雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > コロニアル屋根への葺き替え費用は高くなる?オススメの屋根材も解説

コロニアル屋根への葺き替え費用は高くなる?オススメの屋根材も解説

コロニアル屋根への葺き替え費用は高くなる?オススメの屋根材も解説

コロニアル屋根への葺き替えを検討中の方は、まず既存の屋根を確認しておきましょう。なぜなら、コロニアル屋根への葺き替え費用は、既存の屋根の種類や状態によって大きく異なるからです。

この記事では、コロニアル屋根の特徴や葺き替えについてご紹介します。また、オススメの葺き替えの屋根材についてもお教えしますので、屋根の葺き替えをご検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

コロニアル屋根ってどんな屋根?

コロニアルというのは、もともとケイミュー株式会社の商品名で、一般名称はスレートです。コロニアルのほかにはスレート瓦、カラーベストと呼ばれることがあります。

スレート瓦はセメントや粘土を混ぜて作られた瓦のことで、コロニアルは薄型スレート瓦のことを指します。以前は軽くて安価なアスベストと呼ばれる繊維材料が使われている屋根が人気でしたが、健康への影響が懸念され、2004年以降は使用禁止となりました。

2004年以降に発売されたアスベストが使われていないスレート瓦のことをカラーベストと呼びます。厳密にいえば少し意味が異なりますが、コロニアル・スレート瓦・カラーベストはほぼ同意語と捉えても問題ないでしょう。

コロニアル屋根が人気の理由

コロニアル屋根が人気の理由

コロニアルは新築住宅でよく使われている屋根材です。コロニアル屋根のメリットとしては以下のことがあげられます。

  • ・ほかの屋根材より価格が安い
  • ・軽量(耐震性が高い)
  • ・デザイン性が高い(好きな色に塗装しやすい)
  • ・普及率が高いので、施工可能な業者が多い
  • ・施工が簡単で工期が短い
  • ・太陽光発電装置が設置できる

これだけ見ると、「コロニアル屋根に葺き替えするしかない!」と思われるかもしれませんが、費用の面で知っておきたい注意点があります。

スレート屋根への葺き替え費用は高くなりやすい

スレート(コロニアル)屋根は葺き替えの場合オススメできません。スレート自体の価格は安くても、葺き替えの場合は工事費用が高くなりやすいのです。屋根をスレートに葺き替える際には、屋根材の下に敷く野地板(のじいた)と呼ばれる土台の板を新しいものに交換する必要があります。

野地板を再利用してしまうとスレートがゆがんだりはがれたりしてしまいやすいため、古い野地板の上にスレートを張ることはメーカーが禁止しているのです。土台からすべて交換しなければならないので、それだけ費用が高くなりがちなのです。

また、スレートは葺き替えの際にはメーカーからひび割れや雨漏りに対する保証がありません。新築の場合は保証があることから、スレートは新築用の屋根材だと捉えたほうがよいのかもしれません。

スレート屋根への葺き替えの費用相場は、一般的な住宅で約150~200万円です。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

屋根の葺き替えはガルバリウム鋼板がオススメ!

屋根を葺き替えるなら、スレート(コロニアル)ではなく、ガルバリウム鋼板にするのもオススメです。なぜなら、スレート屋根に葺き替えるより費用をおさえることができますし、屋根材としても優れている面がたくさんあるからです。ガルバリウム銅板で葺き替えをおこなうことについて詳しく解説していきます。

ガルバリウム鋼板とは?

ガルバリウム銅板とは?

ガルバリウム鋼板とはアルミニウムと亜鉛素材のメッキをした鋼板で、耐久性があってさびにくい屋根材です。ガルバリウム鋼板の重さは日本瓦の約6分の1と軽いため、耐震性においても優れています。また、リサイクルもできる素材でできているため地球に優しいのも魅力です。

カバー工法という手段もある

スレートと大きく異なる点として、ガルバリウム鋼板はカバー工法といって、既存の屋根に重ね葺きすることも可能です。カバー工法は屋根を剥がす作業がなくなる分、葺き替えより費用をおさえることができます。ガルバリウム鋼板のような金属屋根はカバー工法で設置することが一般的です。

ただし、屋根が割れたり、腐食が激しかったりと著しく劣化している場合はカバー工法では十分に補修できないこともあります。既存の屋根が瓦屋根の場合は上から屋根材を固定することが難しいため、カバー工法が不可能なことが多いです。また、葺き替えに比べると屋根の重量が増してしまい、耐震性が低くなってしまうことがデメリットでしょう。

住宅の屋根の状況を考慮して、葺き替えするのか、カバー工法にするのかを決めるとよいです。なかなか自分では判断しづらいと思いますので、業者に相談してみることをオススメします。

ガルバリウム鋼板の費用の相場

一般的な住宅の屋根をガルバリウム鋼板へ葺き替えた場合の費用相場は、約120~250万円です。

一般的な住宅の屋根をカバー工法でガルバリウム鋼板にしたときの費用相場は、約80~160万円です。

屋根工事には作業の内容や業者によっても大きく料金が異なります。費用をおさえたいならば、費用相場を知ったうえで実際に見積りをとってもらうとよいでしょう。

弊社では屋根修理業者を紹介させていただきます。全国対応しておりますので、お住まいの地域のオススメ業者をご案内することが可能です。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

屋根の耐用年数を確認しておこう!

屋根材の耐用年数は種類によって異なります。屋根がボロボロになっていると雨漏りを起こしたり、耐震性の面で問題がでてきたりします。雨漏りを放置しておくと害虫被害の原因にもなりかねません。屋根材ごとの耐用年数を知って、適切な時期にメンテナンスや葺き替えをおこないましょう。

・スレート(コロニアル)屋根
耐用年数は15~20年で、10年にいちどくらいのメンテナンスが必要です。景観を保つために、塗装を定期的におこなう必要があります。塗装がはがれたまま放置してしまうと、傷みやすくなるので、寿命が縮まってしまうおそれがあります。

・ガルバリウム鋼板
耐用年数は約20~30年で、さびにくいためメンテナンスはほぼ必要ありません。しかしきれいな状態を長く保つためには10年にいちどくらいは塗装などのメンテナンスをしましょう。

・トタン屋根
耐用年数は約10~20年です。さびやすいので、気になるようでしたら数年にいちど塗装をおこなってもらうようにしましょう。

・日本瓦
日本瓦の耐用年数は約30~40年です。年数を重ねると瓦がずれたりゆがんだりしてくるのでメンテナンスが必要です。日本瓦は補修などのメンテナンスをしっかりしていれば100年以上もつともいわれています。長もちさせたいという方は約10年にいちどくらいのメンテナンスをおこなうとよいでしょう。

屋根は種類ごとに適切なメンテナンスをおこなうことで寿命が保たれます。屋根の交換やメンテナンスをおこないたいという方はぜひ弊社にご相談ください。屋根修理業者を選ぶお手伝いをさせていただきます。ご希望の条件に沿った業者をスピーディーにご紹介可能です。お気軽にお問い合わせください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで