雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 屋根葺き替え工事で補助金がもらえることも!その条件や金額をご紹介

屋根葺き替え工事で補助金がもらえることも!その条件や金額をご紹介

屋根葺き替え工事で補助金がもらえることも!その条件や金額をご紹介

屋根葺き替え工事では補助金がもらえる可能性があります。すこしでもお得に工事をおこないたいなら、屋根葺き替え工事で補助金がもらえるかどうかの条件を確認しておきましょう。

補助金はどんな屋根リフォームでも適用できるわけではなく、条件に当てはまる場合のみ適用できるからです。また自治体によっても申請できるかどうかが異なります。まずはお住まいの市町村のホームページを確認しましょう。

この記事では補助金がもらえる条件や金額、また業者に依頼したときの費用相場についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

屋根葺き替え工事で補助金がもらえる条件

リフォームに関する工事で補助金が申請できるのは、耐震化・バリアフリー化・省エネルギー化・環境対策・防犯対策などに該当する場合です。

そのなかでも屋根葺き替え工事で補助金が適用されやすいのが、省エネリフォーム・耐震リフォームになります。

たとえば、断熱材を使用して断熱リフォームをおこなえば省エネルギー化となりますし、屋根材を軽量化すれば耐震リフォームとなります。ただし、この条件に当てはまるからといって、補助金が必ずもらえるわけではありません。

ほかにも、以下のような条件がありますので注意しておきましょう。

  • ・リフォームをおこなう建物が居住するための家である(店舗などは申請できない)
  • ・税金を滞納していない
  • ・補助金を実施している市町村内にリフォームする建物がある

このほかにも、施工をおこなう業者は市町村内の業者でなくてはならないなど、市町村によって条件が異なります。確認を怠らないようにしましょう。

屋根リフォームの補助金で負担してもらえる金額

屋根リフォームの補助金で負担してもらえる金額

屋根葺き替え工事での補助金の金額は市町村によって異なります。そのなかの一例として愛知県における、耐震改修工事費に対する補助金額は100万円となっています。また、市町村によっては高齢者への上乗せ補助もあるようです。

補助金を使って工事がしたい!とお思いの人はまずはプロへと相談しましょう。プロならば補助金の申請ができるような工事の提案をしてくれるはずです。

弊社では屋根葺き替えをおこなう業者を紹介するサービスをおこなっています。補助金がもらえる場合でも、もらえない場合でも、葺き替え工事を業者に依頼する場合はぜひ弊社までご相談ください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

屋根リフォームの補助金の申請手順

屋根葺き替え工事で補助金を利用するためには、市町村の規定に従って手続きをしなくてはいけません。手順を間違えると補助金が受け取れなくなるので、気をつけましょう。

必要な書類を準備する

必要な書類を準備する

書類のなかには用意するのに時間がかかるものや、費用がかかるものもありますので注意してください。主な提出書類は以下のようなものになります。

  • ・事前申込書
  • ・補助金交付申請書
  • ・住民票(コピー可)
  • ・納税証明書
  • ・家屋の登記事項証明書(コピー)
  • ・工事契約書(コピー)
  • ・工事見積書(コピー可)

このほかにも公示前の写真や家の見取り図が必要な場合もあります。補助金の申請に必要な書類は自治体によって異なりますので、確認をおこないましょう。

工事前に申請をおこなう

工事が始まってしまうと補助金の申請はできなくなります。また、補助金の場合は希望者が多数いた場合は、給付されるかどうかは抽選となります。

「補助金が出る前提で工事を依頼したけど、対象から外れてしまった!」なんてことのないように、受給が確定してから工事を始めるようにしましょう。

工事をおこなう

屋根の葺き替え工事をおこないましょう。完了後には市町村に報告書を出さなくてはいけません。慣れた業者ならスムーズに完了報告書を出してくれるでしょう。

自治体の調査員の確認

自治体の調査員が工事内容に相違がないかなどの確認に訪れます。とくに問題がなければ、決定通知が送られてきます。

補助金の振り込み

振り込みがおこなわれるまでには調査員の確認から1~2ヶ月はかかります。期間がかなりあきますので、注意しておきましょう。

以上が補助金申請のおおまかな手順となります。専門的な書類作成も多いため、自分でおこなうのは不安な人は業者へ依頼してしまいましょう。申請になれた業者であればトラブルなくスムーズに申請をおこなってくれるはずです。

補助金がもらえない……そんなときに確認したい「火災保険」

火災保険の内容にもよりますが「風災」や「雹(ひょう)災」「雪災」への補償がセットになっているものならば、保険金がおりるかもしれません。

たとえば「竜巻で屋根の瓦が飛んだ」「雹により屋根に穴があいた」「雪の重みで軒が歪んでしまった」などの被害は、「風災」や「雹(ひょう)災」「雪災」といえるでしょう。

保険会社から依頼された鑑定会社が「被害を受けている」と判断すれば、保険金が下りる場合がありますので、まずは保険会社に相談してみましょう。

屋根葺き替え工事を業者に依頼する費用相場

屋根の葺き替え工事の費用相場がどれくらいなのかは気になるところですよね。屋根の葺き替え工事の費用は吹き替える屋根材の種類によっても変化しますが大体の費用相場は以下のようになります。

  • ・瓦……140万~220万円
  • ・ストレート……140万~180万円
  • ・金属……100万~200万円

屋根の面積が多くなるほど、金額も高くなります。また、屋根の下地に不具合があり修理が必要な場合は、さらに金額かかかってくることも……。屋根の葺き替え工事の費用は、このように状況によって異なります。詳しい費用を知りたい場合は業者から見積りを取るようにしましょう。

お得に依頼するなら「相見積り」がおすすめ!

お得に依頼するなら「相見積り」がおすすめ!

お得に屋根葺き替えをおこないたいなら相見積りを取ることをオススメします。相見積りを取れば価格の比較ができ、よりお得な業者に依頼をすることができます。

また、相見積りを取れば極端に安い業者や高い業者を見分けることができます。なぜ、そんな金額なのかを聞いて、説明があいまいなようなら契約を見送ったほうがいいかもしれません。

相見積りを取るときには以下の2点に注意して、見積りを依頼しましょう。

・同じ条件で見積りを出してもらう
見積りを出してもらう条件が異なると業者同士での費用比較が難しくなってしまいます。できるだけ同条件で見積りを取るようにしましょう。

・補助金をもらうときは地域内の業者に!
補助金の申請をおこなう場合、申請の条件に「施工をおこなう業者は申請先の市町村内の業者でなくてはならない」などの、制限がある場合があります。フランチャイズなどでは市内に店舗があっても、対象外となることがあるので注意しましょう。

安いのは嬉しいですが、手抜き工事などをされてしまうと大変です。そんなことにならないためにも、費用以外の業者を選ぶポイントをお伝えします。

費用以外で業者を選ぶポイント

業者を選ぶ際には費用以外では以下のポイントに注目してみてください。

・説明をしてくれる
業者の説明で気になることがあれば、迷わず質問してみましょう。そのときに丁寧に説明してくれるか、納得のいく説明をしてくれるかを判断してみてください。もし、説明に納得がいかない場合は、依頼を見送ることも考えたほうがいいかもしれません。

・補助金に詳しい業者か確認する
補助金の申請に詳しい業者なら自治体に提出する書類も不備なく用意してくれます。また、業者によっては申請を代わりにおこなってくれる場合がありますので、聞いてみましょう。

・ホームページで実績を確認する
業者によってはホームページで過去の実績を掲載していることがあります。費用や工法について詳しく記載していることがありますので、確認しておきましょう。

補助金の申請に詳しい業者をお探しなら弊社までご相談ください。弊社ではお客様のご要望にそった業者をお探しし、ご紹介するサービスをおこなっています。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで