雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 片流れ屋根は雨漏りしやすい!その理由や雨漏りを防ぐ対策をご紹介

片流れ屋根は雨漏りしやすい!その理由や雨漏りを防ぐ対策をご紹介

片流れ屋根は雨漏りしやすい!その理由や雨漏りを防ぐ対策をご紹介

さまざまなメリットがある片流れ屋根ですが、雨漏りが起こりやすいというデメリットもあります。もし家を片流れ屋根にしたいけど雨漏りが心配だという場合は、透湿フィーリングやシール付き水切りを使うなどの方法をするのがおすすめです。こうした対策をおこなうことで、片流れ屋根の雨漏りの原因となる場所の保護などができるからです。

この記事では、片流れ屋根で雨漏りが起きやすい理由と、その対策方法についてご紹介します。片流れ屋根の住宅にお住まいの方や、片流れ屋根にしようか検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

また弊社では、雨漏り修理業者をご紹介することが可能です。24時間365日受付対応しておりますので、片流れ屋根で雨漏りが起きてすぐに解決したい!という場合でも、ぜひご相談ください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

片流れ屋根で雨漏りが起こりやすい理由

片流れ屋根で雨漏りが起こりやすい理由

瑕疵(かし)保険会社の調査によると、雨漏り事故が起きた新築住宅の75%は片流れ屋根だったというデータもあるほど、片流れ屋根では雨漏りが起きやすいといわれています。

片流れ屋根は、野地板(屋根材を支えるための板)と破風板(屋根の内部に風が吹き込むことを防ぐために屋根の先端部分につけられている板)の処理が甘いと、その隙間から雨水が入ってしまうことがあります。その結果、建物に雨水が侵入してしまうのです。

このほか、片流れ屋根は建物が劣化しやすいことも、雨漏りが多い理由のひとつでしょう。片流れ屋根では軒が一方向にしかないため、軒のない外壁部分が紫外線や雨風に常にさらされている状態となり、外壁の劣化の進行が早まるのです。また、雨樋も1面にしかないため、外壁の負担が大きくなり、損壊するリスクが高まります。

さらに、片流れ屋根の構造上、屋根裏の換気がしにくいため湿気がこもって結露が発生し、木材が腐ってしまうこともあるのです。このように、片流れ屋根は劣化しやすく、雨漏りのリスクを高めてしまうのです。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

片流れ屋根の雨漏りを防止する対策3選

片流れ屋根は、雨漏りリスクが高いというデメリットもありますが、建築コストが安い、見た目がおしゃれ、ソーラーパネルを最大限に活用できるなどのメリットもあります。そのため、片流れ屋根を魅力に感じる方も多いでしょう。

そのような方は、以下の対策をおこなうのがおすすめです。以下でご紹介する方法なら、片流れ屋根の雨漏りを防げる可能性があります。

1.透湿ルーフィングを巻く

1.透湿ルーフィングを巻く

ルーフィングとは、防水のために屋根材の下に敷くシートのことです。ルーフィングには透湿性のものと非透湿性のものがあります。

透湿ルーフィングを通常のルーフィングの上に巻くことで、野地板の裏側から雨水が伝って建物に侵入してくることを防ぐことが可能です。透湿ルーフィングは湿気を通す性質があるため、結露も防ぐことができます。

2.換気できる環境をつくる

先ほども申し上げたとおり、片流れ屋根は屋根裏に湿気がたまりやすい構造をしているため、結露が発生しやすくなります。そのため、建物が劣化しやすく、雨漏りリスクが高くなるのです。

雨漏りを防ぐためには、換気ができる環境をつくり、結露を発生させないことが大切です。そのためには、屋根裏に送風ファンなどを取り付けるとよいでしょう。

3.シール材付き水切りをケラバに使う

ケラバとは、片流れ屋根で斜めに傾いている側の屋根の、外壁から出ている部分のことをいいます。ケラバは、雨漏りが起こりやすいといわれています。なぜなら、ケラバには土ぼこりなどが蓄積するため、流すことができなくなった雨水が溢れ、野地板に雨水が侵入するからです。

ケラバ部分の雨漏りは、シール材付き水切りを使うと抑えられる可能性があります。水切りに付いたシール材が屋根材と密着することで、雨水が溢れることを抑えられるのです。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

もしも雨漏りが起こってしまったら……

もしも雨漏りが起こってしまったら……

すでに片流れ屋根で雨漏りが起こってしまったという方は、まずはバケツを置いて床が濡れるのを防ぎましょう。このとき、バケツの底に雑巾を敷いておけば、水滴が飛び跳ねて当たりに飛び散ることを防ぐことができます。

また、すでに濡れてしまった床は、雑巾で拭いておきましょう。もし床を濡れたまま放置しておくと、カビの発生や腐食の原因となるのです。

応急処置が終わったら、雨漏り修理業者に依頼しましょう。なかには、「自分で修理できそう」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、屋根の雨漏り修理は高所での作業となるため、自分でおこなうのは危険です。作業に慣れている業者に依頼しましょう。

弊社では、雨漏り修理業者をご紹介します。24時間365日受付対応をしているため、突然の雨漏りでもすぐにご相談いただけます。雨漏りにお困りの際は、ぜひ弊社までご相談ください。

まとめ

片流れ屋根は、構造上雨漏りがしやすいといわれています。そんな片流れ屋根の雨漏りを防ぐためには、透湿ルーフィングを巻く、換気できる環境をつくる、シーツ材付き水切りを使うなどの対処法が有効です。片流れ屋根の雨漏りを防ぎたい方は、ぜひ試してみてください。

また、すでに片流れ屋根で雨漏りが起こってしまったという方は、応急処置をした後、業者に修理を依頼することが大切です。

弊社では、雨漏り修理業者をご紹介しますので、片流れ屋根で雨漏りが起きたときにはぜひご相談ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで