雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > ベランダが雨漏りする4つの原因と修理費用の相場についてご紹介

ベランダが雨漏りする4つの原因と修理費用の相場についてご紹介

ベランダが雨漏りする4つの原因と修理費用の相場についてご紹介

ベランダから水漏れしている場合、まずはどの箇所が原因で水漏れしているのか、調査してもらいましょう。ベランダから水漏れする原因は複数存在し、プロでないと特定するのは難しいといわれています。

この記事では、ベランダから雨漏りする主な4つの原因や、業者に修理を依頼したときの費用相場についてお教えしますので、依頼するときの参考にしてみてください。

そのほかにも、ベランダの雨漏りを放置するリスクや、業者に来てもらうまでにできる対策方法についてもご紹介します。

ベランダから雨漏りする主な原因は4つ!

ベランダは、日々の雨風や紫外線などにより、劣化し続けています。ベランダから雨漏りしている場合、原因は複数存在しますので、まずはどこから水漏れしているのか調査を依頼しましょう。ベランダの水漏れ原因は複数ある中で、とくに多い4つの原因についてご紹介をします。

【原因1】ベランダの壁の劣化

ベランダの壁は、日々の雨風や地震の影響により、ひび割れてしまうことがあります。壁にひびが入ってしまいますと、雨が降った日にそこから雨水が侵入してしまいます。

大きなひび割れの場合、大掛かりな修理が必要になるおそれがありますので、小さなひび割れでも、見つけたら早めに修理をしてもらいましょう。

【原因2】排水口のつまりや劣化

ベランダに水たまりができている場合、ベランダの排水口がつまっているかもしれません。排水口がつまっていると、ベランダに雨水がたまり、下の階まで漏れてしまうことがあります。排水口のつまりは、枯れ葉やゴミなどが原因であることが多いので、つまりが起きている場合は取り除いてみましょう。

また、排水口が原因の場合、排水口周りの床が劣化していることがあります。排水口の周りは、日々水が通ることで劣化しやすい状態になってしまうので、防水層が剥がれて水漏れしてしまうことがあります。

【原因3】笠木の破損

意外と見落としがちなのが、笠木(かさぎ)の破損による雨漏りです。笠木とは、ベランダの壁を雨水や紫外線から守るため、頂部に施工されている仕上げ材のことをいいます。

笠木の素材は、木製や金属製などさまざまです。しかし、これらが古い状態ですと、雨水により内部や隙間などから腐食し、水漏れしてしまうことがあります。

【原因4】防水シートの劣化

ベランダの床にほどこされている、防水シートや防水塗装は日々の雨風により劣化してきています。劣化が進むと、ひび割れや剥がれなどの症状が現れ、水漏れしてしまうことがあります。

とくに、ベランダの床に物を置いていたり、植木鉢などを置いていたりしていると、床への負担が大きくなり、劣化を早めてしまう原因にもなってしまいます。

防水塗装の寿命は、約10年といわれていますので、10年以上そのままの状態である場合は、塗り替えが必要になるかもしれません。

ベランダの雨漏り調査は自分でおこなうには限界がありますので、詳しい調査はプロに依頼をしましょう。

ベランダの雨漏り修理や補修を依頼したときの費用相場

ベランダの雨漏り修理や補修を依頼したときの費用相場

ベランダからの雨漏りを修理する場合、水漏れしている箇所によって、修理内容や費用が異なります。修理内容ごとの費用相場についてご紹介しますので、業者に見積りを依頼するときの参考にしてみてください。

【調査費用】

・目視調査
目で見て、雨漏り箇所を調査する方法です。費用は0~5万円ほどかかります。

・散水調査
雨漏りが疑わしい場所に、水を流して調査する方法です。費用は5万円~20万円ほどかかります。

・発光調査
紫外線を当てると発光する液体を、雨漏りが疑わしい場所に流して調査する方法です。費用は10万円~25万円ほどかかります。

・赤外線調査
建物の温度を計測し、雨水が入り込んでいる場所や経路を探す調査方法です。散水調査と同時におこなうことで、水の通り道を温度差により見ることもできます。費用は、18万円~30万円ほどかかります。

【修理・補修費用】

  • ・防水層修理 …… 約3万円~10万円
  • ・床下地交換 …… 約15万円~20万円
  • ・コーキングのひび割れ補修 …… 約7万円~15万円(一般的な4平米のベランダの場合
  • ・コーキングの打ち替え …… 約16万円~21万円(一般的な2階建て住宅180mコーキング代のみの場合)

水漏れ被害の状態によって、防水層を剥がさなければいけない場合は、骨組みとなる部分を補修してから塗り直す必要がありますので、その分費用も高くなってしまいます。修理内容はもちろん、依頼する業者によっても費用が異なりますので、少しでも安く修理したい場合は、相見積りをして費用を比較してみましょう。

火災保険が適応される場合もある!

風災や雹災(ひょうさい)、雪災が原因でベランダから水漏れした場合は、火災保険が適応される場合があります。火災保険で認められるには、修理にかかる費用が20万円以上であり、修理が必要な状態から3年以内である必要があります。また、自分で申請する必要がありますので、代行することはできません。

火災保険の手続きは以下の通りです。

  1. 1.保険会社に連絡をし、申請に必要な書類を送ってもらう
  2. 2.申請書類、状況報告書、見積り書、被害箇所の写真を送付する
  3. 3.損害鑑定人がやってきて、調査をしてもらう
  4. 4.保険の対象になるか、補償する保険金額はいくらなのかを決定する

ベランダの雨漏りを放置するとどうなる?

ベランダからの水漏れ修理が面倒だからと、そのまま放置してしまうと、どのようなことが起きてしまうのでしょうか?

考えられる主な被害について3つご紹介をします。

【1】柱などの木材が腐る

雨漏りにより、木材に水がしみこんだ状態が続くと、腐ってしまうことがあります。目が届かない場所の木材も、このような被害が及んでいるおそれがありますので、知らない間に腐食がどんどん進んでしまっていることもあります。

木材が腐食してしまうと、耐久性や資産価値が下がってしまいますので、早めに原因箇所の修理をおこないましょう。

【2】カビが発生する

雨水が侵入すると、室内の湿度が高くなり、カビが発生してしまいます。カビは、人間の体に影響を及ぼすおそれがあるほか、壁紙などにも影響を与えてしまうことがあります。

【3】シロアリの被害に遭う

カビと同様、室内の湿度が高くなることで、シロアリが寄ってくることがあります。シロアリは、湿気の多い場所を好み、木材を好んで食べてしまう厄介な虫です。

シロアリの被害にあった場合、駆除だけでなく修繕修理が必要になりますので、結果的に費用が高くなってしまいます。

ベランダの雨漏りを放置するリスクは高く、目に見えない範囲で被害が深刻化しているおそれがありますので、雨漏りを見つけたら早めに修理を依頼しましょう。

修理業者が来るまでにやっておくべきこと

修理業者が来るまでにやっておくべきこと

ベランダの雨漏り修理を業者に依頼したら、これ以上被害が広がらないように、修理の日まで雨漏り対策をおこなってみましょう。簡単にできる方法が2つありますので、ぜひ試してみてください。

1.ブルーシートを使って雨水の侵入を防ぐ

予約日までの間に雨が降ってしまうと、再び水漏れしている箇所から雨水が入り込んでしまいます。水が入ってくる場所が分かれば、その部分にブルーシートをかぶせておきましょう。場所が分からない場合は、広範囲に広げておくと、予防することができるかもしれません。

2.雨水が落ちる場合はバケツを置いておく

すでに雨水が落ちてきてしまっている場合は、底に雑巾を入れたバケツを用意し、漏れてくる水をためておきましょう。バケツの下にブルーシートを敷いておくと、落ちてくる水滴の跳ね返りを予防することができます。

まとめ

ベランダから雨漏りしている場合、原因は複数存在しますので、まずはどこが原因で雨水が漏れてしまっているのか、調査しましょう。

雨漏りの調査は、自分でおこなうには限界があり、正しい原因を突きとめる必要があるため、業者に依頼をしなければいけません。

雨漏りの修理費用は、調査にかかる費用と、修理費用がかかります。業者によって費用も異なりますので、まずは見積りで合計金額を確認しておきましょう。

風災や雹災、雪災によって雨漏りしている場合は、火災保険が適応されることがあります。当てはまる場合は、手続きをおこなってみてください。

雨漏りの修理をおこなわず、放置し続けてしまいますと、カビの発生や木材の腐食などの影響が出るおそれがあります。雨漏りに気づいたら、被害に遭う前に修理を依頼しましょう。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで