雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 【雨漏りの原因一覧】屋根・窓サッシ・ベランダ・外壁の要注意ポイント

【雨漏りの原因一覧】屋根・窓サッシ・ベランダ・外壁の要注意ポイント

【雨漏りの原因一覧】屋根・窓サッシ・ベランダ・外壁の要注意ポイント

「雨漏りが発生しているけれど、何が原因なのかわからない」
「雨漏りを防ぎたいけれど、具体的にどこを見ればいいのかわからない」

そのようなお悩みは、雨漏りの原因を知れば解決します!

ここでは、主な雨漏りの原因を場所ごとにご紹介していきます。
原因を知れば、簡単な応急処置なら自分でできるようになりますし、業者からの説明も理解しやすくなるでしょう。

雨漏りは速やかに原因を特定して対処しないと、被害が広がってしまいます。
雨漏りの予防・解決にお役立てください!

この記事でわかること
  • 建物の場所ごとの主な雨漏り原因
  • 雨漏りの応急処置の方法
  • 業者だからこそできる雨漏りの原因調査方法
雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

天井・屋根の雨漏りの主な原因

天井の雨漏りの原因の多くは、屋根材もしくは屋根に付属している部品の劣化・破損です。
屋根は常に直射日光や風雨にさらされているので、劣化するのは避けられません。

具体的に表すと以下のような原因が挙げられます。

屋根材のひび割れ・ズレ・反り

屋根材のひび割れ・ズレ・反り

瓦やスレート(板状の屋根材)のひび割れ・ズレ・反りは雨漏りの原因になります。

これらが発生する原因には台風・強風や地震などの自然災害、アンテナや太陽光パネルの設置工事などが挙げられます。
スレート屋根の場合、経年劣化でスレート材が反って浮いてしまうこともあります。

板金の浮き・破損

板金(ばんきん)とは、屋根の継ぎ目から浸入する雨水を防ぐ役割を持つ金属の板です。
屋根板金にはさまざまな種類がありますが、なかでも雨漏りの原因となりやすいのは屋根の頂点部分にある“棟板金(むねばんきん)”
棟板金は風雨の影響を受けやすく、固定用の釘・ビスが緩んで板金ごと浮いたりすると、その隙間から雨漏りが発生します。

漆喰の劣化・ひび割れ

漆喰の劣化・ひび割れ

漆喰は主に瓦屋根に利用される素材です。
これは瓦屋根の棟に施工されており、瓦と瓦とをつなぎ合わせるだけでなく、継ぎ目から雨水が浸入するのを防ぎます。

漆喰が劣化してひび割れたり、割れたりすれば雨水が浸入してしまいます。
漆喰は瓦と比べて耐用年数が短いので、瓦に問題がなくても漆喰が劣化して崩れると雨漏りの原因になります。

防水シート(ルーフィング)の劣化

防水シート(ルーフィング)の劣化

屋根材の下には雨水の浸入を防ぐ“防水シート(ルーフィング)”が敷かれています。
これにより多少の雨水の浸入は防げますが、劣化すると機能が低下してしまいます

ルーフィングを張り替える場合、一度屋根材を取り除くなど大掛かりな施工になります。

屋上防水施工の劣化・破損

屋上防水施工の劣化・破損

家に屋上がある(陸屋根になっている)という方は、屋上の防水施工の不備が原因で雨漏りを引き起こしているかもしれません。
また、マンションやアパートの最上階に住んでいる場合も屋上が原因の可能性があります。

屋上の雨漏りの原因
  • 屋上の排水溝が詰まっている
  • 排水溝に水を流す勾配がおかしくなっている
  • 防水シートや防水材(ウレタン・アスファルトなど)が劣化・破損している

借家であれば管理人に相談する方法がベターですが、持ち家の場合はそうはいきません。
早めに対処しましょう!

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

窓サッシの雨漏りの主な原因

意外と雨漏りしやすい窓サッシ付近。
一般的な窓はもちろん、風雨にさらされやすい天窓は特に雨漏りの被害に遭いやすい部分です。
天井からの雨漏りと比べて気づきにくかったり、結露と勘違いしたりするので、雨の日の後は注意しましょう。

窓サッシの雨漏りの原因は、以下のような原因が挙げられます。

コーキングの劣化・ひび割れ

コーキングの劣化・ひび割れ

コーキング(シーリング)とは、サッシと外壁のすき間を埋めている白っぽい部分のこと。接着だけでなく雨水の浸入を防ぐ役割もあります。

外壁材同士のすき間(目地)にも使われるコーキングですが、劣化してひび割れると雨水が入りこんでしまいます
しかもコーキングの寿命は約10年とやや短め。

とくに天窓は場所柄、劣化も早くなりがちなので、一度コーキングを見てひびや穴が空いていないか確認しておきましょう。

引き違い窓のすき間

引き違い窓のすき間

引き違い窓とは、2枚の窓が横にスライドして開閉する窓のことです。
スムーズなスライドのためにわずかなすき間が開いているので、風向きによっては雨水が浸入します
しかしこれは構造上仕方ないので、雨漏りした場合は速やかに雑巾などでふき取るしかありません。

ベランダの雨漏りの主な原因

人が踏み入ったり物が置かれたりするベランダも、雨漏りが発生する原因としては多い場所。
ベランダそのものの雨漏りはもちろん、「1階なのに雨漏りする」という場合はベランダが原因となっているケースもあります。

そんなベランダの雨漏りは、主に以下のような原因で発生しているケースがあります。

床面の防水加工の劣化・破損

床面の防水加工の劣化・破損

ベランダの床や外壁には、基本的に防水シートや防水材などが施工されています。
しかし寿命があり、風雨や人が歩くことによって徐々に劣化していきます

ベランダの床を見て剥がれていたり、ひび割れていたりすれば雨漏りの原因になるかもしれません。
この場合は床面の防水施工の補修はもちろん、防水材の総とっかえになる可能性もあります。

笠木の劣化・破損

雨漏りの原因として意外と気づきにくいのが“笠木(かさぎ)”です。
聞きなじみのない言葉ですが、これはベランダ外壁上部に渡す仕上げ材のこと。

その役割は、笠木の下の外壁材や躯体を守ることです。
名前通り木材でできていることもあれば、金属やプラスチックでできていることもあります。
ここが劣化・破損するとベランダ外壁にじわじわと雨漏りが発生することも……。

排水口の詰まり

ベランダには溜まった雨水を流すための排水口が付いています。
この部分が劣化・破損すると排水口周りにすき間ができ、そこから雨漏りが発生することがあります。

また、排水口に木の葉などの異物が詰まってしまうと水漏れを引き起こし、そこから雨漏りにつながることもあります。
これはこまめに排水口を掃除することで防げるので、ゴミが詰まっていたら取り除きましょう。

外壁の雨漏りの主な原因

公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センターの調査によれば、戸建て住宅の不具合相談で最も多かったのが“ひび割れ(外壁、基礎)”で、二番目が“雨漏り(屋根、外壁)”でした。
それほど外壁の雨漏りは無視できません。
外壁は屋根と比べてチェックしやすいので、たまに外から壁を見ると劣化に気づけるかもしれません。

そんな外壁の雨漏りは、主に以下のような原因で発生しているケースがあります。

外壁のひび割れ

外壁のひび割れ

外壁が災害や経年劣化でひび割れてすき間が開けば雨漏りの原因になってしまいます。
また、外壁に穴が開いていても雨水の浸入経路になります。

細いひび割れ(ヘアクラック)程度であれば問題ではありませんが、これが大きくなれば話は別です。
外壁からの雨漏りは躯体を弱らせ修理費用も高くなりがちなので、早めの対処をしましょう。

コーキングの劣化・ひび割れ

コーキングの劣化・ひび割れ

コーキングは外壁材の目地にも利用されます。
施工直後は柔軟性がありますが、経年劣化で固くなるとひび割れを起こしやすくなり、固くなったコーキング材にひび割れが発生します
すると、外壁のひび割れと同じように雨水の浸入を許してしまいます。

ここまで雨漏りの主な原因をご紹介してきましたが、素人が自力で原因を突き止めるのは簡単ではありません。
プロが調査しなければ原因特定は難しいため、まずは調査依頼がおすすめです。
雨漏り修理110番は24時間365日、全国受付中なのでいつでもご相談ください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

雨漏りの応急処置方法

既に雨漏りが発生している場合、原因を突き止めるより先に被害を食い止めるためにも応急処置をおこないましょう!
簡単な対処なら家にあるものですぐにできるので、いざというときはお試しください。

天井からの雨漏りの応急処置方法

必要なもの
  • バケツ(鍋やごみ箱などでも代用可)
  • 雑巾(タオルや紙おむつなどでも代用可)
  • ブルーシート(新聞紙でも代用可)
応急処置の手順
  1. 雨漏り箇所の下にブルーシートを敷きます。
  2. ブルーシートの上に、雑巾を入れたバケツを置きます。
  3. 水が溜まったら捨てます。

天井の雨漏りの応急処置

雑巾を入れることで水滴の飛び散りを防ぎ、さらにブルーシートで床が濡れるのを防ぎます。
ただし水が溜まってくると飛び散りやすくなるので、定期的にバケツの水を捨てましょう。

窓からの雨漏りの応急処置方法

必要なもの
  • 雑巾(タオルなどでも代用可)
  • ゴミ袋
応急処置の手順
  1. カーテンを取り外します。
  2. 窓枠の下にゴミ袋を敷きます。
  3. 雑巾を濡れている箇所に当てます。

窓サッシ雨漏りの応急処置

カーテンは濡れてカビが発生しないように取り外します。
さらにゴミ袋を敷くことで雨水が広がるのを防ぎます。

▼その他の応急処置方法や賃貸住宅の場合など、詳細についてはこちらをご覧ください。

雨漏りは応急処置ですぐに対策!被害を最小限にする簡単応急処置方法

あわせて読みたい
雨漏りは応急処置ですぐに対策!被害を最小限にする簡単応急処置方法

雨漏りと勘違いしやすい現象

一見雨漏りに見えても、雨漏りとは別の原因で水浸しになっているケースもあります。
原因によっては簡単に対処できるので、雨漏りか否か確認してみましょう。

漏水

天井や壁の中にある配管から漏水しているケースです。
水を使っていないのに水道メーターが回っている場合は漏水が考えられるので、メーターを確認してみましょう。
ただし排水管の漏水は水道メーターが回らないため、漏水場所によっては判断が難しいかもしれません。

結露

結露は湿気と温度差が大きいと発生します
特に気密性の高い住宅で、外気に触れる窓に発生しやすいです。

適度に部屋を換気したり、断熱性が高い複層ガラスなどに交換したりすることで結露を防げます。
既に発生してしまった結露は乾いたタオルなどでふきとり、窓の周囲が水浸しにならないように気を付けましょう。

雨漏りの原因特定・修理は業者に依頼を!

高くてもしっかり雨漏り調査してもらった方がよい理由

雨漏りの原因を特定し、修理する。
それができるのが雨漏り修理の経験・知識に長けたプロです。
「雨漏りの原因を突き止めたい」「雨漏りを早く直したい」と思ったら、まずは現地調査・点検に入ってもらうことが必須です。

自力で原因特定・修理できれば一番ですが、無理におこなえば以下のデメリットがあります。

  • すぐに原因を特定できず、その間も雨漏り被害が進行してしまう。
  • 屋根を調べる場合、高所から転落して大怪我してしまう。
  • 瓦やスレートを踏み割ってしまい、かえって修理費用がかさむ。
  • 応急処置によって雨水の流れが変わり、別の場所から再発する(=被害が広がる)。

怪我や屋根材破損のリスクはもちろん、原因が正確に特定できてない状態での修理はあまり意味がありません。
時間もお金も無駄になってしまいます。

雨漏りの原因特定はプロですら目視だけでは難しい作業です。
原因調査だけでも、長いときには2~3日かけることすらあるほどです。
まずは原因を確実に特定してから修理することが大切ということがわかります。

業者による雨漏りの原因調査方法

プロの雨漏り修理業者がおこなう原因調査は目視以外にも、“散水調査・発光液調査・赤外線サーモグラフィ調査”などさまざまな方法があります。

〇目視調査
依頼主に被害状況などを聞き、入手した情報や知識をもとに自分の目で雨漏り箇所を見つける方法です。
他の調査方法と比べて時間も費用も抑えられますが、調査する人によっては雨漏り箇所を見逃すおそれもあります。

〇散水調査
屋根や外壁に水をまき、雨水を再現する方法です。
目視よりも実際の状況に近い環境を作り出せるため、原因をより発見しやすくなります。
また、修理完了後に「本当に雨漏りが直ったか?」と確認するためにおこなうこともあります。

〇発光液調査
紫外線ライトを当てると光る液体を、雨漏りの疑わしい部分に流し込む方法です。
散水調査よりも水の流れがわかりやすく、より正確な雨漏りの原因特定が可能です。

〇赤外線サーモグラフィ調査
物体の温度を感知できる機械“サーモグラフィ”を用いて、温度差から水の流れた部分を見つける方法です。
雨漏りを起こしている部分は温度が低くなるため、見えない部分での雨漏りを発見することもできます。

調査方法 費用相場
目視調査 無料
散水調査 数万円~約30万円
発光液調査 数万円~約20万円
赤外線サーモグラフィ調査 約10万円~約30万円

 

※雨漏りの範囲・家屋の構造などによって費用は変動します。
※複数の調査方法を組み合わせることもあります。

▼それぞれの調査方法の詳細はこちらをご覧ください。

雨漏りの調査・修理の方法

  あわせて読みたい
  雨漏りの調査・修理の方法             

雨漏り修理業者の選び方

雨漏り修理は高額になることがあります。
「調査も修理も難しそうだから業者に依頼しよう」と思っても、どんな業者を選べばいいかわからないかもしれません。
そんなときは以下の4つのポイントを確認してください。

  • 見積もりを確認した後でもキャンセルできるか
  • 原因をはっきり教えてくれるか(写真などを見せてくれる業者ならなお◎)
  • 修理後にアフターフォローがあるか
  • 値引きなどで契約を急かさないか

個人で業者の善し悪しを見抜くのは難しいですが、よい業者であればこの4点は守ってくれるでしょう。
まずは一度相談して上記の4点を確認しつつ、実際に会ってみた印象を確かめるのも大切ですね。

注意事項

築10年以内かつ、施工不良による雨漏りであれば、新築した施工業者に保証する義務が発生します。
この築年数に当てはまる場合は、念のため新築を依頼した会社に連絡を入れるようにしましょう。

雨漏り修理110番の無料相談ダイヤルでは、ご要望やお住まいのエリアに応じて業者をご紹介するサービスを展開しております。

提携業者は日本全国47都道府県に多数点在。
実際の作業まではキャンセル可能ですので、「まずは原因調査・見積もりだけ……」というご要望も大歓迎です。

無料のコールセンターは24時間いつでも受付対応中。
雨漏りについてお困りであればお気軽にご相談ください!

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで