サビは建築物に悪影響を及ぼすため放置しておく訳にはいきません。サビが原因で外壁が剥がれることや、ひび割れの原因にもなります。サビが目立ってしまうと美観が悪くなり、建築物の印象も悪くなってしまうため注意しなくてはいけません。

 

●長い耐久年数

ガルバリウム鋼板は耐久性が高く、犠牲防食機能もあるため酸性雨に強いです。海岸地域に設置されたトタンの場合は寿命が5~10年程と言われているのに対し、ガルバリウム鋼板は約10~20年と言われています。

 

●軽く、耐震性が高い

ガルバリウム鋼板は金属製にも関わらず軽いのが特徴的です。板の厚みも1~3mmほどでとても薄くできています。外壁に使用されることの多いサイディングと比べてみても、その軽さと丈夫さは圧倒的で、地震にも強い外装材と言われています。

 

ガルバリウム鋼板にはいくつかの欠点が・・・

ガルバリウム鋼板にはいくつかの欠点が・・・

 

ガルバリウム鋼板は錆びることがないからメンテナンスが必要ない。といった印象をお持ちの方はいらっしゃいませんか?先ほど紹介したようにメリットはいくつかあります。しかし、ガルバリウム鋼板にも欠点があるということも理解しておきましょう。それらを知っておくことで、設置後のトラブルを防ぐことができます。

 

●傷が付く可能性が高い

ガルバリウム鋼板は薄くて軽量です。それがメリットのひとつではありますが、傷付きやすいというデメリットにもなります。ガルバリウム鋼板の表面に傷が付いてしまうと、メッキが剥がれ、そこに雨や外気が直接当たってしまいます。これらは赤錆びの発生の原因にもなるため注意しなくてはいけません。傷が大きくなると最悪の場合は穴が空くこともあるため、早急に対処しなくてはいけません。

 

●断熱性、遮音性が低い

ガルバリウムには断熱性がほとんどありません。さらに熱伝導率も高いため、太陽熱の影響を受けやすいです。そのため室内の温度が上昇しやすくなってしまいます。遮音性が低いというのもガルバリウム鋼板の欠点ではないでしょうか。ガルバリウム鋼板はとても薄く、振動を伝えやすいです。施工時に吸収材を天井裏に敷き詰めることで防音対策をおこなっています。

 

●結露が起きやすい

ガルバリウム鋼板は住宅材のなかでもとくに結露が発生しやすいと言われています。その主な原因は断熱性を高めるためにおこなう施工です。ガルバリウム鋼板は隙間なく施工しなくては十分な断熱性を得ることができません。

 

一般的な住宅材であれば湿気が外へ逃げることのできるような工夫が施されています。そのため逃がさなくてはいけないはずの湿気が閉じ込められ、結露が発生してしまうのです。結露は住宅の腐食の原因にもなりかねません。対策を施すことで回避することは避けられますが、他の住宅材に比べて必要な手間が増えてしまうのです。

 

設置場所によって異なる注意点

ガルバリウム鋼板は屋根材としてだけでなく、外壁としても使用することができます。しかし、それぞれの設置場所によって注意点が異なるため理解しておきましょう。

 

屋根

●鉄粉の処理をしっかりとおこなう

ガルバリウム鋼板を施工する際は端部等を切断する必要があります。この際に鉄粉が発生し、それが屋根材の上へと落ちるため、この処理をしっかりとおこなう必要があります。処理を怠ると鉄粉が雨などの影響で錆びてしまうのです。そのサビがガルバリウム鋼板へと移ってしまいガルバリウム鋼板にもサビが発生してしまいます。早期発見ができれば中性洗剤などを使用することで落とすことができます。

 

●突風による被害に気を付ける

ガルバリウム鋼板をアンテナの屋根などに取り付ける場合もあることでしょう。この際に注意しなくてはいけないのが突風です。突風が起きてしまうとアンテナが倒れ、傷ができてしまう可能性があります。傷ができてしまうとそこからサビが発生する恐れがあるので注意してください。

 

外壁

●ぶつからないよう注意が必要

外壁に使用されているガルバリウム鋼板に多く見られるのが、すり傷やへこみです。外壁は普段の生活のなかでも接する機会が多いため、誤ってなにかをぶつけてしまうことが多々あります。ガルバリウム鋼板はとても傷に弱いため、このようなキズにも細心の注意を払う必要があるのです。

 

●防水気密層をしっかりと作る

外壁として利用する場合は、窓周辺の施工がとても難しくなります。防水気密層と呼ばれる下地との間に空気と水分の通り道を作る必要があるのですが、これをしっかりとおこなわなければ雨漏りに繋がる可能性があるため、注意しなくてはいけません。

 

効果的に使用するためにはメンテナンスを!

効果的に使用するためにはメンテナンスを!

 

ガルバリウム鋼板は錆びにくい素材ではありますが、メンテナンスを怠ると錆びてしまう可能性があります。そのため定期的に水で洗い流すようにしましょう。頻度は年に1,2回程度で良いです。晴れた日にガルバリウム鋼板全体に水をかけるだけで問題ありません。ブラシなどでこする必要もないため、比較的簡単におこなうことができます。

 

その際に軒下やバルコニー下など、普段あまり雨にあたらない場所は重点的に水をかけてあげると良いです。雨のあたらない場所には汚れが付着し続けるため、錆びの発生に繋がる可能性があります。高圧洗浄機などを使用してしまうと、水圧によって金属の隙間から漏水が起きる恐れもあるため使用は避けるようにしましょう。

 

海や川の近くにお住いの方は、塩害や酸性雨の影響を受けやすいため、1~2ヶ月に1回程水をかけると良いです。水かけをおこなうことで白錆びの防止になります。赤錆びの発生を防ぎたい場合は、専用の塗膜補修が必要になります。

 

まとめ

ガルバリウム鋼板には様々なメリットもありますが、いくつかの欠点もあります。屋根材や外壁は住宅にとってはとても重要なものです。メリット・デメリットを理解しておくことで材質を選ぶ際に参考にすることができるでしょう。定期的なメンテナンスをおこなうことで、ガルバリウム鋼板の欠点を補うこともできます。設置する場所にも気を付け、ガルバリウム鋼板の性能を存分に発揮させましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで