雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 屋根の雨漏り原因と応急処置方法!正確な特定は修理業者に任せよう

屋根の雨漏り原因と応急処置方法!正確な特定は修理業者に任せよう

屋根の雨漏り原因と応急処置方法!正確な特定は修理業者に任せよう

屋根の雨漏り原因を自分で見つけるのはとても難しいため、雨漏り修理業者に現地調査を依頼して「プロの目」で原因を特定してもらいましょう。屋根の雨漏りにはヒビ割れや防水シートの劣化などのさまざまな原因が考えられ、プロによる散水調査などの特殊な方法でないと正確な原因を確かめられないからです。

ここでは、屋根から雨漏りをした原因や業者依頼をするときに知りたい情報を詳しく解説。この記事を参考にして、雨漏りを解決してみましょう。また、弊社ではお客様のご希望に合わせた業者選びをサポートするサービスを展開しています。もし屋根の雨漏りでお困りであれば、弊社にご相談ください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

屋根の雨漏り原因

これから、考えられる屋根からの雨漏りの原因について詳しくご紹介していきますが、1点だけ注意点があります。それは、屋根の雨漏りを調べるときは、安全に確認できる範囲までにとどめておくこと。高所作業は危険なので無理に屋根の上に上るなどせずに、業者依頼をしましょう。

屋根材や設備の経年劣化によるもの

屋根材や設備の経年劣化によるもの

築年数の長い建物で起こる可能性の高い屋根の雨漏り原因が、屋根材や設備の経年劣化によるものです。たとえば屋根材や板金などはそれぞれ目安となる耐用年数(寿命)があり、その年数が近づいていくにつれ経年劣化による雨漏りのリスクが高くなります。

また、屋根材の塗装や内部に設置されている防水シートのはがれにより、そこから雨漏りが発生する可能性もあるのです。とくに築10数年以上の住宅にお住いの方は、業者に状況を伝えるときに、築〇年以上で屋根の経年劣化が進んでいる可能性があることを伝えておくと、話がスムーズに進みやすいでしょう。

災害により棟板金や屋根材などが破損した

台風や地震などの災害や強風などによる衝撃で、棟板金などの屋根のパーツが破損して雨漏りの原因となることがあります。さらに経年劣化により屋根材などがもろくなっていると、そのぶん災害や強風の衝撃で破損しやすくなってしまうでしょう。

また、一見問題なさそうでも、災害や強風の影響で棟板金や屋根材にわずかなズレが発生して雨漏りの原因となることも可能性としてはあります。自分で屋根に上って調査するのは危険なので、かならず業者に棟板金などのパーツに破損が見られないかチェックしてもらうようにしてください。

新築の屋根雨漏りは施工不良の可能性あり

新築の住宅なのに突然雨漏りが発生したという場合は、建築時の屋根材に施工不良があり、それが屋根の雨漏り原因になっているケースもあるので注意が必要です。なお、新築には10年間の保証期間を設けることが業者に義務付けられており、築10年以内に起きた施工不良が原因の雨漏りに限って、無料で修理ができる可能性があります。

もし、新築後10年以内に起きた雨漏りがある場合は、業者に依頼する前に住宅販売会社または施工会社に連絡するようにしましょう。

屋根とは限らない!?外壁や害獣の可能性も

天井からポタポタと落ちる雨漏りは、すべてが屋根に原因があるものだとは限りません。たとえば外壁のヒビ割れによって雨水が染み込み、それが天井裏をつたって屋根の雨漏りと似た症状がみられることがあるのです。また、天井裏に住み着いたハクビシンなどの害獣の糞尿により、雨漏りに似たシミが発生する場合もあります。

この点もあり、雨漏りの原因を特定することは難しいのです。そのため、業者に依頼して念入りな現地調査をして、雨漏り原因を正確に調べてもらいましょう。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

屋根の雨漏り原因は現地調査で調べよう

雨漏り修理業者は、雨漏り被害の状況やご自宅の構造などに応じて、これからご紹介する5種類の方法を使って屋根の雨漏り原因を特定する現地調査をおこなってくれるのです。それぞれ調査内容や費用などが異なるので、個別にご紹介していきます。

目視調査

目視調査

目視調査は、雨漏りの原因として怪しい箇所を目で直接確認して、調査をする方法のことです。屋根の上のような高くて危険な場所でもプロの目でしっかりと確認してくれるため、個人で目視をおこなうよりも、原因を特定しやすいでしょう。

また、目視調査は場合によっては高所作業が必要になるため、足場代などで3万円程度の費用がかかる場合も。しかし、なかには目視調査を無料でおこなっている業者もあるため、費用負担を抑えたい方はそちらを選ぶとよいでしょう。

散水調査

屋根などの怪しい箇所に水道水を流し、どのような流れで雨漏りが発生しているのか調べる方法が散水調査です。実際の雨漏り状況を再現することで、目視よりも正確に屋根の雨漏り原因を特定しやすくなります。

なお、散水調査にかかる費用相場は5~15万円程度になります。ちなみに散水調査に使う水は、その家の水道水を使用することが多いです。そのため費用相場に加えて水道代がかかると考えておきましょう。

赤外線(サーモグラフィー)調査

赤外線カメラを使ってその家の温度を測り、屋根の雨漏り原因を調べる方法が赤外線(サーモグラフィー)調査といいます。基本的に雨漏りが発生している箇所は、濡れて温度が低くなっているので、正確な原因が特定しやすくなるのです。さらに、散水調査と違って水を流し込む必要がないので、家に負担をかけにくく原因調査ができます。

また、赤外線(サーモグラフィー)調査は10~30万円程度の高めの費用がかかることもあるため注意が必要です。

発光液調査

紫外線を当てると光って見える特殊な液体を使い、雨漏り原因を特定する方法が発光液調査です。散水調査と同じ要領で発光液を流し、発光液が流れたところをライトで照らします。発光液調査にかかる費用は10~20万円程度で散水調査よりもかかりますが、そのぶん正確に原因を特定しやすいでしょう。

解体調査

目視調査だけでは雨漏り原因を特定することが難しい場合、屋根材を外して内部を詳しく目視する「解体調査」をする場合もあります。屋根材を解体して内部をしっかりと調べることで、目視調査よりも屋根の雨漏り原因を突き止めやすくなるのです。解体調査にかかる費用目安は1万円~10万円ほどで、業者によっては安く調査できる場合もあります。

雨漏り修理業者の調査内容と費用相場の紹介は以上となります。調査の種類により費用が異なってくるので、予算に余裕がない方は調査内容について業者に問い合わせするとよいでしょう。また、弊社では無料での原因調査が可能な雨漏り修理業者を紹介するサービスを展開しています。現地調査の費用が心配な方は、ぜひ弊社にご相談ください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

屋根の雨漏り原因調査までは応急処置で対処

屋根の雨漏り原因調査や修理を業者に依頼しても、すぐに原因調査や修理ができるわけではありません。業者が自宅に来るまでに被害が広がるのを防ぐために、無理のない範囲で応急処置をしておきましょう。ここで、業者が自宅に来る前にやっておきたい応急処置方法をご紹介します。

バケツで雨漏りを受け止める

バケツで雨漏りを受け止める

天井からポタポタと雨漏りがしているときは、バケツを使って雨水を受け止めるようにしましょう。バケツはホームセンターなどで、数百円程度で購入できます。

また、バケツに水が溜まっていくと跳ねた水が床に落ちてしまうため、新聞紙やバスタオルなどの水を防げるものをバケツの下に敷いておくとよいでしょう。ある程度バケツの中に雨水が溜まってきたら、こまめに雨水を処分することも大切です。

屋外での応急処置は危険!業者にお任せしよう

屋根材にできたヒビをコーキングで補修する、屋根をブルーシートでかぶせるなどの応急処置方法もありますが、高所作業が必要になるためおすすめできません。できるだけ安全に応急処置をするなら、バケツを使って雨水を受け止める方法がよいでしょう。

無理に屋根に上って応急処置をするよりも、業者の手で応急処置をしてもらったほうが安全です。また、業者に屋根の応急処置をしてもらいたいときは、あらかじめ雨漏り修理業者に問い合わせしておくとよいでしょう。

なお、弊社では雨漏りに関するお悩みをヒアリングし、お客様のご要望に合わせた雨漏り修理業者を紹介する事業に取り組んでいます。日本全国に加盟店があり、24時間365日体制で相談を受け付けていますので、業者依頼のご希望に素早く対応することが可能です。小さなお悩みでも構いませんので、もしよろしければお問い合わせください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで