雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > ソーラーパネルの屋根に雨漏りのリスクが?考えておきたい雨漏り事情

最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

ソーラーパネルの屋根に雨漏りのリスクが?考えておきたい雨漏り事情

 

近年では、一般家庭にも馴染み始めたソーラーパネル。太陽光で電気ができるという省エネ効果もあり、注目されています。しかし、ソーラーパネルは屋根に取り付けるため雨漏りの心配をされている方も多いのではないでしょうか?

 

取り付ける前に知っておきたい、雨漏りのリスク。もう取り付けてしまって、雨漏りしている!という方に向けて、このコラムではソーラーパネルのリスクと考えておきたい雨漏り事情についてまとめました。

 

 

ソーラーパネルの屋根に雨漏りのリスクがあるって本当?

省エネでとても便利なソーラーパネルですが、皆さんが心配しているように雨漏りのリスクがあります。そのリスクについて、知っていきましょう。

 

雨漏りのリスクが高いとされる理由

なぜ、雨漏りのリスクが高いのか。その理由として挙げられるのが、施行時にパネルを屋根に固定するために開ける「穴」です。パネルを設置する際に、架台を固定するため屋根の一番下にある「野地板」という板と垂木(野地板を支える木)を固定させなければいけません。

 

そして、必然的に野地板の上にある屋根材と防水シートに穴が開きます。屋根の構造は、屋根材と防水シートが2つセットになっています。この構造のおかげで、雨漏りから家を守ってくれています。

 

ソーラーパネルの施行時に穴を開けて、はめ込む際に隙間ができてしまったり、穴がずれていたりするといった施行不良があると、雨漏りするおそれが出てきてしまうのです。

 

穴開けなしの設置工法なら雨漏り回避も可能

ソーラーパネルを付ける際に、雨漏りしてしまうおそれがあることをお分かりいただけましたか。最近では、屋根に穴を開けずパネルを設置するという工法があります。穴を開けずに設置してもらえれば雨漏りの心配も薄れますね。

 

穴を開けない工法には、メリットもあればデメリットも存在しています。気になるメリット・デメリットとは何かをご紹介していきます。この工法は、穴を開けないため雨漏りの心配が少ないことや設置が簡単に済みます。しかし、架台やパネルの価格が高くついてしまいます。他には、屋根の老朽化の進み具合によって安定しづらい。なんてこともあります。

 

本来は、ソーラーパネルだけの価格で済むものが、塗装や屋根を変えなくてはいけない。というデメリットが生じてしまいます。便利なパネルですが、雨漏りはいやだ!と思う方が多いでしょう。穴を開けない工法を依頼する際には、知識を持った技術者がいる業者に依頼しましょう。

 

ソーラーパネルだけではなく、屋根全般に雨漏りのリスクがある

 

雨漏りの問題はソーラーパネルだけではなかったのです。最近の住宅の屋根は、平面で凹凸がないものが多く見られますよね。凹凸がないものを「ストレート屋根」と呼んでいます。

 

工事方法は従来型の家と違い瓦がないため、屋根の上から金具を直接ビスで止めるといった方法が主流とされています。比較的、簡単に済み時間もさほど掛からないでしょう。ではなぜ、雨漏りが起きてしまのでしょうか。

 

・工程が少ないため強風で屋根そのものが破損

 

という点が、雨漏りを引き起こす原因として挙げられます。他にも、前述で挙げたようにソーラーパネルの施行時、はめ込み作業の時隙間がうまれてしまうと雨漏りを引き起こすおそれがあります。なので、依頼する業者選びは慎重に。

 

屋根からの雨漏りに困っている!そんな方は雨漏りのプロに調査を依頼しよう

「雨漏りしている原因が分からない、なんとかしたい!」そんな方は、雨漏りのプロに調査の依頼を出してみるといいでしょう。私たちでは、見つけられない原因を探してくれます。

 

雨漏りの原因特定はプロに任せよう

プロに調査を依頼することによって、原因を特定してくれます。屋根から雨漏りいていると思っていても、じつはサッシ回り・外壁と屋根の接合部分からの雨漏りが原因ということもあります。このような原因であれば、素人で判断するのはとても難しいです。そのため、プロに調査を依頼することによって、迅速に原因を知ることができます。原因が分かることにより、対策を取ることもでき、早ければ早いほど雨漏りの被害からさようならできるでしょう。

 

しっかり対応してくれる業者か?自分の目で見極めよう

上記では、プロに調査を依頼することによって得られるメリットが分かりました。メリットは知れたけど、業者ってどう選べばいいの?と疑問に思う方も多くいらっしゃるかと思います。そこで、業者を選ぶ際に注目したいポイントについてまとめました。

 

まずは、比較サイトを見てみましょう。比較サイトを流しながら見てみると、大体の相場が分かります。そして、相場の料金と変わりない業者を見つけることが大切です。気になる業者が何社か見つけたときは、相見積もりを取ることをオススメします。

 

他にも、業者の口コミやホームページなどを見ると、どのような業者か判断がついて選びやすいでしょう。それでも、すこし不安だな……。と感じる方は、一度電話で問い合わせをしてみて、電話口の対応などを見るのも判断材料として役に立つと思いますので、お試しください。

 

ソーラーパネルの取付をする際に注目すべき施行業者の特徴

【比較1】メリットとデメリットを見てみよう

 

ソーラーパネルを取り付けたいけど、業者選びするときにどう判断すればいいか分からない!そんな方のために、注目すべき特徴を2つ挙げていきますので、業者選ぶにお困りの方ぜひ参考にしてみてください。

 

IDを持っている

「IDってなんのID?」と疑問に思われた方も多くいるかと思います。このIDとは、各メーカーが信頼を置ける業者に「施行ID」というものを発行しています。この施行IDを所持している業者は、パネルメーカーに信頼されている「証」なので安心して任せられるでしょう。

 

施行IDを所持している業者に依頼することも大事ですが、メーカーの営業スタッフとオーナーの3人で詳細を話しあい、その後に、専門家から説明を受け納得したら書類にサインをしましょう。

 

リフォーム瑕疵保険に入っている

「リフォーム瑕疵保険」とは、簡単に言ってしまうと加工保証です。この保険は、ソーラーパネルなどの施行をおこなう業者は、保険加入が国土交通省に義務化されています。なので、施行後に雨漏りになってしまった。そんな時に、業者から保証されます。

 

この保険に加入するには、基準が設けられており基準をクリアしなければ加入ができないという仕組みになっています。基準は以下の通りです。

 

・工事前に調査をおこない、劣化・不備が見られた場合は業務に補修を含めること

・屋根材を貫通させ穴が開いた箇所は、コーキング剤やパッキン、シーリング材などを使用して防水処置をすること

・外壁を貫通させる施行は、雨水などが入り込まないように、パネルに勾配を付けて、コーキング剤やパッキン、シーリング材など防水処置をおこなうこと

 

このような基準を満たしているため、保険加入している業者は安心して任せられるのです。

 

まとめ

今回このコラムでは、ソーラーパネルによる雨漏りのリスク。その他にも、ソーラーパネルの施行方法には2パターンあり、どちらもメリットやデメリットがあります。雨漏りの原因を特定したいときには、雨漏りのプロに調査を依頼しましょう。

 

プロに依頼をすることによって、私たちでは分からない原因を突き止めてくれ、雨漏り対策の可能になります。そして、依頼する業者をどのように選ぶかもとても重要になっていきます。ポイントに注目しながら、納得できかつ信頼できる業者に依頼を出すようにしましょう。

 

ソーラーパネルの施行を依頼するときも雨漏りの調査を依頼するときのように、業者選びを慎重におこないましょう。

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで