雨漏り修理110番 トップページ > 最新情報・レポート > 【火災保険での屋根修理のトラブル】巻き込まれないための対策を紹介

【火災保険での屋根修理のトラブル】巻き込まれないための対策を紹介

【火災保険での屋根修理のトラブル】巻き込まれないための対策を紹介

火災保険の屋根修理に関する業者とのトラブルを防ぐためには、「保険金が下りるまでは業者と契約しない」などの対策方法を事前に知っておくことが大切です。たとえば、保険金が下りるまで業者と契約しないことを心がければ、「業者にすすめられたから契約したけど、火災保険が下りない」というトラブルを防ぐことができます。

この記事では、火災保険で屋根修理のトラブルが起きる理由とあわせて、屋根修理でトラブルに巻き込まれないための対策を詳しくご紹介します。火災保険での屋根修理のトラブルに遭いたくないという方は、ぜひお役立てください。

雨漏りでお困りなら、雨漏り修理110番にお任せください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

火災保険で屋根修理をするときにトラブルが起こるワケ

火災保険で屋根修理をするとき、火災保険についての知識がなく、すべて業者任せにしてしまうと、トラブルになることがあります。

火災保険に加入している場合、条件を満たしていれば、屋根の損害に対して保険金が下りる場合があります。これはありがたいことですが、「火災保険を適用すれば、無料で屋根修理ができる」といって、まだ保険が下りるか確定していないのに契約を取りつけようとする軽率な業者もいるようです。

火災保険を受け取るには、修理見積り書を保険会社に提出しなければいけないので、まだ保険が下りるかわからない時点で修理業者に見積りを依頼する必要があります。しかしその流れで、きちんと必要なことを確認せずに契約を交わしてしまうと以下のようなトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

  • 保険が下りるという理由で必要以上のオプション工事をすすめられる
  • 見積り後に保険が下りなかったので修理を断ったら、手数料や違約金の請求をされる
  • 工事をしたのに保険が下りなくて費用がすべて自己負担となってしまう

火災保険が適用される条件や申請する流れについて知識がないと、これらのトラブルに巻きこまれるおそれがあります。トラブルに巻き込まれないために対策を知っておく必要があります。

屋根修理でトラブルに巻き込まれないための対策

火災保険で屋根修理をする際に、業者とのトラブルを防ぐためには、事前に対策法を知っておくことが大切です。これからご紹介することを知っておくと、トラブルに巻き込まれる可能性が低くなるでしょう。

費用請求の根拠を確認しておく

費用請求の根拠を確認しておく

屋根修理に火災保険を利用する場合、まずは加入している火災保険の契約書を確認したり保険会社に問い合わせたりして補償内容を確認しましょう。被害を受けた原因などが補償条件に当てはまっていないと、保険は適用されません。

加入中の保険に「風災補償」「雪災補償」が含まれている場合は台風や強風、落雷、またはひょうや雪が積もったことによって屋根が壊れてしまったときに、保険金が下ります。そのために損害の原因を特定する必要があるのです。

業者が火災保険を使えるというのであれば、確実に補償に当てはまる原因で発生した損害だと証明できる根拠を提示してもらいましょう。

保険金が下りるまでは業者と契約しない

保険の審査の際に修理見積り書を提出するため、事前に業者に見積りを依頼しなければいけません。ただし、実際に保険が下りる前には本契約をしないことをおすすめします。保険金が下りなかったときに、高額な費用を自己負担するリスクを回避するためです。

保険金が下りる前に業者と契約してしまうと、「火災保険で無料で修理できるときいたから修理を依頼したのに、火災保険が下りなかった」というトラブルに発展するおそれがあります。

保険会社に確認しておく

屋根修理を火災保険でおこないたいのであれば、まず保険会社に相談しましょう。

火災保険で屋根修理ができるのは、補償の対象になる損害である場合です。たとえば台風によって損害が発生したときに、火災保険自体には入っていてもそこに「風災補償」が含まれていなければ保険金は下りません。念のために、損害の状況に適用できる補償がついているか保険会社に確認しておくと安心です。

実際に補償の対象になるかどうかは、保険会社の調査員などが判断することです。たとえ業者が大丈夫だといっても鵜呑みにせず、契約を交わす前に必ず保険会社に確認しましょう。

不安なことがあったら消費者センターに相談

契約の時点で不安なことがあったり、業者の対応に疑問をもつようなことがあったりしたら、消費者センターに相談するという手もあります。消費者センターはすべての市町村に相談窓口が設けられており、消費に関する相談に乗ってもらうことが可能です。

たとえば、不正な契約や、必要以上の料金請求に対して、知識や経験のある相談員の方から対応の方法をアドバイスしてもらえます。場合によっては、業者への交渉のあっせんをしてもらえることもありますので、ひとりで悩みこんでしまう前に消費者センターへの相談も活用しましょう。

屋根修理の優良業者を見極めるポイント

安心して屋根修理をおこなうためには、優良業者を選んで依頼することが重要となってきます。

ここからは優良業者を見分ける方法をご紹介していきますので、以下の条件に当てはまる業者選びをするとよいでしょう。

丁寧に説明してくれるか

丁寧に説明してくれるか

火災保険を熟知していて、こちらが納得できるような説明をしてくれる業者なら安心して依頼することができますよね。火災保険が適用可能な場合と不可能な場合、また工事内容について質問をしたときに、きちんとした回答をくれる業者でしたら信頼してもよいでしょう。

実績が豊富か

屋根修理業者を選ぶ際は、ホームページなどで工事実績を確認するようにしましょう。これまでに実績があるということは、多くの方からの信頼を獲得している証拠です。会社の情報や評判のよい口コミが書かれている業者は安心でしょう。

調査結果や見積書が明確か

優良業者は、調査の結果を写真や動画で教えてくれるでしょう。また、見積り書に内訳がしっかりと書かれています。見積り書の見方がわからない場合は質問するようにしましょう。

なににどれだけの費用がかかっているかを納得していない状態で依頼するのは危険です。依頼する側に知識がないのは当たり前のことですので、遠慮をする必要はありません。優良業者なら丁寧に対応してくれるでしょう。

弊社では屋根修理業者をご紹介しております。ご希望にそった業者をご案内させていただきますので、安心してご依頼していただくことが可能です。業者選びにお困りの方はぜひ弊社にご相談ください。

業者をお探しなら雨漏り修理110番にご相談ください!
通話
無料
0120-251-699 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
0120-251-699 0120-697-267
  • 他社との比較
  • お客様の声
  • ご相談から作業完了まで