雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 屋根の板金とは?種類や修理・工事方法、注意すべき劣化症状を解説

屋根の板金とは?種類や修理・工事方法、注意すべき劣化症状を解説

「屋根の板金が浮いているようだ。修理した方がいいのかな……」

屋根板金が劣化していることに気がついたら、早めに修理することが大切です。劣化していると、そこから雨漏りするおそれがあるからです。

このコラムでは、屋根板金の種類や工事方法について解説しています。そのほか屋根板金が劣化している場合の症状についても解説していますので、あわせてご覧ください。

もし、自宅の屋根板金がここで紹介しました劣化の症状に当てはまるのであれば、業者に相談することをオススメします。

屋根の板金とは屋根に設置された金属板

屋根板金とは、文字通り屋根に設置された薄い金属の板のことです。屋根板金には、おもに雨水の侵入を防止する役割や屋根材をつなぎ止める役割があります。そんな屋根板金には、おもに3つの種類があります。

ここでは、屋根板金の3つの種類をご紹介いたします。屋根板金について理解するときにお役立てください。

棟(むね)板金

棟(むね)板金

棟板金は、屋根の頂点に設置されている板金です。頂点では屋根と屋根が接していますが、その接している部分には、わずかなすき間ができます。そのすき間から雨水が侵入することを防ぐと同時に、屋根材を固定するために棟板金を取り付けます。

そのような役割がある棟板金は、くの字型をしており、ガルバリウム鋼板・ステンレス・銅などが多く使われています。

谷樋(たにとい)板金

谷樋板金は、ふたつの屋根が接して谷になっている部分に設置される板金です。屋根に降った雨水や雪は谷の部分に集中します。そのため、谷に板金を設置しないと、そこから雨漏りする可能性が高くなります。

谷樋板金の素材は棟板金と同様に、ガルバリウム鋼板やステンレスなどです。雨水や雪を集め、排水しやすいように谷樋板金は加工されています。

水切り金具

水切り金具とは、軒先など屋根の端に設置されている板金です。屋根の端にもすき間があり、そこから雨水が侵入するのを防ぐため、この水切り金具を設置するのです。

雨水の侵入を防ぐことを目的としていることから、水切り金具は設置する場所に応じて、L字型やT字型などの形状があります。

屋根板金の劣化症状|雨漏りの原因に

屋根の板金は雨水が入らないように設置されている重要な場所。雨漏りを予防するためには、できるだけ早い段階で屋根板金の劣化症状に気づくことが大切です。

ここでは、屋根板金のおもな劣化症状を3つご紹介します。屋根板金の劣化に早く気づくための方法にも触れていますので、あわせて参考にしてください。

釘浮きや剥がれ

板金が太陽の熱で温められると、膨張します。反対に夜になると気温が下がるため、板金は収縮します。その膨張と収縮を繰り返すことで、板金は変形し釘が抜けてくるのです。

釘が抜けると、板金は強い風などによって剥がれやすくなります。板金が剥がれると、屋根の木材に直接雨があたり、すき間から雨漏りする可能性が高くなります。

貫板の腐食

貫板(ぬきいた)は、屋根に使われている材料(瓦やスレート)をおさえるための板です。棟板金を貫板の上にかぶせ、釘を打ち込んで固定しています。

棟板金が変形するなどの原因で、使われている釘が抜けてしまうと、その穴から雨水が貫板のところまで侵入します。その結果、貫板が腐ってボロボロになり、雨漏りの原因となるのです。

サビの発生

発生したサビを放置しておくと、屋根板金は耐久性が低下し、やがてボロボロになります。ボロボロになって穴が開くと、そこから雨水が侵入し、雨漏りの原因となります。

定期点検を依頼しよう

屋根板金は高所に設置されています。そのため、釘浮きやサビの発生などが起きているかどうかを自分で確認すると、落下するおそれがあり危険です。

屋根板金が劣化しているかどうかを確認したい場合は、業者に定期点検を依頼することをおすすめします。定期点検の結果、釘が浮いている、貫板が腐食しているなどの症状が見られる場合は、業者に依頼して屋根板金を修理してもらいましょう。

「雨漏りが心配なので、定期点検をしてほしい」

そんなときは、ぜひ弊社にご相談ください。ご依頼いただければ、お近くの業者をすぐにご紹介いたします。ぜひ一度お電話ください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

屋根板金工事の内容と流れ

定期点検の結果、屋根板金工事をすることになった場合
「屋根板金は、どのように工事するのだろう?」
と疑問に思う方や心配になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな方のために、ここでは、棟板金の工事(葺き替え工事・カバー工法)の内容と流れを以下に示しましたので、ご覧ください。

・葺き替え工事の流れ

屋根材(スレートなど)がかなり傷んでいる、築年数が30年以上経過しているなど、古い屋根を取り除いて新しくしたいときにおこないます。葺き替え工事の手順は、次の通りです。

1.棟板金を外す
2.古い屋根材を剥がす
3.古い防水シートと野地板を剥がす
4.新しい野地板を付けたあと、新しい防水シートを敷く
5.新しい屋根材を付ける
6.新しい棟板金を取り付ける

・カバー工法の流れ

カバー工法とは、傷み方がひどくない古い屋根の上から、新しい屋根材を取り付ける施工方法です。この方法を使えば、葺き替え工事よりも短期間かつ低コストで、屋根板金を修繕することができます。カバー工法の手順を以下に示しました。

1.古い屋根を掃除する
2.既存の棟板金・谷樋板金・貫板などを取り外す
3.古い屋根の上に防水シートを敷く
4.新しい屋根材を防水シートの上に取り付ける
5.新しい棟板金などを新しい屋根材の上に取り付けて完成

ここまで読んで、屋根板金工事を業者に依頼しようと思った方は、ぜひ弊社にご依頼ください。ご依頼いただければ、弊社に加盟するプロの業者がすぐに駆け付けます。まずは一度ご連絡ください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

業者に依頼するときに知っておきたいこと

屋根板金の工事を依頼する前に、費用相場やポイントなどを知っておくとスムーズに業者を選ぶことができます。

ここでは、屋根板金工事の費用相場・業者を選ぶときのポイントや注意点について解説いたします。ぜひ、業者を選ぶときの参考にしてください。

屋根板金工事の費用相場

屋根板金工事の費用相場

屋根板金工事の費用相場は、約30万円です。その内訳は、次の通りです。
(約30坪の建物を基準とする)

・棟板金の取り換え:約3万円~約10万円
・足場の設置:約15万円
・足場やその周辺部分の保護:約4万円
・そのほかの経費:約3万円

ただし、これらの費用相場はあくまでも目安にすぎません。費用は、交換する板金の長さや状況などによっても変動します。正確な金額を知りたい方は、まずは業者から見積りをとることをおすすめします。

業者を選ぶときのポイント

業者を選ぶときのポイントは、以下になります。

・料金がホームページなどに明示されている
・創業してからの年数が長い
・アフターフォローが充実している
・相見積りをする
※相見積りとは、複数の業者から見積りをとって料金などを比較することです。

これらの基準を意識して、業者を選んでみましょう。

注意!業者によって施工できる屋根材が違う

業者によっては、金属製の屋根材だけしか施工しない、というところもあります。依頼された屋根材を取り扱うことができる職人さんがいない、などがその理由となります。

そのため、業者に屋根板金工事を依頼するときは、自宅に使われている屋根材に関する情報を事前に伝えるとよいでしょう。そうした方が、依頼もスムーズになります。

業者を選ぶときのポイントを見たけれども、屋根板金の修理をどの業者に依頼してよいかわからない……という方は、ぜひ弊社にご相談ください。お客様のニーズにあった業者をすぐにご紹介いたします。お気軽にご連絡ください。

【記載情報はコンテンツ作成時の情報です】
【掲載料金は消費税を含んでおりません】

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

【雨漏り修理の対処法に関する記事はこちら】

窓サッシのカビが気になる!それって雨漏りが原因かも?お助けコラム
屋根にはカバー工法と葺き替え工事どちらがおすすめ?比較しよう
イモビライザーキーの合鍵を作って紛失対策!対処時の注意点とは?
ポイントを押さえて雨漏り修理費用を抑える
カーポートの積雪は危険?雪おろしの正しい方法と補償保険について
雨漏り診断士ってどんな資格?業者の選び方や修理費用の相場をご紹介
雨漏りの応急処置で二次被害を防ぐ!その方法とは?
マンションの雨漏り、責任は誰に?トラブル回避のためにすべきこと
台風による雨漏りは多くのトラブルの原因に……自分でできる対策
雨どいのつまりはなぜ起こる?掃除方法と対策方法をお教えします!
ベランダが雨漏りする4つの原因と修理費用の相場についてご紹介
屋根の修理・リフォーム費用相場!業者の選び方や保険の手続き方法
瓦の漆喰|屋根からの雨漏りに補修工事は必要?プロの補修方法を解説

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで