雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > ベランダの屋根修理は必要?DIY方法・費用相場・保険について解説

ベランダの屋根修理は必要?DIY方法・費用相場・保険について解説

ベランダの屋根修理は必要?DIY方法・費用相場・保険について解説

ベランダの屋根が破損してしまったときは、放置するのは危険です。もし残った屋根の建材が強風にさらされれば、周囲に飛散してしまうおそれがあるからです。修理するか、屋根の撤去を検討することをおすすめします。

本記事では、ベランダ屋根の修理の必要性やDIYでの応急処置の方法について解説していきます。また修理費用に火災保険が適用されることがある場合や、業者に依頼した際の費用相場についてもご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

ベランダ屋根が破損した際の対処法

破損したベランダ屋根を放置してしまうと、周囲へ屋根材が飛散するおそれがあるだけでなく、ベランダの床面に雨水が当たり室内への雨漏りの原因にもなります。まずは自分で応急処置をして、それから修理か撤去をしましょう。この章では、DIYでの応急処置、屋根の全面修理や屋根部分の撤去について解説します。

対処法【1】DIYで応急処置

対処法【1】DIYで応急処置

破損したベランダの屋根には、破損部分に防水テープを貼り付けることで応急処置が可能です。破損箇所の汚れをきれいにし、雨水の流れる方向に逆らって貼り付けるようにするだけです。防水テープはホームセンターやネット通販などで、200円前後で手に入れることができます。

この応急処置は、屋根の破損部分が広がって風で飛ばされないようにするものです。破損がひどく、応急処置では対処できないときは無理に修理しようとしないでください。

またベランダの屋根に上るのは非常に危険です。作業中に重大なケガや事故につながるおそれがありますので、できるだけプロに任せるのが安全でしょう。

対処法【2】屋根全面修理する

ベランダの屋根の劣化や破損が全体に及んでいる場合は、業者に依頼して屋根材自体を交換してもらいましょう。劣化や破損部分だけ交換することも可能ですが、交換箇所が多くなる場合は、屋根すべてを交換したほうが安くすむことがあります。また一部を交換するよりも安全性が高くなることでしょう。

対処法【3】屋根部分を撤去する

屋根の全交換もよいですが、もし必要がなければ屋根自体を撤去するのもひとつの手です。あまりベランダを使わっていないような場合には、検討してもよいでしょう。ただし、ベランダに屋根がないと日光や雨が壁や窓に当たるといった不具合が出てくることもあります。

ベランダ屋根の修理が必要になりましたら、ぜひ弊社までご連絡ください。弊社では、お客様のご希望に沿った業者をお近くからお探しし、ご紹介するサービスをしております。お電話・メールでのお問い合わせは24時間365日受け付けておりますので、お気軽にご利用ください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

修理費用に火災保険が適用されることも

屋根が破損したとき、場合によっては修理費用に火災保険が適用されることがあります。その条件として当てはまるのは、以下のとおりです。

火災保険が適用される条件
・自然災害(台風や積雪など)によって破損した場合
・屋根が破損して3年以内の場合
・修理費用が20万円以上の場合

自分の不注意による破損や増改築工事中の破損など、人的な原因の場合は適用されないことが多いので注意が必要です。まずは保険会社に確認してみましょう。

適用される場合は、保険会社から保険金請求書と事故状況説明書を送ってもらいます。それと一緒に提出が必要となる書類もありますので、忘れないようにしましょう。

提出する書類
・保険金請求書
・事故状況説明書
・被害箇所の写真
・修繕費の見積書
・調査報告書

見積書や調査報告書は、修理を依頼した業者からもらうことを忘れないように注意してください。また、保険が適用されていないときに修理をおこなうと、保険が適用されない場合があるので気をつけましょう。

ベランダ屋根修理業者に依頼する【費用相場や業者選びのコツを解説】

ベランダ屋根の修理を業者に依頼する際に気になるのが、修理費用です。ここでは、実際に業者に依頼したときにかかる費用相場についてご紹介します。

また業者選びのコツについてもご紹介していきますので、優良な業者を探す際にお役立てください。

業者依頼した際の費用相場

業者依頼した際の費用相場

業者にベランダ屋根の修理を依頼した場合、部分補修や全体交換で修理費用が異なります。

・部分補修した場合の費用……およそ1万5千円~2万5千円
・全体交換した場合の費用……およそ5万円~20万円

上記の費用はあくまで目安になります。ベランダの屋根に使用している素材や屋根材の枚数によって異なるので、くわしく知りたい場合は業者から見積りを取りましょう。もしも雨漏りが心配だという方は、ベランダの床面のも一緒に点検してもらうのもよいでしょう。

修理業者の選び方

修理業者を選ぶ場合、相見積りを取ることをおすすめします。相見積りは、複数業者から見積りを取ることです。そうすることで、同じ作業内容でどの業者に依頼すれば費用が抑えられるか比較することが可能です。

また火災保険が適用できることを教えてもらえ、さらに申請も対応してもらえる業者を選ぶときに注目するとよいでしょう。業者であれば、修理経験豊富のため保険で対応できるかわかりますし、場合によっては保険の手続きをしてもらえます。

業者に原因調査などをおこなってもらい、相見積りの段階から火災保険が適用されるか相談してみるとよいかもしれません。ただし、火災保険の手続きによるトラブルが発生するおそれがあるため、申請実績がない場合は自分で手続きすることをおすすめします。

これら以外にも、口コミや業者の評判なども業者選びの参考にすることで、信頼できる業者を選べることでしょう。

もし業者選びでお困りになられましたら、弊社までご相談ください。弊社では、いくつものベランダ屋根の修理をおこなってきた業者をご紹介することが可能です。お電話・メールでの受け付けは、24時間いつでも可能ですのでご都合のよい時間帯にお問い合わせください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで