雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > スレート屋根の修理にかかる費用相場を紹介!雨漏り原因や業者選びも

スレート屋根の修理にかかる費用相場を紹介!雨漏り原因や業者選びも

スレート屋根の修理にかかる費用相場を紹介!雨漏り原因や業者選びも

スレート屋根は、軽くて施工しやすいため人気の屋根材です。しかし、自然災害などで破損することがあるため、定期的に点検や修理しましょう。

スレートが破損することで隙間から雨水が流れ込み、雨漏りの原因となるからです。雨漏りは建物自体の寿命を縮めることになるので、劣化箇所の早期発見が重要となります。

そこでこの記事では、雨漏りする原因、スレート屋根の修理や工事にかかる費用の相場について紹介していきます。業者を選ぶ際のポイントも抑えていきますので、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

放置は厳禁!スレート屋根が雨漏りする原因

スレート屋根の雨漏りには、いくつかの原因が考えられます。そのまま放置してしまうと、建物を支える木材や基礎にまで雨水が侵入してカビなどによる劣化につながります。雨漏りを見つけたら早めに対処しましょう。

スレートの経年劣化

スレートの経年劣化

スレートの耐用年数は、約20年~30年近くとされています。しかし、台風などの自然災害によってヒビ割れが起きたり、水分を含んで反って浮いてしまったりすることがあります。そこから雨水が入り込んで、雨漏りにつながるのです。

釘穴に隙間がある

スレートの施工には釘を使用します。スレートと防水材などの下地材を釘で留めて施工するのです。しかし、その釘によって雨水が滞留してしまい、水はけが悪くなってしまうのです。

また、施工時に釘の位置がわずかでもズレてしまった場合、金づちでスレートを叩いて修正をおこないます。その際に、釘穴に隙間ができてしまうため雨水が侵入しやすくなり、雨漏りが発生することがあるのです。

棟板金の劣化

棟板金とは、屋根の頂上部分を補強するための金属部分のことを差します。おもにスレート屋根で用いられます。屋根材同士のつなぎ目に棟板金を被せることで雨漏りを防止したり、屋根材を固定したりすることができるのです。

この棟板金は、もっとも高い部分にあることから雨風の影響を受けやすく、サビたり剥がれたりしやすくなっています。耐用年数は約15~20年とスレートよりも短いため、屋根からの雨漏りは棟板金が原因かもしれません。

棟板金の素材として現在はサビにくく丈夫なガルバリウム鋼板を使うことが多くなってきました。しかし以前は比較的サビに弱いトタンが主流だったため、築年数が古めの住宅の場合はとくにサビによる劣化で雨漏りが起こりやすいと考えられます。

葺き替えやカバー工法をしたほうがよいケース

雨漏りは、前述のとおり屋根材自体の劣化や棟板金の劣化が原因であることが多いです。しかし、場合によっては部分的な修理ではなく大がかりな工事が必要なることがあるのです。続いては、屋根工事が必要なケースについてお伝えしていきます。

アスベストを含むスレート屋根

アスベストを含むスレート屋根

2004年よりも前に、家を建てたり屋根工事をおこなったりした場合、スレート屋根にアスベストが含有されているおそれがあります。アスベストは人体に有害な成分が含まれていますが、屋根材として使用されている間には健康面で害が出るわけではありません。

しかしDIYなどで部分修理する際にはアスベストの粉じんが飛び散ってしまうおそれがあります。アスベストが含有しているかもしれない場合は、DIYはおこなわないようにしましょう。

葺き替え工事の場合ならアスベストの撤去が可能ですが、費用が通常よりも高くつきます。カバー工法ならひとまずは撤去費用がかかりません。しかし、将来的には撤去が必要となるでしょう。

スレート屋根の劣化が激しい

アスベストが含まれていないスレートでも、著しく劣化しているなら部分修理よりも屋根工事をおすすめします。雨漏りが続いていると、屋根の下地も劣化していることが考えられます。そのため雨漏りのたびに部分修理をおこなうよりも、カバー工法や葺き替えといった屋根工事をしたほうが手間はかからないかもしれません。

部分修理と屋根工事、どちらがよいか迷ったら業者に相談してみましょう。弊社は、屋根の修理や工事に対応した業者を紹介しております。お気軽にご相談ください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

スレート屋根の修理や工事に必要な費用

続いては、スレート屋根の修理費用や屋根工事をおこなったときの費用について見ていきましょう。どの方法で雨漏りを直すのか、予算を考慮したうえで選んでみてはいかがでしょうか。

部分修理にかかる費用

部分修理にかかる費用

スレートは、瓦のように複数の屋根材同士が接合されています。そのため、破損したスレートのみを修理することも可能です。また前述の棟板金の劣化による修理も多いため、それぞれの修理費用についてお伝えしていきます。

  • ・スレート屋根の部分修理、差し替えにかかる費用……約1~5万円
  • ・棟板金の部分修理費用……約2~5万円
  • ・棟板金の交換費用……約20~90万円

葺き替えやカバー工法にかかる費用

屋根の葺き替えにかかる費用は、屋根材によって変わってきます。

  • ・葺き替え工事費用……約120~200万円
  • ・カバー工法の工事費用……約80~170万円

上記はあくまで、一般的な相場です。ご自宅の屋根の状況によって費用は上下するため、きちんとした費用を知りたい場合は、業者に依頼して見積りをとることをおすすめします。

スレート屋根の修理で業者を選ぶ際の注意点

スレートには、前述のとおり、アスベストが含まれていることがあります。アスベストの撤去の際には、「石綿作業主任者」の講習を受けている業者に対応してもらいましょう。

アスベストの撤去時には粉じんが飛散するおそれがあるため、適切な方法で対応できる業者でなければ取り扱いができないからです。

また、台風や風災が原因で雨漏りが起こった場合は、ご加入の火災保険が適用できることがあります。適用には条件があるため、くわしくはご自身で保険会社に相談・申請をしましょう。

火災保険の申請には、保険会社から書類や現場の写真の添付を求められることがほとんどです。そのため業者に依頼する際は、保険を適用することもあわせて伝えておきましょう。そういった要望にきちんと対応してくれる業者なら、工事も安心できるのではないでしょうか。

雨漏りによる修理はもちろんのこと、スレート屋根の劣化や破損が気になるようでしたら、ぜひ弊社にご相談ください。弊社は、屋根の修理・工事に対応した業者と提携しております。

24時間お電話の受け付けをしていますので、まずは相談からでも構いません。状況をお聞かせいただいたうえで、最適な業者をご紹介いたします。ぜひお気軽に、ご連絡をお待ちしております。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで