雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > トタン屋根の雨漏り修理DIYは応急処置まで!補修方法と費用を解説

トタン屋根の雨漏り修理DIYは応急処置まで!補修方法と費用を解説

トタン屋根の雨漏り修理DIYは応急処置まで!補修方法と費用を解説

トタン屋根の雨漏り修理をDIYでおこなうのは、補修による応急処置までなら可能です。しかし、DIYでは一時しのぎにしかならないことを覚えておきましょう。

古くなったトタン屋根は全体的にサビが発生しやすく、DIYで補修しても雨漏り再発のおそれがあります。そのため、根本的な解決をするには雨漏り修理業者のようなプロの施工でないと難しいのです。

ここでは、トタン屋根の雨漏り修理をDIYでするときの方法について解説していきますが、最終的には業者に依頼して雨漏りの根本的な解決をしましょう。雨漏り修理業者の費用や、費用を抑えるポイントについても解説しています。

トタン屋根の雨漏り修理をDIYする前に原因を確かめよう

トタン屋根の雨漏り修理をDIYでするよりも先に、トタン屋根のどこから雨水が流れ込んでいるのか原因を確かめることが大切。原因を知らずにトタン屋根の雨漏り修理をDIYでおこなっても、効果は薄いでしょう。ここではトタン屋根の雨漏りで多い原因を2つご紹介します。

トタン屋根に穴が空いている

トタン屋根に穴が空いている

トタン屋根の雨漏り被害の原因でとくに多いのが、屋根に穴が空いてそこに雨水が侵入するパターンです。トタン屋根は金属でできているためサビに弱く、経年経過により穴があきやすくなっています。

また、サビていなくても台風などの災害により、トタン屋根に飛来物がぶつかってその衝撃で穴が空くというケースもあるでしょう。いずれにせよ、その穴をトタン屋根の雨漏り修理をDIYか業者により補修しない限りは雨漏りに悩まされ続けることになります。

接続部分に隙間ができている

トタンの経年劣化により構造がもろくなり、強風などの影響によってトタン同士をつなげている部分に隙間ができて雨漏りが発生するパターンも考えられます。また、トタン屋根をつなげている釘穴や釘がサビてしまうことでも隙間ができるので、トタン屋根の雨漏りの原因を探るなら、注意深く調べることが大切です。

安全な位置から原因を確かめるのが大切

トタン屋根の雨漏りの原因を探るときは、できる限り安全な位置から確かめることが大切です。トタン屋根に上って観察するのが一番調べやすいですが、高所作業になり危険がともなうため、よほど慣れている方以外は原則として避けたほうがよいでしょう。

とくに経年劣化による雨漏りが考えられる場合、トタン屋根が崩れる危険性もあるのです。そのため、安全にトタン屋根の原因を探りたいのであれば、DIYではなく原因調査から修理までを業者におまかせするとよいでしょう。

また、雨漏り修理業者に現地調査を依頼すると、場合によっては調査費用がかかります。もし調査費用が気になるのであればぜひ弊社にご相談ください。弊社では無料現地調査をおこなっているお近くの業者をご紹介できますので、費用をかけずにトタン屋根の雨漏り原因を調べることが可能です。

トタン屋根雨漏り修理はDIYで応急処置が可能

トタン屋根の雨漏り修理はDIYでおこなえるものの、その修理内容は穴や隙間ができた箇所にかぶせたり補修したりといった応急処置がほとんどです。そのため、本格的な修理や雨漏りの根本的な解決をする場合は、業者に修理してもらう必要があります。

ここでトタン屋根の雨漏り修理をDIYするときの方法を紹介しますが、あくまで一時的な修理であることを覚えておきましょう。また、どの方法も高所作業が必要となり落下事故の危険性があるため、安全性を考えて「業者に修理してもらうのが最善」の方法です。

1.ブルーシートを敷く

1.ブルーシートを敷く

トタン屋根に多くの穴や隙間がある場合は、トタン屋根の上に防水性能の高いブルーシートを敷くことでトタン屋根の雨漏りを食い止めることが可能です。必要なものはブルーシート・ガムテープ・土のう袋で、ホームセンターや通販サイトから各数百円程度の値段で購入することができます。

方法は、原因箇所にブルーシートをシワなくかぶせ、シートの縁にガムテープを貼って4隅に土のう袋を置いて固定するだけです。この方法は広範囲の原因箇所をカバーできますが、急な斜面のトタン屋根だと土のう袋が落ちる可能性があります。作業をする前に、ブルーシートを敷いても問題ないかよく確認しましょう。

2.防水テープで発生個所をふさぐ

雨漏りの原因として怪しい穴や隙間が空いている場合は、防水テープを使ってその穴や隙間をふさぐことで補修することができます。防水テープはおもにホームセンターで見かけることがあり、安いものなら千円以内で購入可能です。

防水テープを用意したら、雨漏り原因となる穴や隙間部分に防水テープを直接貼り付けていきます。このとき、粘着力が落ちないように周りの水分をふき取り、しっかりと密着させて貼り付けるのがポイント。貼り方に失敗してゆがみができると、そこから雨水が染み込む場合もあるので作業時は慎重になりましょう。

3.コーキングで穴やヒビを埋める

コーキング材で穴やヒビの部分を補修することも可能です。コーキング材は耐熱性が高くて金属に対応したものが最適。通販サイトに数百円で売られていることがあるので、購入して使用するのもよいでしょう。さらに、コーキング材をなじませるための「プライマー」もあるとベストです。

コーキング材でトタン屋根の雨漏り修理をする場合は、まず補修箇所の周りにある汚れや水分をふき取り、そこにプライマーを塗ります。プライマーが乾くのを確認したら、次はコーキング材を使って丁寧に補修することで完了です。

なお、補修後の仕上がりもきれいにしたいなら、補修箇所以外にテープを貼ることで不必要な箇所にプライマーがつくのを防げます。

業者依頼の費用相場|トタン屋根の雨漏り修理価格はDIYよりお得な場合も

塗装直しや屋根材の葺き直しといった、根本的な解決となるトタン屋根の雨漏り修理をDIYでおこなうのは難しいです。そのため、雨漏り修理業者に依頼しておくのがよいといえます。ただ、業者依頼で気になるのは「費用がいくらかかるのか」でしょう。

結論からいいますと、業者に依頼する場合の費用相場は施工内容により異なるので、実際にかかる費用を知るためには見積りを取ってもらう必要があります。ここで、雨漏り修理業者に依頼するときにかかる費用相場についてご紹介しましょう。

雨漏り修理費用は施工内容により異なる

雨漏り修理費用は施工内容により異なる

【トタン屋根の雨漏り修理費用目安】
塗装直し:50万円以下
葺き替え:100万円以上
部分修理:数万~10万円程度

トタン屋根の雨漏り修理を業者に依頼すると、修理費用は上記を目安としてかかることが多いです。全体的な塗装直しや葺き替えといった、リフォームに近い修理方法はどうしても高額になってしまいます。ただ、原因箇所のみを補修するといった「部分修理」であれば、被害程度によりますが数万円で済む場合もあります。

火災保険が適用されれば費用をまかなえる可能性あり

雨漏りが発生した家に火災保険をつけているのであれば、状況によりますが多くの費用をまかなえる可能性もあります。場合によってはトタン屋根の雨漏り修理をDIYでおこなうよりもお得になることもあるでしょう。

ただし、保険適用の可能性があるのは台風などによる災害が原因での雨漏りに限られることが多いので注意しましょう。

トタン屋根雨漏り修理のDIYは大変!リフォームも考えてみよう

トタン屋根は比較的雨漏りしやすい構造になっています。そのため古いトタン屋根の雨漏り修理をDIYしても再発する可能性が高く、手間がかかって大変です。もし経年劣化による雨漏りであれば、リフォームを検討してもよいでしょう。ここでは、トタン屋根をリフォームするときに知っておきたいことについて解説します。

トタン屋根にリフォームするときに知りたい特徴

トタン屋根の特徴
メリット デメリット
・軽いので耐震性が高い
・施工費用が安め
・耐用年数が短い(10~20年)
・サビやすい
・遮音性や断熱性があまりない

トタン屋根には上記の特徴があり、施工にかかる費用が安いため予算があまりない方にとっては大きなメリットといえるでしょう。ただ、トタン屋根は比較的古いタイプの屋根材であり、サビに弱いため耐用年数が低くなりがちです。これらのメリット・デメリットをふまえて、同じトタン屋根にリフォームすべきか考えてみましょう。

別の屋根材にするのも選択のひとつ

もしトタン屋根のデメリットが気になるなら、別の屋根材にリフォームしてみるのも選択肢のひとつです。現在ではガルバリウム鋼板やアスファルトシングルのような、サビに強くて耐用年数も高い屋根材もあるので、興味があれば検討してみるとよいでしょう。

とくにガルバリウム鋼板は、トタン屋根と近い見た目でありながらサビに強く、性能面で優れている屋根材です。そのため、トタンからリフォームするときの屋根材としておすすめできます。

まずは雨漏りの現地調査をしてもらおう

トタン屋根をリフォームするにせよ、雨漏り修理を依頼するにせよ、まずはトタン屋根の雨漏り原因を調査してもらい、見積りを取ることが大切。また、トタン屋根の雨漏り修理をDIYでする予定の方も、一度見積りだけでも取ってもらうことをおすすめします。

見積りを取ってもらった結果、安い費用での修理で済むことが分かったら、そのまま修理をしてもらうのもよいでしょう。さらに、弊社には無料現地調査をおこなっている業者が多く加盟しています。調査費用をかけずにお見積りを取ることが可能ですので、お困りのことがあればぜひご相談ください。

0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで