雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 屋根の修理・リフォーム費用相場!業者の選び方や保険の手続き方法

屋根の修理・リフォーム費用相場!業者の選び方や保険の手続き方法

屋根の修理・リフォーム費用相場!業者の選び方や保険の手続き方法

屋根の修理をするなら、まずは現地調査を依頼しましょう。屋根の修理といっても、どのような修理やリフォームが必要なのかによって費用が大幅に異なるため、一度状態を確認してもらう必要があるのです。

この記事では、屋根の修理・リフォームにかかる費用の相場についてご紹介しますので、現地調査を依頼する前に大体の費用が知りたいという方はぜひ参考にしてみてください。そのほかにも、火災保険が適用される条件や修理業者を選ぶときのポイントについてもお教えします。

屋根の修理・リフォーム費用の相場

屋根の修理やリフォームを依頼する前に、気になるのが費用のことかと思います。大体でもいいから把握しておきたいという方は、今からご紹介する屋根の修理・リフォーム内容別の費用相場をぜひ参考にしてみてください。

●屋根の修理費用相場
・ひび割れ……約5,000円/枚
・瓦・屋根材の交換……約8,000~9,000円/枚
・漆喰の補修……約1万円前後/m
・棟の積み替え……約6,000円/m
・棟板金の撤去・交換……約5,000円/m

●屋根のリフォーム費用相場
・塗装……約40~100万円
・葺き替え……約100~250万円
・重ね葺き(カバー工法)……約70~120万円

屋根の修理・リフォーム費用は「屋根材代」や「人件費」だけでなく、「足場代」もかかります。足場代は高額になりやすく、15~30万円ほどかかるといわれています。

また、屋根の撤去・処分代など追加でかかる費用もあります。費用相場に差があるのはこのような追加費用のほか、使用する塗料の種類などが関係してくれるため、正確な費用を知るには現地調査を依頼して見積りを出してもらう必要があります。

依頼する業者によっても費用は異なりますので、費用をなるべく安く抑えたいということでしたら、複数の業者で相見積りをするとよいでしょう。見積りが届いたら、必ず何にいくらかかっているのか、見積り後の追加費用はあるのかを確認しましょう。

風災による屋根の損傷は「火災保険」が適用される!

風災による屋根の損傷は「火災保険」が適用される!

風災によって屋根の修理が必要になったという場合は、火災保険を使うことができます。ただし、火災保険を使うにはある条件が必要になるので覚えておきましょう。まずは火災保険が適用される症状や注意点について確認してみてください。

火災保険が適用される症状

火災保険を使うには、風災と認めてもらう必要があります。風災とは、台風・突風・雹・大雪などの自然災害のことをいいます。もし、風災で「瓦がズレた」「屋根が割れた」「雨漏りをした」などの症状がでたら、火災保険が適用されることがあります。

しかし、屋根の損傷が経年劣化によるものだった場合や、損害保険鑑定人による調査で認められなかった場合は火災保険が適用されないので注意しましょう。

火災保険を使うときの注意点

火災保険を使いたい場合、修理が必要になったときから3年以内に申請するのが一般的です。ただし、保険会社によって請求期限が異なる場合がありますのであらかじめ確認しておきましょう。すでに修繕してしまったという場合は、修繕前後の写真や見積書、罹災証明書などが揃っていれば請求できることもあるので一度聞いてみるとよいでしょう。

また、保険金は全額でるとは限りません。火災保険にはフランチャイズ方式と免責方式があります。フランチャイズ方式の場合、免責金額が20万円に設定されていることが多いため、修理費用が20万円を超えると全額支払われます。

しかし免責方式の場合、あらかじめ自分で設定している免責金額によって自己負担額が決まるので、一部支払いが発生してしまいます。

保険会社のプランによって異なりますので、どのように契約しているのか覚えていないとい方は一度保険会社に聞いてみるとよいでしょう。

火災保険の申請方法

火災保険を申請するときの流れについて簡単にご説明をします。

  1. 1.屋根の修理業者に見積りを依頼する
  2. 2.保険会社に連絡をして被災内容を伝える
  3. 3.保険の申請書類を記入する
  4. 4.保険会社の鑑定人に調査をしてもらう
  5. 5.保険が適用されると判断されたら保険金が確定する
  6. 6.屋根の修理業者に修理を依頼する

申請書類を準備するときは「保険金請求書」「事故状況説明書」を自分で記入するようにしましょう。「修理見積り書」「被害物の写真」は、見積りを依頼した際に業者に用意してもらってください。

信頼できる業者を見極める3つのポイント

屋根の修理・リフォーム費用は高額になりやすいため、業者選びも慎重になるでしょう。ここでは信頼できる業者の見極め方についていくつかご紹介していますので、依頼する前の参考にしてみてください。

(1)見積り書の内容が細かく書かれている

見積りの内容が大まかに書かれていると、何にいくらかかっているのか確認することができません。一式で書かれている場合は、その詳細を聞いてみるとよいでしょう。また、不明な工事項目があると思ったら、きちんと説明を受けて納得してから依頼するようにしましょう。

(2)実績がある

どんなに修理・リフォーム費用が安くても、実績がなければ信頼性は低くなってしまいます。ほかの業者と費用面で比較するのもよいですが、実績やサービス内容も確認してから選ぶようにしましょう。

(3)しっかり調査をおこなってくれる

見積りを依頼する場合、現地調査が必要になります。現地調査がすぐに終わってしまったり、簡単に見るだけで終わったりした場合は信頼性が低いといえるでしょう。念入りに調査をしてくれるのはもちろん、撮影した画像を見せながら説明してくれる業者だと信頼性が高いです。

屋根から雨漏りしていたら早めに修理を依頼しよう!

屋根から雨漏りしていたら早めに修理を依頼しよう!

屋根が損傷していると、屋根から雨漏りしてしまうことがあります。雨漏りを放置すると、建物の骨組みが腐食してしまうおそれがありますので早めに修理をおこないましょう。ここでは、雨漏りしているときの症状についてご紹介します。

1.天井にシミがある
一番分かりやすいのが天井のシミです。雨漏りが悪化すると、天井のクロスが剥がれてきたり、天井が剥がれてしまったりすることがあります。

2.家がカビ臭い
家がカビ臭い場合は、家のどこかで雨漏りしているおそれがあります。カビの臭いが気になるぐらいではまだ症状に現れていないことも多いので、この段階で原因箇所の調査や修理してもらうと被害を抑えることができます。

雨漏り修理は調査費用もかかるので注意!

雨漏り修理は、原因箇所の修理費用だけでなく調査費用も別でかかります。雨漏りの原因を特定するのはプロでも難しいため、一度徹底的に調査をしてから原因箇所の修理をおこなう必要があります。

調査方法は、目視調査・散水調査・発光液調査・赤外線サーモグラフィー調査があります。目視調査は無料でおこなってくれる業者が多いですが、そのほかの調査は費用がかかってしまいます。雨漏りの調査をしてもらうときは、あらかじめどのような調査方法でいくらかかるのか聞いてみるとよいでしょう。

まとめ

屋根の修理・リフォーム費用は「どのような作業が必要なのか」によって大幅に異なります。正確な費用を知るには現地調査が必要になりますので、まずは業者に調査を依頼してみましょう。

風災によって屋根が損傷してしまったという場合は「火災保険」が適用されることがあります。ただし風災であることが認められ、修理が必要になってから3年以内である必要があります。当てはまると思ったら、保険会社に申請をおこなってみましょう。

屋根の修理・リフォーム費用は高額になりやすいため、業者選びも重要です。ご紹介した3つのポイントを参考に、信頼できる業者を選ぶようにしましょう。もし屋根から雨漏りしているということでしたら、早めに修理をおこなってください。悪化すると、骨組みが腐食する原因にもなります。

雨漏りしている場合は、どこから雨漏りしているのか調査をする必要があります。特殊な調査が必要な場合は別で費用がかかるので注意しましょう。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで