雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 雨漏り補修|自分でできる応急処置3ステップ!業者依頼の費用相場も

最新情報・レポート

雨漏りに関する最新情報やレポートを皆様にわかりやすくお届けいたします。

雨漏り補修|自分でできる応急処置3ステップ!業者依頼の費用相場も

雨漏り補修|自分でできる応急処置3ステップ!業者依頼の費用相場も

『現在、お家が雨漏りして困っている』という場合は、早めの雨漏り補修が必要となります。なぜなら、雨漏りを放置していると悪臭やカビが発生する原因になるなど、さまざまな弊害が生じるからです。

もし雨漏りがみられる場合は、まず自分で応急処置をしてみましょう。応急処置では心もとないので、正確に原因をつきとめて正しい対処をすることで根本的な解決につながります。

本コラムでは雨漏り補修の応急処置方法についてご紹介しております。ぜひ参考にして正しい雨漏り補修のやり方を確認してみてください。

雨漏り補修!自分でできる応急処置3ステップ

雨漏りにお困りの方のなかには、「できるだけ補修は自分でおこないたい」と考える方も多いのではないでしょうか。ところが、安全に、徹底した雨漏り補修を初心者がおこなうのは困難です。しかし、応急処置であれば自分でおこなうことができるでしょう。

ここでは、雨漏り補修の応急処置を自分でおこなう方法についてご紹介します。業者への依頼を考えている方も、被害の拡大を多少は抑えることができますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.まずは雨漏りしている水への対処を

雨漏りしている場所を放っておくと、建材にカビが生えたり、耐久度が下がったりします。また、漏電が起きてしまうおそれもあります。水が落ちてくる場所には、バケツや洗面器を置くようにしましょう。雨漏りが窓際からみられる場合は、タオルや雑巾などを活用し、雨漏り箇所へ敷いて水分を染み込ませるとよいです。

もしご自宅の天井裏へ上れるようであれば、雨染み部分に給水シートを敷くのもおすすめです。

2.雨漏り状況をチェック

ご自宅の雨漏りがどのような状況であるかチェックしてみましょう。とくにチェックしておくべき項目は、以下の3つです。

・雨漏りがどこからしているか
屋根からなのか、ベランダからなのか、天窓からなのか、しっかりと補修するためにも、ご自宅の雨漏りしている場所を特定し、原因を追究することが大切です。

・雨漏り箇所は何カ所あるのか
リビングや窓際などの雨漏りは、日々目にすることも多く発見されやすいため、すぐに気がつく方も多いでしょう。しかし、外壁や屋根のひび割れといった気がつきづらい場所にも、雨漏りが起きているかもしれません。雨漏りによる被害が一カ所でも見つかったら、ほかにもないかどうか、確認しましょう。

・雨漏りは少量なのか
ポタポタと滴る程度の軽度の雨漏りの場合は、以下でご紹介する応急処置方法をチェックすることで、一時的に補修することができるでしょう。しかし、漏れている雨の量が多く、自分ではなんともならない重度の雨漏りの場合は、業者へ依頼する必要があります。

3.雨漏り箇所への応急処置

自分でおこなうことができる雨漏りの応急処置方法は、以下の3つです。

・ブルーシートを張る
どこから雨漏りしているかわからないときは、ブルーシートを全面的に張ることで応急処置となります。すき間から雨漏りしないように、ぴったりと壁に合わせて張り付けるようにしましょう。

・防水のアルミテープを貼る
雨漏りしている場所がわかる場合は、『防水テープ』とも呼ばれるアルミテープを使うと効果的です。しかし、すでに雨に濡れているところに貼ると粘着力が落ちてしまいますので、天気のよいときにおこないましょう。

・シリコンで補修する
シリコン、いわゆる『コーキング剤』を使って補修する方法です。雨漏りしている場所にシリコンを塗ることで、応急処置をすることができます。こちらもアルミテープと同様に、雨に濡れていると上手くコーキング剤を塗布することができませんので、乾いているときに塗りましょう。

自分でできる雨漏りの応急処置にはこのようなものがありますが、天井裏や屋根などの高い場所での作業は危険が伴います。さらに、上手く作業がおこなえていなかったり、あまり上手く処置ができていなかったりすると、雨漏りを防ぐことができません。

もし、雨漏り補修をおこなうことが困難であったり、自信がなかったりする場合は、すぐにプロへおまかせするとよいでしょう。

本格的な雨漏り補修をプロに依頼するべき理由

本格的な雨漏り補修をプロに依頼するべき理由

先ほど、雨漏りの応急処置方法についてご紹介してまいりました。雨漏りには自分で処置できる小さなものもあれば、屋根の経年劣化や気がつきにくいすき間などからのものなどがあります。ここでは、自分ではどうにもならない雨漏り補修をプロに依頼するとよい理由についてご紹介していきます。

なかには「雨漏りをプロに依頼するか、自分でがんばってやってみるか迷っている」という方もいるかもしれません。雨漏り補修をプロに依頼することで、以下のようなメリットがありますので、依頼することも考えてみることをおすすめします。

・正確な雨漏りの原因がわかる
自分では発見することのできなかった雨漏りの原因も、プロであれば徹底的に発見することができます。

・きちんとした補修や工事をおこなってくれる
自分で応急処置をおこなっても、また雨漏りが再発してしまうことがあります。また、状況が深刻であると施工や工事を自分でおこなうことは困難です。雨漏りを徹底的に補修するためにも、プロの技術を頼ることをおすすめします。

・迅速に対応してもらえるので、雨漏り被害を最小限に防ぐことができる
雨漏りを放置していると被害が拡大していくだけでなく、悪臭や漏電、カビの発生にもつながります。少しでも早く被害を防ぐためにも、迅速な対応が可能な業者に依頼しましょう。

雨漏り補修にかかる費用相場

ここまで、雨漏り補修の応急処置やプロに依頼するほうがよい理由などについて、ご紹介してまいりました。ただ、これまで業者に依頼したことがないという方のなかには、依頼すべき状況なのに、費用面から依頼に抵抗がある方もいらっしゃることでしょう。そのため、ここからは、実際にプロへ依頼した際に発生する雨漏り補修の費用相場をご紹介します。

雨漏りを防止するために、屋根の補修を考えているという方もいるかもしれません。基本的に屋根の補修は『屋根の部分的な補修』なのか『屋根全体の補修なのか』によって、費用が異なります。

屋根の部分的な補修にかかる費用
もし、屋根が部分的に破損・劣化している場合は、約1万円から5万円が費用相場です。屋根や瓦の差し替えであれば、1万円から5万円程度でおこなうことができます。ただし、足場を組む必要がある場合には、別途費用が発生することもあるため注意が必要です。

屋根全体の補修にかかる費用
屋根全体を取り換える場合は、約40万円から200万円です。やはり、部分的な補修に比べると、作業の手間やリスクから高くなる傾向にあるでしょう。屋根の種類や高さによって費用は変わるので、あらかじめ見積りを出してもらうことをおすすめします。

参考:建てて10年以内の新築住宅なら瑕疵(かし)保険が使える

瑕疵(かし)保険とは、住宅の品質などに不具合が生じたときの補修で使うことができるものです。雨漏りの補修が10年以内の新築住宅の場合、この瑕疵保険が適用されます。もし新築にお住まいで雨漏りの被害に遭われている場合は、住宅事業者に確認してみるとよいでしょう。

参考:火災保険が使える場合もある

火災保険の内容によっては、雨漏りが適応されることがあります。それは、補償のセットに『風災』が含まれている場合です。強風などによって雨漏りが発生している場合は、火災保険が対応できることもあります。業者と相談して適用されるか確認してみましょう。

より安く雨漏り補修をする3つの方法

より安く雨漏り補修をする3つの方法

雨漏り補修の費用相場についてご紹介してまいりました。雨漏りを放っておくわけにはいかないので、プロへ補修を依頼しようと考えている方もいるのではないでしょうか。よりお得にプロへ依頼するために、以下の3つの方法をご紹介いたします。

1.早い段階で雨漏りに対処すること

被害が大きくなる前に、雨漏り補修を依頼することです。被害が大きいと作業に必要な工程が増えるため、時間も費用もかかってしまいます。被害が深刻になる前に、業者へ依頼することで安く依頼をすることができます。

2.雨漏り補修の実績があり評判のよい業者を選ぶ

雨漏り補修に対する実績がある業者を選ぶことで、作業の確実性が高まるため、根本的な解決がしやすいです。ホームページに載っている実績や口コミを参考に、依頼を検討してみましょう。

3.相見積りを取る

雨漏り補修に対応している業者は数多く存在します。複数の業者に見積りを取ることで、より費用を抑えることができるかもしれません。「それぞれの業者に自分で依頼するのが面倒だ……」「雨漏りに対応してる時間がない……」という場合は、弊社のサービスが便利です。

雨漏り修理110番には、雨漏り修理に関して実績のある業者がいくつも加盟しております。ご依頼いただければ、ご希望に合った業者を手配させていただくことが可能です。また、加盟業者の多くは、お見積りや現地調査に要する費用がかかりません。雨漏り補修について何かお困りごとがあれば、ぜひご相談ください。

まとめ

これまで、雨漏り補修を自分でおこなう方法や、業者へ依頼する際のメリットについてご紹介してまいりました。

雨漏りの被害がまだ小さいようであれば、自分で応急処置をおこなうことができます。しかし、雨漏りの被害が拡大していくと危険です。自分ではどうにもならないほどひどくなってしまうと、場合によっては周囲の人々にとって迷惑となるおそれもあります。

自分ではどうにもならない雨漏りを見つけたとき、忙しくて雨漏り対策に時間を割けないときは、放っておかず業者へ依頼しましょう。被害状況にあった対策・工事方法をおこなってもらうことができます。相見積りを取る際や、ほかに何かご相談などがございましたら、お気軽に弊社へご連絡ください。お電話お待ちしております。

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで