雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 雨漏りを雨上がりに確認するときのポイント!原因と修理について

最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏りを雨上がりに確認するときのポイント!原因と修理について

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

雨漏りの箇所は雨上がりに探してみよう!

雨漏りは放置しないで、すぐに修理しなくてはなりません。雨漏りを放置していると、建物が劣化してしまい腐敗してしまいます。また、湿度が上がることでカビやシロアリなどの害虫が発生する原因にもなるため、雨漏りを見つけたらすぐに対応することが大切になります。

そこで、本コラムでは雨漏りの箇所を見つける方法や放置するリスク、予防法などについて解説しています。

「もしかしたら、どこかで雨漏りが発生しているかも?」と感じる方は、是非参考にしてみてください。

雨漏りの箇所は雨上がりに探してみよう!

まずは、どこから雨漏りが発生しているかを調べる方法をご紹介します。雨漏りのチェックは雨上がりのタイミングでおこなうのがベストです。というのも、雨が降った次の日は雨漏りの被害が顕著にでるため、雨漏りの箇所がわかりやすいからです。

それでは早速、以下の箇所をチェックしてみましょう。

1.庇(ひさし)の傷みを確認

日よけや雨よけ目的で使われる「庇」は、外的刺激が多いという特性上、ダメージを受けやすい場所でもあります。庇と外壁部分のすき間から雨漏りすることが多く、放っておくと庇が腐食して崩壊してしまうこともあります。

庇にコケが生えている、ヒビがみられるという場合は雨漏りしているかもしれないので、しっかりチェックして雨漏りしていないか確かめましょう。

2.軒裏や軒先を確認

軒裏や軒先などは、確認しづらい場所にあることから、知らないうちに雨漏りしている傾向にあります。ここから雨漏りする理由としては、経年劣化によるものと考えられます。雨漏りしているかどうかはっきりわかりづらい場所でもあるので、梅雨シーズンなど雨のよく降る時期に確認してみましょう。

3.軒下のべニア版を確認

ベランダなど軒下の雨漏りも、よく発見されるケースです。こちらも長い年月による老朽化であることが多く、ひび割れによって劣化が表面にあらわれます。そのほかにも排水溝がつまっていたり、塗装がはがれていたりすると雨漏りが起きている可能性が高いので注意して確認しましょう。

4.カビ臭やシミを確認

雨漏りは水浸しになって困るだけではありません。雨漏りに気づかず放っておくと、カビが繁殖して異臭がしたり、シミになって残ったりすることがあります。「最近、なんだかカビ臭いな……」「こんなところにシミが!」という方は、付近の雨漏りを疑いましょう。

雨漏りが起きる原因ってなに?

これまで、雨漏りの見分け方や発生しやすい箇所などについてご紹介してまいりました。しかし、「頑丈に作られているはずなのに、なぜ雨漏りしてしまうのだろう?」と疑問に感じるという方もいるかもしれません。

ここからは、雨漏りが起きてしまう原因について解説していきます。

【原因1】防水層の劣化

雨漏りが起きる原因ってなに?

防水層とはコンクリートでできた屋根に設置している設備のことで、雨漏りを防ぐ役割をしています。防水層の寿命は10年程度ですが、メーカーの保障は5年ほどです。また、瓦などに設置する防水シートは15~20年程度で劣化します。これらが劣化すると水が染みこみやすくなってしまい、雨漏りを引き起こしてしまいます。

【原因2】屋根の塗装・コーキング

屋根の塗料に適していない材料を使用している、もしくは塗装後の詰めが甘いと雨漏りしてしまうことが多いです。また、外壁と屋根の隙間を埋めている「コーキング材」が劣化している場合もあります。

【原因3】樋でのつまりやサッシの劣化

樋とは、いわゆる「雨どい」と呼ばれる、雨水を下水へ流す設備のことです。雨どいにゴミがつまっており、本来は下水へ流れているはずの雨水が溢れてしまうと、雨漏りになってしまいます。また、窓枠に使われているサッシから雨漏りがすることもあります。サッシは時間の経過とともに劣化します。築年数が10年以上という場合はサッシをチェックしてみましょう。

【原因4】屋根の施行不良

「最近建てたばかりなのに雨漏りするのだけど……」という方は、施工に難があると思われるので、塗装業者に確認してみる必要があります。よく使われているコロニアル塗装を施した瓦の屋根は、比較的安価でさまざまな色合いを楽しめるのが特徴です。しかし、劣化したまま放置しているとひび割れが起こるため雨漏りの原因となってしまいます。

【原因5】トップライトや太陽光発電システムの設置

太陽光エネルギーを活用して発電をおこなうことができる「ソーラーパネル」。導入しているご家庭も多いのではないでしょうか。ソーラーパネルを屋根に設置する際、屋根とソーラーパネルが一緒になった「屋根一体型」と、屋根に穴をあけて取り付ける「屋根置き型」にわけられます。

屋根一体型ではそのまま取り付けるので雨漏りの心配は少ないですが、屋根置き型の場合屋根に穴をあけるため、雨漏りしてしまうかもしれません。

雨漏りの修理の日数・費用・保険について

さまざまな原因によって雨漏りが起こることがわかりました。原因と場所がわかったら自分で修理を実施してみてもよいでしょう。しかし、屋根からの雨漏りなど高所作業を自分でおこなうのは危険なので、なるべくプロに依頼することをおすすめします。

ここからは、業者に依頼した際の費用や日数などについて解説します。

業者に依頼した方がいい雨漏り

雨漏りの修理をすべて自分でおこなうとなると、さまざまな危険が生じる可能性があります。以下のような場合は業者へ依頼しましょう。

・作業場所が危険
屋根や天井などといった、とくに高所での作業は転落してしまうおそれがあります。屋根が斜面になっているとバランスがとりづらく作業がしづらいので、転んでしまったらそのまま勢いで落ちてしまうかもしれません。

バランスをとりづらいと事故のおそれがあるだけでなく作業がしづらいので、上手く修理することもがむずかしくなってしまいます。そのため、確実に修理をしたいのであれば雨漏り修理のプロである業者に依頼するのがよいでしょう。

・修理に時間がかかる

壁や床、ベランダなど作業する範囲が広い場合は自分でおこなうと抜け目ができてしまうかもしれません。また、すぐに作業が終わらず時間をあけてしまうと、雨が降ってきて、さらに雨漏りが悪化する可能性もあります。「自分ではすぐに直せないかも」と感じたら、業者へ依頼するのが賢明です。

・悪化する可能性がある

雨漏りしていると思っていた場所を修理してみたら、「じつは違う場所が雨漏りしていた……」ということも少なくありません。さらに、塗装をはがして水漏れ修理をおこなってしまうようなことをすると塗り忘れをしてしまい、雨漏りする場所が増えて被害が拡大してしまうこともあります。

業者に依頼して受けられる対応とは?

「自分で雨漏りを直すのはリスクが高い」とお考えの方は、雨漏り修理のプロである業者へ依頼するといいでしょう。業者へ依頼するメリットは以下のとおりです。

  • ・屋根や外壁にのぼって調査してもらうことができる
  • ・原因の特定をしてもらえる
  • ・雨漏りが修繕できたかを確認するために、散水調査の実施
  • ・写真や映像で調査内容が確認できる
  • ・アフター保証が適用される

雨漏りの修理の際は、正しい原因を抑えておかないと再発する可能性があります。また、高所や狭所での作業は修理をする際に危険がともなうこともあるでしょう。写真や映像で調査内容を確認できることで、本当に修理できたのかどうかをチェックすることもできます。

このような理由から、雨漏りの修理はプロである業者に依頼するのがおすすめといえます。

雨漏り修理にかかる日数

雨漏りを修理するのに要する日数は、場所や被害状況によって異なります。たとえば雨漏りしている箇所が一部分だけや、狭い範囲の修理であれば原因特定と作業日を合わせて2~3日程度です。屋根全体など、広範囲な作業は約1週間かかります。

保険が適用されるケースもある

雨漏り修理の費用は、火災保険が適用される場合もあるのです。たとえば落雷や暴風、積雪など自然災害が原因で屋根や瓦が破損して雨漏りがする場合、火災保険が適用されます。しかし、経年劣化やソーラーパネルの設置など、工事不良や自分自身で防げたであろうと判断される雨漏りには火災保険が適用されないので注意しましょう。

雨漏り修理でかかる費用相場

雨漏り修理の費用相場は、被害の大きさや被害範囲で大きく変わってきてしまいます。一般的な一戸建て40坪の場合でも約5~30万円とばらつきがあります。これは、雨漏り箇所の修理にかかる時間や業者の人件費などが大きく異なるためです。

そのため費用の詳細を知りたいという場合は一度、雨漏り修理をしてくれる業者に見積りの依頼をしましょうすることをおすすめします。まだ被害が小さければ、費用を抑えることにもつながります。雨漏り修理の費用は、被害を放っておくとどんどん高額になってしまうかもしれません。早急に対処することが大切です。

雨漏りを放置するリスクと予防法

「雨漏りしているけど、生活できる範囲だからいいか」と思っていると、突然被害に遭う可能性が生じます。ここからは雨漏りを放置するリスク、予防法についてご紹介しましょう。

雨漏りを放置するリスク

雨漏りを放置するリスクと予防法

雨漏りを放置すると、住宅のさまざまな箇所が傷みます。たとえば家全体に使われている木材や金属、ネジなどです。水分を含むことで劣化が進むことで倒壊、地震などの自然災害による影響も強く受けてしまいます。

ほかにも、ブレーカーや家電の漏電、感電のおそれ、木材家具の損失もしかねません。放置する期間が長ければ長いほど被害は拡大していくため、雨漏りを放置することは多くのリスクをともないます。

雨漏りを自分で予防する方法

雨漏りを対策するには、「こまめにメンテナンスをおこなう」のが一番です。屋根や天井など目につきづらい場所は、雨漏りに気づきにくい場所でもあります。「もしかしたら破損しているかも?」と意識しておくことが大切です。瓦の交換やひび割れなど、今現在、雨漏りはしていないものの「雨漏りしている危険性」があるものはあらかじめ対処しておきましょう。

まとめ

これまで、雨漏りが起きているか見分けるポイントや、発生する原因、業者を利用した方がいいケースなどについてご紹介してまいりました。

雨漏りは雨上がりに確認しやすいです。もしも雨漏りをしているのを発見したが、「これくらいならいいか」と放っておくと被害は拡大していきます。さらに、修理費用も高くついてしまうので、気づいた時点で修理するようにしましょう。

自分で直すのが不安な場合は、安全を確保するためにも業者へ依頼することをおすすめします。業者へ依頼することで、徹底的に雨漏りを修理することが可能です。

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで