雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 総二階とはどのような家のこと!?特徴やメリット、徹底網羅しました

最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

総二階とはどのような家のこと!?特徴やメリット、徹底網羅しました

“総二階”。これから家を建てようと考えている人は、一度は目にしたことがある言葉ではないでしょうか?言葉からどのようなものかを想像することは、難しいかもしれません。しかし、総二階の住宅にはほかにはない大きなメリットや特徴があります。

 

総二階とはどのようなものなのか、総二階のメリットや特徴を知っておきたい、そう考えている人の悩みを解決するのが、このコラムの役割です。お伝えしていきましょう。さまざまな面で優れた特徴を持つ、総二階の家のことについて。ぜひ、参考にしてください。

 

 

総二階の家ってどんな家?

総二階とは、簡単にいえば一階と二階の面積が同じ家のことを指します。対して部分二階という言葉があり、こちらは一階が広く、二階が小さい家の造りを指しています。総二階の家は部分二階の家に比べて、同じ床面積でも土地面積が少なくすむという点も特徴です。

 

一階と二階の床面積が同じ、という総二階の家の構造。そのシンプルな造りゆえ「見た目が箱みたい」「デザイン性に欠ける」という意見があることは事実です。しかし、そのシンプルな構造がもたらすメリットが、想像以上に大きいものだとしたらどうでしょうか?

 

詳しくは次項で紹介していきますが、総二階の家には、多くのメリットとなる特徴が備わっています。耐震性の高さや、断熱性の高さ、気密性に優れているなどは、わかりやすい好例でしょう。部分二階の家に比べて、建築費用を抑えることができるのも魅力です。

 

見た目のシンプルさゆえに、もてはやされることの少ない総二階の住宅ですが、ほかの家の形にはない、多くの魅力があることは意外と知られていません。総二階のことを詳しく見ていくと、その魅力の奥深さに気づくことができるのではないでしょうか?

 

総二階の家にはこんなメリットがあります

 

前項で少し触れたように、総二階の家には、部分二階などのほかの家の構造にはない、多くのメリットが存在しています。これから家を建てる予定がある人は、知っておいて損はないでしょう。ここでは、総二階の住宅が持つメリットを紹介していきます。

 

建築面積が小さい

総二階のもっとも大きな特徴が、一階と二階の床面積が同じこと。上から下まで一貫して同じ面積なので、建築面積が小さくても問題なく家を建てることが可能です。土地選びの幅を広げることにもつながるでしょう。総二階の際立った大きなメリットといえます。

 

コストが安い

部分二階に比べて、シンプルな形の総二階の住宅は、建築にかかる費用を抑えることも可能です。外壁部分の凹凸が少なく、造作も少ない総二階は、その形状ゆえに建築費用の節約を図ることができるのです。土地同様にこちらも大きなメリットでしょう。

 

地震に強い

家がシンプルな構造のほうが、耐震性能は高いといわれています。家の形状が特殊なものや、外壁に凹凸があるものに比べて、総二階の場合は全体に均等に力がかかります。耐震性能を上げるための追加の施工も最小限で済むため、建築費用の節約にもつながります。

 

断熱性が高い

たとえば、ベランダや家から少し飛び出たような形状の部屋がある場合、その家の断熱性は下がってしまいます。凹凸の多い家は、それだけ外気に触れる表面積が増えるため、シンプルな構造の家に比べて断熱性が低くなってしまうのです。

 

総二階の家は、そのシンプルな構造ゆえに、断熱性能は高いといわれています。外観が“箱”のようにシンプルな総二階の家には、機能的な側面がたっぷりと集約されているのです。断熱性能が高いということは、総じて電気代の節約にも大きく貢献することでしょう。

 

防犯性が高い

“かくれんぼ”をするときに、鬼に見つかりにくいのは、どのような場所でしょうか?おそらく木陰や、アスレチックの中、建物の死角などでしょう。なるべく人目につかないところを選ぼうとするはずです。この状況は、そっくりそのまま家の防犯にも応用できます。

 

総二階の家は、シンプルな外観ゆえに建物の死角が非常に少なくなります。もし、かくれんぼをしたとしても、すぐに鬼に見つかってしまうでしょう。つまり、泥棒や空き巣が侵入しようとしても、すぐに見つかってしまう状況です。この点から、総二階は防犯性に優れているといえるでしょう。

 

雨漏りしにくい

雨漏りが発生する場合、その多くは屋根に空いた穴などが原因になるわけではなく、屋根材のスキマ、建物の継ぎ目などから侵入してきます。総二階はほかの家に比べて建物の継ぎ目、屋根材のスキマが圧倒的に少なくなります。雨漏りも発生しづらいでしょう。

 

また、総二階の住宅は、屋根いっぱいに太陽光発電パネルを取り付けることが可能です。こちらも総二階の大きなメリットのひとつといえます。部分二階のように、家面積の一部だけではなく、面積の全面を使うことができるのでとても効率的でしょう。

 

総二階の家には、上記のようにいくつものメリットが存在しています。見た目が好きではないから、個性が出ないから、そのような理由で選択肢からはずしてしまうのは、非常にもったいないでしょう。メリットを踏まえた上で、入念に検討してみてください。

 

シンプルな形だからこそ、あらゆる危険を回避できるのです

 

ときにシンプルすぎるともいわれる総二階の家の外観。確かに見た目はシンプルで飾り気がなく、凹凸が少ないぶん単調な印象を与えてしまうことは否めません。しかし、前項で述べてきたように、総二階の家にはさまざまなメリットがあります。そして、その多くは総二階のシンプルさゆえに備わっている特徴なのです。

 

近年、日本では地震などの自然災害が多く発生しているのは、たくさんの人がご存知のとおりでしょう。未知の危険に対して私たちができることは、予防をすることにほかなりません。耐震性能が高いといわれる総二階の住宅は、その点を一歩リードしています。

 

また、地震同様に回避できない自然災害が台風でしょう。強い雨風によって、家に雨漏りが発生してしまったという人は多いです。万が一雨漏りが発生してしまった場合、通常であれば業者に依頼をし、原因箇所を特定、修理の手順をとっていきます。

 

しかし、シンプルな構造の総二階であれば、その心配を最小限に抑えることができるのです。万が一雨漏りが発生したとしても、原因箇所の特定は容易でしょう。日本で起こりうるあらゆる危険を回避するために、総二階は最適の形の住宅といえるのです。

 

まとめ

総二階という言葉、これまであまり馴染みがなかったという人も多いのではないでしょうか?総二階の存在を知っておくことは、家を建てる上で欠かすことができません。部分二階の家とは大きく異なった、さまざまな特徴がある優れた住宅の形です。

 

建築面積が小さくてもよいことや、コストが安いこと、耐震性能が高かったり、断熱性能が優れていたりすることは、紛れもないメリットです。シンプルすぎる、とも表現される総二階の住宅ですが、その構造ゆえのメリットは確かに存在しているのです。

 

自然災害が多いといわれる日本にあって、構造上耐震性能に優れていることや、雨漏りに強いことは、大きなメリットといえるでしょう。これから住宅建設を考えているか人は、総二階か部分二階、どちらがよいかをしっかりと吟味したうえで、判断してください。

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで